【その4】
後味悪い

427: 名無しさん 02/06/21 13:00
小学生くらいの頃に読んだ漫画なんだけど、確か女の子向けの怖い漫画。 

ある姉妹が居て、滝の目の前にある部屋にいる。すると、唐突に(確か)妹のほうが腕を掻き始める。ぶつぶつみたいのができてて、蚊でもいるのかなって話になってたと思うんだけど、しばらくすると姉の方も腕を掻き始める。 

んで、二人して「かゆい、かゆい」って無心に掻き続けてる。 で、二人が掻き続けてると腕だけじゃなく体中にぶつぶつができて、体中を無心に掻くのよ。 
 
姉「掻いちゃだめ!」 
妹「でもかゆいよ!!」 

とか言ってずっと掻いてんのね。何かこれ以上掻いたらヤバイって雰囲気で。 

ボリボリボリボリ掻き続けて、とうとう二人の体はずるりと剥けて頭蓋骨とか見えてる。でも掻き続けてるのね、二人。 

で、ここからが一番謎なんだけど、もう顔の半分白骨が見えてるのに二人は掻き続けて、体もボロボロになってる。 

そして体がぼろりと崩れたその中から、奇妙な生き物(丸っこいぶつぶつの球体に細い手足)がそれぞれの体から飛び出してきて、血と白骨のみになって崩れた二人の死体の上をまたいで、その2対の生き物は手を繋ぎ、滝のなかに飛び降りていった。 

っていう話なんだけどさぁ、小学生のころに読んだってのを微かに覚えてるってだけで、この話の正体がつかめなくてすごく後味悪いのよ。話に何の脈絡もないからなぁ…。
 
誰かこの漫画読んだことある人いない?? 

428: 名無しさん 02/06/21 13:16
たぶんそれはハロウィンに連載されていた御茶漬海苔の名作、「惨劇館」の中の話だよ! 

文庫版も出ているので、探してスッキリをおすすめだよ~!

429: 427 02/06/21 13:56
マジ??もう謎解けちゃったよ… ありがとう、これでモヤモヤが一つ消えた。 

わがまま言って申し訳ないんだけど、もしその話のタイトル知ってたら教えて…。

431: 428 02/06/21 15:32
すまない、私の読んだのは大分前なので、タイトルまではわからないのだよ。ただでさえ虫関係の話多かったからね、あれ。普通のコミックスで10巻程度だったんだけど、わりと初期だった気が…ってこれだけじゃねえ。
 
一つ解決したと思ったら、新しい後味の悪い事ができちゃったね…。

435: 427 02/06/21 21:15
>>431 
そっかぁ。ありがとうね。

439: 名無しさん 02/06/21 21:37
惨劇館、たしか入ってはいけないと言われてた滝だか池だかに入ってしまって、体中がぶつぶつになったんじゃなかったっけ?

440: 427 02/06/21 21:51
>>439 
おお、そういう話なのかな。
 
でもオレの記憶にあるのは「滝、ぶつぶつ、掻き毟る、体崩れて魔物登場」っていう断片的な記憶だけだなー。

447: 名無しさん 02/06/22 00:04
>>427
惨劇館ひっぱりだして調べました。 

タイトルは「バスルーム」です。惨劇館の1巻に入っています。バスルーム1・2・3とあり、3で完結です。ちなみに3はコミックス用書き下ろしです。

「惨劇館」無料漫画サイトスキマで無料で読めました。惨劇館1-7話が「バスルーム」。キモエロ注意。リンク先「スキマ」(合法サイトです)。

434: 名無しさん 02/06/21 20:21
惨劇館!懐かしい! 絵は気持ち悪いし、内容は救いなかったなあ。 

覚えてるのはストーカーの話。ストーカーなんて言葉がなかった頃だけど。 

一人暮らしの女の子が悪戯電話に悩まされてるのね。ぶち切れて「うぜぇんだよ!」と怒鳴りつけたら、殺すとか言われて、マジで家にやってくるの。死にものぐるいでヤツを殺して撃退できて助かるけど、女の子は電話恐怖症になって、脚もけがして歩けなくなるのね。 

ラストは実家に戻った女の子が電話のベルに怯えている背後、包丁持ったヤツの母親が…という話。

483: 名無しさん 02/06/25 17:20
御茶漬海苔の漫画で後味いい話なんて、探さないと見つからないよな。 

一つ目のバケモノが花束持って、美少女の所に「愛してる」とか言って行くんだけど、美少女は性格が悪かったので、バケモノをバットでメッタ打ちにする。そしたらバケモノ、触手で美少女にグワーーって襲い掛かってレイプ。 翌日、自室のベッドで目覚めた美少女はそのままバケモノの子を出産。
 
バケモノの子「ママ」「ママ…」。 

おわり。

436: 名無しさん 02/06/21 21:16
惨劇館は近所の床屋さんにあって、いつも読んでる。

437: 427 02/06/21 21:22
うああああああ読みてぇええ!明日探そう。



442: 名無しさん 02/06/21 22:20
約14年前、小学校2年の時の学校行事のクリスマス会の出来事。 

児童一人一人画用紙で作った、クリスマスらしい数字の書かれたとんがり帽子をかぶらされて、会が終わるころに児童会の人がくじをひいて、そのくじに書かれた数字の人が前に出てプレゼントをもらえるという企画があった。 

何人か出て行って、期待などしてなかった私の数字が呼ばれ、有頂天で出て行ってプレゼントをもらった。ルンルン気分で家に帰って開けてみると、ホラー漫画だった。読んだら気持ち悪くなった…。呪いをかけるために、溝の水を飲むとか…。
 
今は別に怖いとか思わないけど、小学校2年生当時はその漫画をプレゼントに選び丁寧に包んだ生徒会のお姉さんお兄さんが怖く思えた。
 
その漫画はお母さんにあげました。 

449: 名無しさん 02/06/22 01:13
>>442 
>呪いをかけるために、溝の水を飲むとか…。 

すげー読みたい!

444: 名無しさん 02/06/21 23:55
エレベーターにて。 

「乗りマース!ちょっと待ってくださーい」 と言われたので押したボタンが →||← だった。
 
よかれと思って… 。

446: 名無しさん 02/06/21 23:58
>>444 
ええ話や…。 

448: 名無しさん 02/06/22 01:07
子供のころ読んだホラー漫画で、普通の食べ物がなぜかその人が食べようとすると全部芋虫になってしまう。、いう話が未だにトラウマ。ラストの弁当から青虫が出てくるシーンが忘れられん。 
”後味”の悪い話。でOK?

452: 名無しさん 02/06/22 08:44
>>448 
補足として、そうなったのはそいつはいじめられっこで、いじめのイライラを青虫にぶつけて、潰したり、切ったりして毎日遊んでいたら、ある日弁当の中に... という話の展開だったような。
 
そしてその話をそいつから聞いた同級生がある日弁当を開けると(以下略)。

453: 名無しさん 02/06/22 09:29
>>448 
つのだじろうだね。

470: 名無しさん 02/06/23 03:02
>>448 
オイラもその漫画トラウマになってます。 弁当食ってると、ラストのコマみたく、オカズが一品青虫になってんじゃねえかと時々思ってしまったり…。

※つのだじろう「亡霊学級」に収録されている「虫」と思われます。



463: 名無しさん 02/06/23 00:57
コピペ。 

私は毎日薬を飲まなきゃいけない病気で献血できないんだ。でも一見健康体なので(病気のことは口外していない)、献血車が職場に来るたび献血をしろと言われる。

献血担当の人がいて、各人のとこへ回ってくるんだけど、「私ごめんできないの」と断ったら食い下がられたので仕方なしに病気のことを話したら、「またまたぁ、したくないからってそんな作り話しなくても」と言われて心が荒んだ。できるもんならしたいんだよ…。 

前の担当の人には、同じく断ったら飲んでいる薬の名前教えろと言われ、教えたら 病院にまで電話して「あ、この薬飲んでる人献血できないんですか」と目の前で確かめられた。そこまでしなくてもと思った。そんなに嘘言ってるように見えるのか。 

献血大事ってのはわかるけど、「協力しないなんてあんた何様?」的な態度を取られると激しく欝。

464: 名無しさん 02/06/23 01:27
>>463 
コピペにレスもなんだが、周りのヤツが異常と思われ。
 
注射が痛すぎてダメなんだよ、とかじゃ許されないのか?

486: 名無しさん 02/06/26 13:19
>>463 
コピペにレスもなんだが、宗教上の理由で、って言っとけ。

465: 名無しさん 02/06/23 01:59
ネットのチャットで「私ブスだから会いたくない」って正直に言うと、「またまた~、そんな事言って~。そういう事を言う子に限って本当は可愛いんだよね」って言われるのと同じだ。

467: 名無しさん 02/06/23 02:51
サポーターパンツが尻に食い込んだ状態で野球をした。夜になるとケツ穴の周囲がヒリヒリと痛いので、ローションを塗って寝た。 

寝てる間に便意を催してトイレへ歩いていると、自分でも信じられないくらいアッサリとウンコを漏らしてしまった。潤滑油のお陰でケツ穴がゆるくなってたらしい。 ウンコはパジャマの裾を通って床に落ちた。何が起こったのか確認しようとして、生足でウンコを踏んでしまった。 

次の日は事後処理のため会社を休んだよ。

468: 名無しさん 02/06/23 02:58
何年か前にニュースでやっていたが、ヤクザが死体の処理に困り、屋台のラーメン屋で足や腕をスープのダシに使っていた。その店は、結構評判の店で繁盛していたらしい。 

そのラーメンを一度でも食べた人はかなり鬱だと思う。

471: 名無しさん 02/06/23 03:05
手首ラーメン事件
  
1978年(昭和53年)7月5日、東京・中野区の暴力団員が、同じ組の兄貴分(29歳)を殺害し、バラバラにして兵庫県赤穂郡と岡山県和気郡の山中に埋めた。そのとき切断した手首は「屋台のラーメンのスープのダシに使った」と自供したためパニックになった。 

基本的には実話だが尾ひれがついて都市伝説化したパターンの超既出話。 

489: 名無しさん 02/06/26 23:59
小学校の時「もじゃもじゃペーター」って本が図書室にあったんだが、後味悪い話多かったと思う。
 
空を見ながら歩く癖がある子供は前見て歩かないもんだから川に落ちて死んだとか、スープの嫌いな子供がスープを毎日拒否って食べなかったら最後にはマッチ棒みたいにやせ細って死んだとか…。 

とにかく子供が死ぬ話ばっかだったと思うんだけど、誰か知ってる人いない?

491: 名無しさん 02/06/27 10:30
>>489 
そんな話だったのかー。 

幼稚園のとき、親にパーマかけさせられて登園したら「もじゃもじゃペーター!」とイジメられたので題名だけは覚えてた。

もじゃもじゃペーター (ほるぷクラシック絵本)
ハインリッヒ・ホフマン
ほるぷ出版
1985-09


492: 名無しさん 02/06/28 05:28
ガイシュツかもしれんが、カーペンターズは近親相姦の間柄だったのは御存知か。
 
たしか兄弟でも結婚できる国で結婚式もあげたはず。何の才能もなくデビュー頃まで太っていたカレンは両親にも疎まれ、自分に自信のないひどく内向的な少女だった。そんなカレンにとって、小さな頃から音楽的才能にめぐまれた兄はずっと憧れの対象だった。 

そう思って彼らの曲を聴くと俺はとてもやりきれなくなる(大好きだが)。カーペンターズをただの甘いポップスだと思うなかれ。

503: 名無しさん 02/06/28 16:01
>>492 
初耳だよ…。

509: 名無しさん 02/06/29 00:06
>>492 
大工だと思っていました。

493: 名無しさん 02/06/28 08:30
さすがに「知ってるつもり」にそういうエピソード出てきはしなかったが、代わりにカレンはドラムの才能があって、裏方的ポジが自分に合ってて好きだった。しかし真の才能はボーカルにあり、兄が前に出るように勧め、成功を納めるも、プレッシャーに押しつぶされていった…と紹介されていました。
 
>>492さんの方が正しいんだろうな…。世間はどうあれ、私的には別に兄弟だろうと愛し合って結婚しても何も悪い事ないのになあ。クサイの承知で云うけど、音楽で人を幸せにしているんだから。

ビング・クロスビーら、古き良き歌を歌ってきた現役歌手もカバーしてて、古さや懐かしさを持った新しい歌がロックなどの革命的音楽で分断された世代を繋げていて、好感を持って聴いていましたよ。

※近親婚したという情報は確認できませんでした。

494: 名無しさん 02/06/28 09:29
以前古書店で見つけた劇画。 

戦中の話らしく、母子二人暮しの所にある日軍人がやってくる。その軍人は母親を強姦し、脇で見ていた子供を壁に投げつけ頭を潰す。それを見た母親が発狂する所で確か話は終わり。 

今思い出しても鬱になる内容です。作者は有名な方のようで、その後アート関連の本で一度見かけました。女の子の性器からナメクジが何匹も出て来る絵でした。 

あれが芸術なのですね…鬱。

498: 名無しさん 02/06/28 10:18
>>494 
丸尾末広だね。あんましマジに受け取らない方がいいよ。 

499: 名無しさん 02/06/28 10:24
>>494 
丸尾末広のマンガで似たようなのがありました。 

第二次世界大戦で日本が勝って、帝国軍人さんが敗国アメリカの一般家庭に上がり込みパパさんを殴り倒し、ママさんを輪姦して、米ガキが「ワーン」とか泣くと、「うるさい!」とか言って足持って壁に叩きつけるの。

すると(ここが違うんだけれども) 、子供の顔の表面が弾け飛んで、ママさんのところに飛んできちゃうのが 確かクライマックスシーンだったかな。ひょっとしたら細かいところが違ってるかも。 

よく覚えていないのは、結婚直後に隠し持っていたのを「こんなマンガ見るな!!」と怒られて捨てられたからです。ちぇ…。

502: 名無しさん 02/06/28 13:35
>>494 
この間裁判で無期懲役が決まった母子殺人事件の水道工(少年)そのままだね。
 
本人今だ全く反省の色がなく、スゲー後味悪い判決。

512: 名無しさん 02/06/29 02:34
>>502 
あの死姦した奴? 

レイプしようとして、手違いで殺してしまったって言うところまでは100歩譲って分かるとしても、思わず殺してしまって、反省とか恐怖とか後悔とかなしに死姦したって怖いよね。死体相手によく起ったな…。

自分がそうなったら、罪の意識とか恐怖でその場にいられない。それもなしで、死姦した上、何も分からないような子供殺したんでしょ? 後味悪い。その上それが少年犯罪って言うことで、罪が軽くなったのがさらに後味悪い。 

旦那さんの、「今すぐ無実で釈放してください。自分が殺します」 っていう台詞が未だに印象深い。

517: 名無しさん 02/06/29 11:01
>>512 
継続中のあれね、ニュース板でもスレ随分建ってた。 

もっと胸糞悪いのが、無期懲役刑が決まったたあと、友人へ宛てた手紙に「あと5、6年でひょっこり社会に芽を出すかも知れません?」 「かわいい犬を見つけたのでヤッてしまいました、これは犯罪でしょうか?」 等ふざけた文を書き連ね、まったく懲りていないこと。 

本当に処刑しないまでも、1度は死刑の判決を言い渡し、反省を促すようなシステムを実現できないものか。

521: 名無しさん 02/06/29 12:44
>>517 
私刑がいいと思う。被害者の遺族が何してもいい、っての。
 
というか、出てきたら探し出してヤルでしょ、遺族なら。合法的にできたらいいのにね(法で認められたら、冤罪とかはなくさねばならぬが)。まぁ、人道的に不可能でしょうね。 

とにかく、例の事件のダンナが犯人にリベンジしても、俺はダンナを責めない。

522: 名無しさん 02/06/29 13:22
知らない人はいないと思うけど、一応山口母子殺人事件の概要は以下の通り 

少年は、平成11年4月14日、強姦目的で、排水検査を装って、山口県光市のアパートに上がり込み、Aさん(主婦、当時23歳)に抵抗されると、手でその首を絞めて殺害した後、遺体を陵辱した。また、Bちゃん(長女、当時11カ月)が遺体近くで泣き続けたため、床に叩きつけ、首にひもを巻きつけて絞殺した。その後、事件発覚を恐れ2人の遺体を押し入れに隠した。

524: 名無しさん 02/06/30 02:28
>>522 
犯罪動機が美人を犯したかったっていうだけだったんだよね。 

523: 名無しさん 02/06/29 14:14
>>522 
23歳て……胸糞悪い話だなぁ。
 
性犯罪者には、性器切除摘出の特別措置をとって欲しい。

524: 名無しさん 02/06/30 02:28
>>523 
確か自分が見たテレビは、「どんな事しても、表沙汰にならない少年事件」って感じで取り扱ってたと思う。そのテレビ見た後もかなり後味悪かった。 

少年事件ってどんな事しても検察とかにかからない…(かなり罪が軽い)みたいな。書類とかの手続きで終わったりとか…。 

集団の少年が二人の少年を呼びだして、(理由は忘れたが)「謝れ」と脅し、一人は謝ったが、一人は謝らなかったので集団でリンチして死亡させた事件があって、裁判所か何かで、被害者の親と加害者の親が対面したとき、加害者の親が平然と被害者の親に向かって、「あなたの息子が謝ってくれればこんな事にはならなかったのに」と言い放ったらしい。この親あってこの子あり…。 

死んだ人間の人権は一切無視され、被害者の親の前で、加害者とその親・弁護士らが、「みんなでがんばってこの事件を無罪にしましょう」とさわやかに励まし合っていたらしい。加害者の少年にも反省の色はなかったみたいな感じで言われていたけど、周りもそうならそうだろうな。 

今までの重大な犯罪犯した少年達が結構平気で神経逆なですること言ってるけど、それって周りの大人の甘甘態度が原因じゃ…と思ったよ。 

テレビでやってる万引きで捕まった少年の方が、よほど怒られてる気がする。

※補足:光市母子殺害事件:
1999年4月14日、山口県光市内のアパートで、当時18歳0か月の少年により主婦(当時23歳)が殺害後屍姦され、その娘である生後11カ月の乳児も殺害された上、財布が盗まれた事件。一・二審で、少年は死刑求刑に対し、無期懲役判決を受けるも、最高裁で破棄差し戻しされ、差し戻し控訴審で言い渡された死刑判決が確定し、現在再審請求中。(wiki:光市母子殺害事件

527: 名無しさん 02/06/30 15:27
ショックで思わずため息が出てしまいましたよ…。 

この親あってこの子あり…まったく恐い話ですね。私が小さい頃、大人って完璧な人間なんだと思ってました。というか、未だにこんな大人がいるのかと恐怖を感じるばかりです。 万引きならいざ知らず、人様の子を殺しておいて平然とする親子…。 

…人間はここまで成り下がるものなんですかね。ショックです。

528: 名無しさん 02/06/30 17:50
>>527 
未だにではなくて、今だからこそでは? 

526: 名無しさん 02/06/30 12:28
山形県新庄市で起きたマット殺人事件…町ぐるみの隠蔽工作も怖い。
 
「犯人は存在しない。そして証言者は誰もいなくなった…」

※山形マット死事件:
1993年1月13日夕方、山形県新庄市の中学校で1年生の男子生徒が、体育館用具室内で遺体となって発見された。生徒の遺体は巻かれて縦に置かれた体育用マットの中に逆さの状態で入っており、死因は窒息死だった。

死亡した生徒をいじめていた7人の生徒は犯行を認めた為逮捕・補導されるが、犯行自供を撤回し、犯行の否認やアリバイの主張をし始め「被害者が自らマットに入っていった」などと主張した。

死亡した男子生徒の一家は事件の約15年前に新庄市に転入し、仲睦まじく裕福な一家であった。また一家全員が標準語を話すことも重なり、閉鎖的な地域性からこの一家に対しての劣等感や妬みで、いわゆる村八分的な環境にあったとする報道がなされた。

社会学者の調査では、被害者家族に対する様々な誹謗中傷を行う住民の声を聞いたと述べ、この地域に関する問題の根深さを指摘している。(wiki:山形マット死事件)

495: 名無しさん 02/06/28 10:14
中国料理って一口に言っても、北京、四川、香港、福建、客家と色々あるわけだけれど、いわゆる「ゲテモノ」を食わすのはやっぱ広東なわけよ。
 
で、ある日本人が広東地方に出張を命ぜられて、中国では出された飯を食わないというのは大変な無礼に当たるので、「とにかく何でも食え」と上司に念を押されて日本を飛び立ったんだって。 

で、まあ何とか無事に二週間が過ぎたと。でも、最終日に中国人側から「盛大なお別れパーティを開きたいので、是非参加してほしい」と要請があった時、その日本人は嫌な予感がしたそうだ。虫の知らせってやつだね。 

496: 495 02/06/28 10:15
で、会場に着いたら、自分を含めた来賓の数が13人だった。でも、中国では13っていうのは縁起の悪い数字じゃないからね。 

料理はまあ普通で、美味しかったそうだよ。ゲテモノって言ってもせいぜい蚊の目玉のスープくらいで、でもあれは結構美味しいものらしいよ。 

そろそろお開きって感じになってほっと一息つこうとした時、コックが厨房から巨大な盆にふたをかぶせたのを得意げに運んできたそうだ。ふたが開けられた瞬間、その日本人は目を疑ったそうだよ。盆の上では、13匹の生きたハツカネズミが蠢いていたんだからね。 

で、周りの光景を見てもっと驚いたことには、他の中国人は嬉しそうにネズミの尻尾をつまんで口の中に放り込んでいるんだって。 

497: 495 02/06/28 10:15
その日本人?もちろんやったさ。「何でも食え」と言われてきたものね。
 
目をぎゅっと閉じて、ネズミをこうやって口に入れた。尻尾が口の外で暴れまわるものだからブチッと噛み切ってね。無理やり飲み込むと、ネズミが食道を「カサコソカサコソ…」を駆け下がっていくのが感じられたんだって。 

で、やっと胃の腑に落ち着いて、ああ良かったと思って目を開けたら、そこでまたまた信じられない光景を目の当たりにしたそうだ。何と中国人の奴ら、一度口に入れたネズミを生きたまま出してやがるんだ。 

実はこのハツカネズミ、高級な席での爪楊枝代わりで、歯に詰まった食べかすを取らせるために口に含むものだったらしいんだ。

可哀相なその日本人、お盆にこっそりと尻尾だけ戻しといたんだそうだ。コックは、最初は確かに13匹いたはずのネズミが今は12匹と尻尾だけになっているのに首をかしげながら、厨房へ戻って行ったそうだよ。 

おしまい。

501: 名無しさん 02/06/28 11:00
>>496-497 
おもしろかった。 

そのあとで飲み込んだハツカネズミが胃の腑を食い破ったりすると、さらに悲惨な話になるねー。