【その11】
後味悪い

881: 名無しさん 02/07/26 22:31
小学校低学年のころ田んぼのど真ん中に神社があって、そこは地元で心霊スポットだった。
 
ある日、近所のガキ5~6人でそこに肝試しに行った。田んぼの中を神社へ向かって歩いてたら、けっこうまだ遠くにもかかわらず、なんかとんでもない奇声が聞こえてきた。

「ヴぉぉおーーー」って。なんか牛と人間との中間みたいな声。いまでもハッキリ覚えてる。後にも先にも聞いたことのないようなとっても低い声。

883: 881 02/07/26 22:36
そんで、その時はみんなまだぜんぜん危機感なんてなくて、逆にテンション上がっていったんだ。まだ明るい時間だったし。大人数だったから。 

オレはそのガキ共のなかで一番小さいほうだったんで、列の一番後ろにいて、先頭はオレの兄貴だった。で、兄貴が神社に一歩足を踏み入れたんだ。そしたら、なんか不意に上を見上げたの。

何秒か見上げたまんましばらく止まってたんだけど、急に「あかん、お前ら逃げろ!!」って叫んだ。

884: 881  02/07/26 22:41
へ?っと思ったと同時にまたあの奇声が聞こえてきたの。それももっと大音量で。 

まあさっきより近いから当然なんだけど、それは神社の木の上から発せられてたんだ。オレはその時点でもう完全にパニック状態でビビってしまい、ソッコーひとりで泣きながら家に帰った。っていうか気がついたら家だった。 

親に事情を話したと思うんだけど、とにかく今度は親に連れられてその場所に行った。アニキがまだ帰ってこなかったからだと思うけど。

885: 881  02/07/26 22:46
そしたら、もう日も暮れてたんだけど、パトカーと救急車が来てたんだ。 

どうやらシンナー中毒の中学生が木から落っこちて死んだらしくて、兄貴は警察に話を聞かれてた。あの声はそのシン中の声だったらしい。
 
でも、あれはあの音はとても人間から発せられたものだとは、今でも信じられない。スッゲー音がでかかったし、スゴイ重低音だった。 

それ以来、オレは霊なんかより狂った人間のほうが断然恐い。

887: 名無しさん 02/07/26 23:08
>>881 
心温まるええ話や。

888: 881 02/07/26 23:18
>>887
なんでだろ?オレは後味悪いつもりで書いたんだけど。オレの感覚がオカシイのかな? 

889: 名無しさん 02/07/26 23:30
>>881 
いや、心からいい話だよ。

890: 885 02/07/26 23:35
>>889 
どのへんが?いや、まじで。

892: 名無しさん 02/07/26 23:50
>それ以来オレは霊なんかより狂った人間のほうが断然恐い。 

シンナーの恐ろしさがこの一言によってダイレクトに伝わります。 

903: 名無しさん 02/07/27 12:03
>それ以来オレは霊なんかより狂った人間のほうが断然恐い。 

事実だが、ありきたり、真面目すぎて面白くないと思うのは俺だけか。

893: 名無しさん 02/07/26 23:58
ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1000098636/ 

725 :名無しさん@_@ :02/07/03 22:42 ID:vzEoTbSz 
昔、先輩の借金の取立てについて回った事があって。そんとき、S(シャブって呼んでたけどね)の力をマジマジ見たことある。

ある男がSでおかしくなりかけてて、当然、仕事もできないのにS打ってるから、借金あってね。先輩が、「嫁(とにかく可愛い)にS教えろ、そしたら借金チャラにしてやる。包みやるから」って言って。「ロ-ションに塗りこめ」とか「がーっと打っちまえ」って必死に、ポン中そそのかしてる。

先輩も何だか滑稽に見えて、俺ら後輩も影で笑ってたけれどね。でも、おっかない人だったから、一緒に、その旦那はやし立ててた。
 
旦那も最初、拒否してたんだけど、結局。「○実にもやってきた、何回かやった」って言い出してね。「どうやって仕込んだ?」って聞いたら、「くるくるってまわして入れた」とか訳のわかんないこと言って、蹴り入れられてた。
 
それから、何度か確認して○実がSに慣れてきたの分かってから、金の取立てにいったんだけどね。三人で行って彼女と顔見知りの後輩に玄関空けさして、家に入り込んでね。
 
まず、金返せって、滅茶苦茶言ってね。先輩はもう、完全に○実目当てなのわかってたから、なんだか 
えらい、異常なくらいきつい取立てでね。彼女が「子供も寝てますから」って土下座しながら謝った瞬間、とびかかったもんだから、俺らも慌てて、女押さえ込んでS打ったよ。

その後は悲惨だった。先輩が何度か追い打ちして、起きてきた子供の前でもよがらせるし、その時は調子に乗って俺らも遊んでたけど、後から、罪悪感覚えた。

先輩が捕まって、俺も今じゃ平凡な仕事してる。後輩は別の件で、ここ書けない様な悲惨な目に会って再起不能だしね。森多さんや変態さんみたいに合意の上が一番いいよ。 

894: 名無しさん 02/07/26 23:59
753 :725 :02/07/05 01:14 ID:MXCDh5FF 
やっぱ、思い出したら興奮してきたから書いちゃうね。本当の話かどうかの判断はお任せします。 

最初は、なんだかグタってした感じであんまり反応なかった。しつこく、持って来たロ-タ-とか長時間で遊んでたら、少しだけ「女の反応」がでてね。

それまで、うつ伏せだった女が、急に横向きになって、片足だけピンっとはって… でも、顔は見せないようにしてるし、「子供がぁ」とかまだ言ってるしね。「こいつ、イッたよ」とか言い合いながらも。無理やりだとこんなもんかなってかんじで、俺も落ち着いてた。

でも、さらに攻めるとだんだん。汗ばんで、濡れてくし、反応が出てきたから、しつこく攻めてた。でも、その後も、想像してた激しい反応はなかったけど、抵抗もなくなってきて、ロ-タ-でクリいじりながら、バイブ入れてかき回してると二度目は「はぁぁ」って小さく声出して、片足をまたピンと突っ張らした。
 
俺らも遊んだけど、自分ではSしてないからそんなに長時間できない。そこで、後輩が○実にS追い打ちしてね。また、道具で遊ぼうッて事になっったんだけど、そっからは、もう、地獄。何でも、言う事聞いた。

自分のアソコの液を舐めさせて「おいしい」「私の○○○汁って美味しくて、もっと舐めたい」 とか言わせてげらげら笑ってた。冷蔵庫のものとか、引っ張り出してビ-ル飲んで、その空き瓶突っ込んだりしてた。 

バイブもかなりでかい奴、突っ込ましてオ○ニーさせて、「私は犯されて精子まみれでオナニ-するのが最高です」とか先輩が言わせて(実際には途切れ途切れで何言ってるか良くわかんなかった)、とにかく先輩の攻めは異常なぐらいしつこく絡んでた。

895: 名無しさん 02/07/26 23:59
754 :725 :02/07/05 01:15 ID:MXCDh5FF 
そうしたら、子供が起きてきて、こっち部屋のドアあけた。最初は、三人とも顔面蒼白になるくらいあせったら、子供でね。そんな、姿見たら子供はびっくりして目を丸くしてた。

それで、○実はどうするのか、注目してたら、自分の子供見てもオ○ニ-してる。でも、それも、少しの間で、おそるおそるバイブつかって動かしてた手を休めてね。

でも、 バイブを引っこ抜くわけでもなくて、それを突っ込んだままバイブつかんでた手をへその下あたりに持っていって、猛烈な勢いでへその下さすりながら、もう片方の手で寝室を指して、「早く部屋に帰って」「早く寝な」「明日、起きれない」とか苦しそうに言ってる。

そういいながらも、片手はへその下や内股をゴシゴシさすってて苦しそうにしてた。バイブは突っ込んだまま…。「ああ、親としての気持ちと、快感と戦ってるんだ」とか思ったけどね。 

子供がその姿見て「セ-ロガン」「セ-ロガン」とか言い出した。母親が腹痛で苦しんでると思ったんだろうね、その後は、ビービー泣き出してたけどね。 

そこで、後輩が後ろから、胸をぎゅうっと揉みだしたら、○実は大きくのけぞった。抵抗したのか、感じたのかは分からない。それで、先輩がバイブをつかんでかき回したら「はぉぉぉお、ああああ」ってあっという間に子供の目の前でイってしまってた。

896: 名無しさん 02/07/27 00:00
755 :725 :02/07/05 01:28 ID:MXCDh5FF 
その後、俺が子供を部屋に帰して(閉じ込めて?)、三度目のお注射。また、訳わかんないこと言わせたりして遊んでね。 

そのあと、先輩が「お母さんは、お○こ大好き」とか言わせるように命令しだして、それを命令どおりに言う事を確認したら、俺に「子供呼んでこい」って。俺は気が進まなかったけど、結局、連れてきた。

そうしたら、子供に無理やりバイブのスイッチ押させて「○○(子供の名)ありがとう、ありがとう」「お母さん、気持ちいい~」とか、怯えてる子供に向かって言わせてた。

そこまでは、良かったんだけどその後は、もう、加わらなかったけどね。ちょっと、基地外の世界に入りだしたから、唖然として見てるだけだった。
 
後から、聞いたら、先輩っておふくろが男を家に引っ張り込みまくってて親のあの声聞きながら育ってたみたいで、復讐のつもりだったみたい。 

その後も、同じような奴に同じような事するの手伝わされた。○実ほどいい女はいなかったけどね。もう、不幸な育ちの馬鹿相手にするの疲れてきたし、子供カラムの疲れるしね。

後輩はSがあれば、何でも、できるって勘違いして、変な女に使ってね。そうしたら、その女はゲロ吐きまくって、下痢までしてね。捨てて帰ったら後から、女の仲間にやられて、失明しかけてた。さっき、書いた別の件がその後、起こってたし、恐ろしくなって、縁を切ったしだいです。

898: 名無しさん 02/07/27 00:03
756 :名無しさん@_@ :02/07/05 02:25 ID:Edwv1UhL 
>725 
しゃぶ食うとそれくらい当たり前やな。一番リアリティーがある。それが聞きたかった。 

森多さんも変態さんも、切れ目の地獄まで書いてねw

902: 名無しさん 02/07/27 01:51
>>893-897 
イカレ板の話なんて引っ張ってこられてもなぁ…。

911: 名無しさん 02/07/29 00:44
救急車に乗った薬座に深夜住居不法侵入された後日、絶叫男が出現した。
 
助けを呼ぶ悲鳴を精神病患者と誤魔化す手口かと思った。

918: 名無しさん 02/07/29 13:31
>>911の文章の意味がわからん。

すまぬが誰かわかりやすく教えてくださらないだろうか。

920: 名無しさん 02/07/29 13:46
>>918 
禿同。後味悪いっす。

921: 名無しさん 02/07/29 14:00
>>918の翻訳 。

ある日、893が救急車に乗って住居不法侵入したんですよ。話はそれで終わんなくて、数日後に大声で悲鳴上げる絶叫男が現れたんす。 その絶叫男は誰も呼んでないのにやってきた救急車に連れ去られたんだけど…あとから考えると、救急車に乗って893がうろついたのって、絶叫男を精神病患者として連れ去るためのマエフリだったのかな?って思います。 

で、どうだろうか? これで正解なら、妄想たくましいヤツとしか思えないが。

922: 名無しさん 02/07/29 14:41
>>918
深夜、救急車に乗ってやってきたヤクザに住居不法侵入された。(それと同時に、外に突然)絶叫男が出現した。後日、(その絶叫する男は、俺が隣人達に対して)助けを呼ぶための悲鳴を精神病患者と誤魔化す為の(偽装工作の)手口かと思った」 

俺にはこれが精一杯…。

926: 918 02/07/29 16:36
要約してくださった方、ありがとうございます。 

で、不法侵入されたのは>>911の家なのですかな? 何故救急車にヤクザが乗っていたのですかな?それともこの文章自体が「後味の悪い話し」なのか?

922: 名無しさん 02/07/29 14:41
>>911
本当の所はどうなのさ。

927: 911 02/07/29 16:55
>>922 
→◎

928: 名無しさん 02/07/29 18:53
>>927 
記号かよ! 

文章力なさ過ぎ!

924: 名無しさん 02/07/29 14:45
激しくガイシュツかもしれんが、オレはやっぱり映画の「セブン」が後味悪かった。 

なんで金払ってこんな後味悪い思いしなきゃいかんのかと思ったよ。

925: 名無しさん 02/07/29 15:28
>>924
自分は日曜洋画劇場で見た。
 
めっさ救われないよ、主人公カワイソ。

932: 名無しさん 02/07/30 01:46
かわいいあの娘と初デート、見た映画は「セブン」。 

趣味が合ったので、付き合う事になった。

933: 名無しさん 02/07/30 08:51
>>932 
後味が悪いな。

934: 名無しさん 02/07/30 08:53
セブンはあの後味の悪さゆえに名作なのでしょう。

942: 名無しさん 02/07/30 20:37
後味の悪い映画として「セブン」がよく挙げられていてそれは全く同意なのだが、個人的に一番気味悪かったのは本編終了後のエンド・クレジット。
 
「犯人役の俳優だれだろ?」と思って見てたら、犯人役の俳優の名前が?????になっていた。今でこそケヴィン・スペイシーであることは有名だが、あの時は更に鬱が入った。

943: 名無しさん 02/07/30 22:14
>>942 
映画館でそれはきつい。 

お茶の間でこそ、タマ「?」が際立つというもの。

944: 名無しさん 02/07/30 22:56
>>942 
知らなかった…何で????になってたの? 

960: 名無しさん 02/07/31 19:26
>>944 
おそらくクレジットを見ている人に対するスタッフのサービス(?)だと解釈してますが、この件に関する裏話を聞いたことが無いのではっきりとは分かりません。おそらくビデオでもそのままだと思いますので、興味のある方は確認してみては? 

スレ違いになりますが、映画「ハンニバル」でもメイスン・ヴァージャー役の人の名前はクレジットに出ませんが、これは「メイスン・ヴァージャー:だれそれ」と言う所自体が出ないので、「誰かハッキリせいや!」という方向で後味悪かったです。 

961: 944 02/07/31 22:25
>>960 
どうもありがとう。暇ができたら借りてみます。

そうか、ハンニバルでもそう言うのあるって事は、結構色んな映画でクレジットの遊びみたいなのがあるのかも…ついでにハンニバルも借りてみるよ。

962: 名無しさん 02/08/01 00:04
「ハンニバル」でクレジットが出なかったのは、メイスン役のゲーリー・オールドマンが、作品の出来に満足できなくて出さなかったらしいよ。

963: 名無しさん 02/08/01 00:31
ハンニバルは観てないのだけど、ゲーリー・オールドマンというと、どの作品でも最後に必ず爆死する俳優のこと?一体何に満足できなかったのだろう。

セブン [Blu-ray]
ブラッド・ピット
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-12-22


929: 名無しさん 02/07/29 22:04
最近あった、ウクライナの航空ショーの事故。死者が子供多数を含めて80人以上出てるのに、パイロットは墜落前に脱出していて生存してるとは…。 

パイロット後味悪~!っていうか、ウクライナでこの後暮らして行けるんだろうか…。 

931: 名無しさん 02/07/29 22:38
>>929 
いや、パイロットも背骨とか結構重症らしい。
 
命に別状はないといっても、パイロットとしては再起不能だろうし、この先日常生活もままならないんじゃないかと思う。

937: 名無しさん 02/07/30 17:46
工場地帯の近くに廃墟と空き地がある。その廃墟で暮らし、前の空き地で穴を掘り続ける一人の少年がいた。

人々はその少年を宇宙人と噂し気味悪がっている。心ない学生たちがその少年を辱め、乱暴する日々が続いていた。少年は何人もその廃墟に入れようとはしなかった。街の人々もその少年を避けている、食べ物すら売ろうとしない。 

ウルトラマンこと郷秀樹はその少年を調べたところ、その少年は北海道出身の日本人で、東京へ出稼ぎに行った父を捜しに来ていたのだった。 

ある嵐の夜、恐怖と寒さと飢えで死にかけていた少年を救ったメイツ星人。メイツ星人は地球の気象観測の為に地球に来ていたのだが、その日からその少年と親子のように一緒に暮らすようになった。 

魚怪獣ムルチを念動力で地中に閉じ込め、自分の宇宙船をも地下に隠したメイツ星人だったが、公害に汚染される地球の空気は星人の体を蝕んでいった。
 
弱り切った体のメイツ星人を父親と慕う少年。少年は言う。
 
「ぼくもおじさんと一緒にメイツ星へ行くんだ、地球はその内に住めなくなる」 

938: 名無しさん 02/07/30 17:46
真相を知って少年と一緒に穴掘りを手伝う郷秀樹だったが、そこに街の人々が武器を持って押し寄せてくる。MATがその宇宙人(少年)に手を下さないのを見て、自分たちが制裁を加えようと悪質な自警団のような市民たち。 

少年を庇うために廃墟から姿を現した、衰弱し歩くのがやっとのメイツ星人。郷秀樹の静止も聞かず発砲する警官。息絶えるメイツ星人。 

メイツ星人の念動力が切れたため、地中からムルチが現れる。逃げまどう街の人々。呆然とする郷秀樹。 

「頼む~!、早く怪獣を退治してくれよ~!」(街の人々) 
「勝手なことを言うな。怪獣を誘き出したのはあんたたちだ」(郷秀樹) 

戦おうとしない郷秀樹の前に、何故か修行僧みたいな格好をしてる伊吹隊長が現れて郷を諭す。ウルトラマンに変身しムルチを倒す。 

少年はまだ穴を掘り続けていた、地球にさよならするために......。 

955: 名無しさん 02/07/31 09:57
>>937-938 
ウルトラマンで泣きそうになるとは思わなんだ… 。

941: 名無しさん 02/07/30 18:38
>>937>>938 
これ、なんてタイトルでしたっけ?

954: 名無しさん 02/07/31 09:32
>>941 
帰ってきたウルトラマン第33話「怪獣使いと少年」 

964: 941 02/08/01 00:46
>>954 
どうもありがとう! 

こんなにドラマチックな話だったのね。

945: 名無しさん 02/07/30 23:11
小学生の頃、犬を飼っていた。朝、犬を連れて散歩に行くと、いつもどこからともなく出てきて一緒に付いて来る白い子犬がいた。
 
ある日、道路を横切った時、子犬も嬉しそうに跳ねるように走りながら付いてきたが、凄い勢いで車が走ってきて、子犬ははねられた。子犬は口から血を流し、四肢を痙攣させて、死んでしまった。 

即死で痛みを感じる暇も無かったと思う。それがせめてもの救い。 

946: 名無しさん 02/07/30 23:17
昔の白黒の映画なんだけど、詳しい話は忘れたが、ある男が子供たちのために公園を作るんだが、他の大人たちは公園を作ることにに反対で、何度作っても壊されてしまう。 

最後には主人公は車に飛び込んで自殺。道路に頭から血を流して横たわる映像。
 
BGM「雪の降る町は」。

958: 名無しさん 02/07/31 15:45
祖母とドラマを観ていた時。 

2時間ドラマか何かで、最初の方で主人公の女の人は同僚から嫌われてて、長い間付き合っていて結婚すると思っていた男性からお金をだまし取られたりする。けどそんな中、優しくしてくれる1人の親友がいた。 

祖母「ほらね。○○ちゃんもこんな友達見つけなさいね。真面目にやっててそうすればこんないい友達が○○ちゃんにも出来るからね」 

…が、しかし。その親友は実は付き合っていた男性と共犯で、自分がその主人公と付き合っていた男性と結婚するため+お店の開業資金(花屋か何か)のために二人で主人公の女の人を騙していた…。 

最後主人公はかっこいいエリートの人と結婚するんだけど、ドラマよりも祖母の言葉を聞いたあとにこの展開って言うのが後味悪…。

940: 名無しさん 02/07/30 18:34
あるサイトで牛の首の真相なる物を読んだ。 

色んな意味でとても後味の悪い話だった。 

948: 名無しさん 02/07/30 23:52
>>940 
教えて!!

950: 名無しさん 02/07/31 00:34
>>948 
聞かない方がいいよ…恐ろしいから。

951: 名無しさん 02/07/31 00:45
>>948 
マジで聞くの止めとけ。
 
この後の人生変わっても知らんぞ。

966: 名無しさん 02/08/01 01:10
>>951 
馬鹿!牛の首のことは言うなって。

小さい時、あれ聞いたとき俺3日くらい夢に出てきた。今でも怖いし。

968: 名無しさん 02/08/01 13:45
ある町の大地主には後継ぎとなる長男が居ましたが、長男はしかるべき年齢になっても外へ出ようとせず、家で引きこもって人形遊びばかりしているような若者でした。少し知恵が遅れていたのかもしれません。 

そんな様子なので、名家にも関わらず嫁も来ない。女中にまでバカにされ虐待を受ける毎日の中、若者は人間の女を心底憎むようになりました。そんな彼を家の者は心配していましたが、ある日、若者が晴れ晴れとした顔で両親の前に出て言いました。「ぜひ嫁にしたい女がいる」と。 

誰彼構わず嫁にできるわけもないのですが、今まで廃人同然だった長男のいつにない意思のこもった目に両親は一縷の期待を持ち、その女を連れてくることを承知しました。 

しかし、彼が、連れてきたのは…優しい黒い目をした、一頭の牝牛だったのです…。 

家人は、皆恐れおののきました。獣姦などというおぞましい罪が他に知れたらどうなることか…「ざけんなゴルァ!!」と元々キレやすかったお父さん、は息子と牝牛を首ちょんばしました。 

そして次の日、その町の住民は朝に目覚めてから変な物を見ました。なんと町の上空を牛の生首が飛んでいるのです。 

そしてその牛は突然炎を吐き出し、町を燃やし尽くした上で、最後に自爆してから辺り一面を破壊しました。 

終わり。

969: 名無しさん 02/08/01 16:09
>>968 
後味すっきり! 

980: 名無しさん 02/08/04 02:47
>>968 
話が激しく違うよ(w 

971: 名無しさん 02/08/01 20:43
よくここいらで「牛の首って何ですか」と言う問いに、「『あれは恐ろしすぎて言えない』って言うのが話の本体なんだよ」と誰かが教えてやるのだけど、聞いてた人達は「ホントはどうなんだ!」って全然信じてない、って感じの場面に出くわすんだけど…。 

「癌です。しかも末期です。治りません」 って言ってくれる医者を探してまわってるノイローゼ気味の人を連想して後味悪いよう。

引用元:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1020728787/

あと味の悪い話 1 
まとめ:あと味の悪い話

あと味の悪い話 2 
まとめ:あと味の悪い話パート2

あと味の悪い話 3
まとめ:あと味の悪い話パート3