【その2】
ほんのり

136: 名無しさん 02/02/15 00:19
小学校六年の二学期の途中に地方へ引っ越した。転校をするのは初めてのことだった。

不安に思っていた僕に最初に話しかけてきたのはT君というクラスのリーダー格らしき人で、いろいろと親切に面倒を見てくれたのだけど、他人の悪口を言ったり、〇〇とは話をしない方がいいよとか命令したりするので、正直少しうざいと思うようになっていた。 

学校は家から歩いてすぐの所にあった。前の学校は電車で一時間もかかる所だったので、早起きをする習慣がついていた。転校して三日目くらいの朝、家にいても何もすることがないので、かなり早目だけど登校することにした。

既に先生か職員の人が来ているらしく、門は開いていたけれど、校舎にはひと気が無かった。当然一番乗りだと思って教室の扉を開けてみると、男の子が一人先に来ている。僕は驚いて立ち止まった。その男の子の座っているのが、僕の席なのだ。

自分の勘違いかと思って何度も確かめてみたのだけど、やっぱり間違いない。「あのさ、そこ僕の席だと思うんだけど…」遠慮がちにそう切り出すと、男の子はにっこり笑って「あっごめん」と言い、すぐに席をゆずった。

まだクラス全員の顔を憶えていなかったので、同じクラスの奴が席を間違えたのだろうと思い、そのことはすぐに忘れてしまった。

137: 136 02/02/15 00:22
一週間くらい経って、また早起きをして学校へ出かけた。教室の扉を開けると、この日もこの前の男の子が先に来ていた。しかもまた僕の席に腰かけている。この時には、この子が同じクラスの奴ではないとわかった。 

「あのさ…」と声をかけると、この前と同じようにごめんねと言い残して教室を出て行く。入る教室を間違えたのだろう、そそっかしい奴がいるもんだ、と、そう思った。 

それからまたしばらくして、早朝の誰もいない廊下を歩いて教室にたどりつくと、やっぱり同じ男の子が僕の席に座っている。今度はさすがに何か変だなと思った。

机の脇には、わりと目立つ色をした、前の学校の校章入りの手提げかばんが掛けっぱなしにしてあったので、普通に考えて席を間違えるとは思えない。それに教室を間違えたのなら、自分の荷物を持っているはずなのに、男の子は手ぶらなのだ。

僕は男の子のすぐ近くに立って、わざと声を掛けずにいた。男の子はことさら無視するという風ではなく、かといってこちらに気づいた素振りは見せずに、ただ居心地悪そうにじっとうつむいている。 

とうとうしびれを切らして、僕は声を掛けた。男の子は悪いことをしている現場を見つけられたみたいな顔で席から滑り降り、ごめんね、と虫の鳴くような声で謝ると、教室から走り出て行った。

138: 136 02/02/15 00:26
その日の休み時間に、朝学校に来たら何か変な奴が俺の席に座っていてさー、と話をした。

「それってどんな奴だった?」とT君が尋ねた。 

「えーと、背はかなり小さいほうで、何か弱そうな感じだった。おどおどしてるっていうか。髪の毛はわりと長めで、あと首のここのところに赤っぽいアザがあった。十円玉くらいの大きさの……」 

ひいっ、というような悲鳴を、そばで聞いていた女子が上げた。T君が僕の胸の辺りを殴りつけた。

「お前なんだよ。ふざけんなよ。どうしてそんな嘘つくんだよ」 

真っ青な顔でそう言うと、教室から出て行った。 

僕が転校してくる三ヶ月ほど前に、N君という男の子が自分の住んでいるマンションから転落死した。僕の机は、元々そのN君が使っていたものだったのだ。僕が転校して来る前日までは、その上に花瓶が載っていたそうだ。 

警察は事故死と判断したが、あれは自殺だったのでは、と生徒たちの間で噂になっていた。N君が、Tを中心とするグループからひどいイジメを受けていたことはみんなが知っていた。四年生くらいからずっと続いていたらしい。 

N君の死を担任が報告した時、「やった。これであいつのうっとうしい顔を見なくても済む。すげーうれしー」とTは言い放ったと言う…。

139: 136 02/02/15 00:30
僕が早朝の出来事を話したその日から、次第にTはクラスの中で孤立するようになっていった。 

あの時のことがきっかけになったかどうかはわからない。ただ単にみんなが大人になって、むやみに威張り散らしたり、陰口を叩いたりすることの低劣さに気づいたのかもしれない。卒業式の頃には、Tはクラスの誰からも相手にされなくなっていた。 

あれから僕は寝坊をするようになって、教室に一番乗りすることはなくなってしまったけれど、N君の姿は何度か目にした。体育館の隅っこに立っていたり、校舎の窓から校庭を見下ろしたりしていた。 

今考えると、単なる見間違いかもと思わないでもないけど、その時は妙な確信があった。ああ、またN君が来ているな、と(僕のほかに同じような目撃者がたくさんいた) 。

退屈そうな、居心地の悪そうな様子だった。小さな子供が遊びの仲間に入りたいのに、自分から言い出す勇気がなくて、声を掛けてもらえるのをじっと待っていると、そんな風にも見えた。

恐いと思ったことは一度も無かった。

140: 名無しさん 02/02/15 00:39
ちょっと、ほっこり。

141: 名無しさん 02/02/15 11:17
子供なだけにかわいそうだ。一人でいるなんて…。

142: 名無しさん 02/02/16 00:20
私の大学生時代の話。 

私はある地方の大学に通っていたのですが、実家からは電車の便が悪く、下宿をしていました。しかし実家と大学の直線距離は意外と近く(といっても100kmぐらい)、当時の彼氏(高校時代の友人だった)は車で毎週末私の家まで遊びに来ていました。 

コトはM県とN県の県境で起こりました。県境には「出る」と大学の先輩たちの間でも有名な○山トンネルがあります。よくある「車の上に女の人が乗っていた」等々のうわさには事欠かない場所です。 

私は初めて彼とその場所を通った時、車内で「ここには出るんだよ、霊が出るんだよ~!!!」と大騒ぎをして彼を恐がらせようとしたのですが、真昼間だったこともあり、彼は「あほか」と相手にはしてくれませんでした。 

しかし、そのトンネルを抜けた時です。舗装工事をしていた道で片側通行だったため一旦停車したのですが、突然車内でかかっていたドリカムの歌声が止まりました。

私は、停車のため、彼がエンジンを止めたのだと思っていたのですが、車内にイヤな沈黙が流れたため、「なんで?なんでエンジン止めるん?」と彼に聞いたのです。 

「…止めてない。勝手に今エンストした」 

彼はなんだか呆然としているように見えました。 

143: 142 02/02/16 00:21
私たちはM県側からN県に向かって走っていたのですが、その後の道中、信号にひっかかるたびに車がエンストを起すのです。 車はオートマ、そしていままで一度も事故歴もなく、突然のエンストなどは今の今まで起したことがないのにもかかわらずです。 

信号に引っかかるたび、私たちは泣きそうになるほどどんどん恐ろしくなってきました。あのトンネルで何かを乗せてしまったのではないかと。しかし私たちは二人でいたこともあり、彼は車通りの少なくなった道で一旦車を止めて、ボンネットを開けてみようと言いました。 

「もしかしたら、俺でもわかる故障かもしれんし」 

彼が自分に言い聞かせるように言ったのを覚えています。 彼はいったん左にウィンカーを出し、道の左側に車を止めました。そしてウィンカーをハザードに変え、ボンネットを開けに車を出ました。

しかしすぐに車内に戻ってきて「なんにも変わったとこない。っつーか俺にはわからん」と言って、車を発進させました。しばらく走って、私はおかしいことに気づきました。 

「なんでハザード出したまんまなん?」 
「え?さっき車出す時止めたで?」 

何気に彼はもう一度ハザードのボタンを押しました。しかしチッカチッカとハザードは点滅し続けています。ハザードが止まらないのです。「うわー!」と、彼は堪らなくなったように大声で叫びました。その途端ハザードはバチっと止まり、今度は左へのウィンカーが点滅し始めました。 

私は確かに彼の手元を見ていたのですが、ウィンカーを操作した様子はありません。真昼間の田舎道で私たちは凍りつきました。車を止めなければ。私たちはもう、何に祈っていいのかもよくわからないまま、「ごめんなさい、ごめんなさい、もうヘンなことは言いません!」と車内で大声で叫びました。

その途端、ウィンカーはつき出した時と同様、突然止まりました。 

144: 142 02/02/16 00:23
その後、N県に着くまで車は一度もエンストしませんでした。そして、もう二度と。 

しかし話は続きます。私たちは合計で4年間付き合っていたのですが、そのコトがあってから、そのトンネルを避けるルートで行き来するようになりました。 しかしその「避けるためのルート」は、雪などのためによく通行止めになる道だったため、4年の間には、何度かそのトンネルを通らなければならないことがありました。 

そのトンネルを通った時に限って、私の家(一人暮らしの下宿です)のテレビが突然消えるのです。バチっという音とともに。そして二人でいる時に限って。親とそのトンネルを通った時には何も起こりません。 

そして彼と別れた今も、そのテレビは現役で私の部屋で活躍していますが、突然電源が落ちて消えるようなことは一度もありません。 

私が今まで生きてきた中で、唯一の「ほんのり恐い」体験、以上です。何も見たわけではないし、音も聞いていません。ただそれだけに、なんらかの悪意をすごく感じて怖かったです。 

あんまり恐くなかったらごめんなさい。

145: 名無しさん 02/02/16 03:36
ほんのりでいいのですよ。

146: 名無しさん 02/02/17 14:09
さっきさ、トイレ行ったんだよね。

冷たいジュース飲みながらネットしたりしてるから結構トイレが近いんだけどさ。家族と住んでるけど今日はみんな出掛けてて、家には俺一人しかいない。その前にトイレに行った時は小便で便座は上げっぱなし。下げる習慣は俺にはない。
 
でも、今行ったら便座が下がってるんだよね。便器がボロくて自然に下がるなんて事はない。

さっき行った時にトイレから出る時、便座が上がってるのを確認して出てきた。次にトイレに行った時にまた便座が下がってたらどうしよう…。

147: 名無しさん 02/02/17 20:37
うちのキッチンの照明なんだけど、ちゃんと消して寝てるのに、突然夜中に点いてたりするんですょ。夜中にふと目が覚めると、部屋の隙間から、灯りが漏れて…。

ちょっと怖いので、そのまま寝ます…zzzzZ…。 

148: 名無しさん 02/02/20 17:40
このスレタイの「ほんのり」ってなんか いいですね(笑。 怖そう。 

軽いやつをひとつ。もう10年以上前に雑誌で読んだ話です。 

あるタレントが、古具店でアンティークなベッドを買ったのだそうです。やや幅のあるシングルベッドですね。一人暮らしの部屋に持ち込み、就寝した一夜目の夜の夜中の2時過ぎ、奇妙な気配で目が醒めました。

かすかに自分以外の誰かの寝息が聞こえる…それも、ごく近い位置で…! 

寝息は、タレントの左側の位置から途絶えることなく聞こえてきます。薄闇の中、タレントは目を凝らしました。人影は見当たりません。タレントは飛び起きると、震える手でベッドサイドのスタンドのスイッチを入れました。途端に、謎の寝息は聞こえなくなりました。 

寝息は毎晩灯りを消し、就寝して数時間後に必ず聞こえたそうです。タレントが寝ている位置の、やや左側から…。数日後、思い余ってベッドは売り払ってしまったそうですが…。
 
「気持ちよさそうに眠っている幽霊」って実害はないのでしょうが、自分が夜中ふと目覚めた時に何者かの寝息が頬にかかったら…と思うと心臓に悪いので、めっちゃはた迷惑ですね。 

150: 名無しさん 02/02/20 18:59
今、思い返せばちょっと怖い。 

2年弱前に住んでたアパート。3LDK。駅から5分、日当たりそこそこ、築10年くらい。3階建ての2階部分。俺とカミサンとハムスター。何の変哲も無い日常。 

でも1つだけ不思議だったのは、2人で酒飲んで、テレビ見て、さあ寝るぞって時になると、ウチの天井、つまり3階の床を誰かが走る。 

ただ走るだけじゃない。わざとやってるとしか思えないような勢いで、床を踏み鳴らしながら縦横無尽。夜中の2時だぜ、クソガキが、親も何やってんだと思いながらも、住人にねじ込んだりはしなかった。 

1年後、他のマンションに引っ越す直前に気が付いた。「あのアパート」の「騒音」はクソガキなんかじゃなかった。だって、上に住んでたのはオーストラリア人男性1人。

それに、毎晩の様に走ってた「あの音」は3LDKの間取りを無視して部屋から部屋へ、トイレも風呂もお構い無しに斜めに走り抜けてたんだから。 

151: 名無しさん 02/02/20 19:09
>>150 
座敷童? 

つか、子供の幽霊すかね?

152: 150 02/02/20 19:18
うん、足音(というかきしみ具合)から体重を判断すると成人男性では無理があった。成人女性も無理。 

「夜中に」「小刻みに」「走り回る」から「子供」と思ったんだけど、子供がはしゃぐ時の所謂「奇声」が一切無かった。無言。

154: 名無しさん 02/02/20 20:24
ねずみじゃないの?

155: 名無しさん 02/02/20 21:17
ねずみが走る時「無言」ですかね? 

真夜中に小刻みに走り回る「何か」の姿、想像するとちと怖い。

158: 名無しさん 02/02/20 22:09
>>155 
ねずみが走る時「チューチュー」とでも鳴くと思ってるなら、アニメの観すぎ。 

ねずみの足音って驚くほど大きいよ、まじで。

166: 150 02/02/21 07:57
>>158 
音は「カサカサカサ…」ではなく、「ドスドスドス…」といった感じでした。こう、何て言ったらいいのか(感覚的に、ですけども)駄々を捏ねながら母親を追いかけている様な。 

埼京線に乗ると今でもそのアパートは見えますけど、いつも反対側を向く様にして乗ってます。

159: 名無しさん 02/02/20 22:48
わしの職場に出るネズミは走りながら鳴くが。

167: 名無しさん 02/02/21 09:42
>>166 
多分天井と上階の床下の15センチくらいの所だったら、それなりに大きいネズミが居たと考えられます。うちも昔屋根裏にネズミが居たけど、ケンカしようものならドドドドーッて感じで、十分小さい子供並みの音がしてました。

169: 150 02/02/21 10:38
う~ん、言われてみればネズミかもしれませんね(30cm間隔で駆け回るネズミが居るならば)。

171: 名無しさん 02/02/21 11:45
>>169 
ネズミってちょこちょこ動いてるだけじゃないから、何かを追いかけてたりする時はウサギのように飛んでるし、ネズミ取りでかかったネズミを殺すのが忍びなくて近くの草原に逃がしに行ったら、すんごい勢いで消えていった。

170: 名無しさん 02/02/21 11:01
こういうのって一旦信じ出すとそうとしか思えなくなるからなあ。

175: 名無しさん 02/02/26 11:25
屋根裏走るだけならまだいいよ。 

俺が以前住んでたアパートは、部屋の中に降りてきて開けてもいないポテトチップスを器用に袋を切り当てて、ボリボリ食ってた。 

156: 名無しさん 02/02/20 21:19
大学時代、一人暮らし中のお話です。 

当時、夜は部屋で焼酎をかっくらってから寝る、という生活をしていた(今もそうだが)。 夏のある夜、床に目をやると一匹の子供ゴキブリ(約体長2ミリ)がうろついていた。 

俺はなんとなく「水でも飲むか?」と、ゴキの目前に水割り用の水をたらしてやると、そいつは近づいて水を飲んだ。 

時は流れその年の12月の夜、俺は変わらず焼酎を飲んでいた。さて寝るか、と布団に目をやると一匹の大きな成虫ゴキブリが布団の上に居た。

「こんな季節にゴキブリ?」と思いつつ、居られて気分のいい客ではない。殺すのもアレなので誘導して退場してもらおう。俺はゴキに近づいた。普通のゴキならあらぬ方向へ隠れるだろう。だが、奴は俺の足並みに沿って玄関へ逃げて行く。 

その時、玄関近くの台所からガス臭がした。お湯割り用の湯を作った際、俺は酔ってガス栓とコンロを閉め忘れていたらしい。栓を閉め、換気をして落ち着いた時、あのゴキブリはもうどこにも居なかった。 

偶然なのか、ゴキブリの恩返しなのか、どっちにしろ命は助かりました。

157: 名無しさん 02/02/20 21:32
>>156 
イイ!ほんのりスレの一押しですな。 

ゴキブリに水をやる>>156 さんの優しさに乾杯!

161: 名無しさん 02/02/21 00:53
私、某建設機械メーカーの営業をしています。 

数年前に作業中の事故で亡くなられた社長さんがいます。その社長とは他のお客が主催するゴルフコンペを機会に親しくしていただき、家に泊めていただいたりと大変お世話になった方です。だから、亡くなったことを知った時はショックでした。

葬儀への出席は、急の事故で亡くなった訳ですから、私共のような業者が出席するのは返って先方に迷惑との判断で見送りました。葬儀の数日後に焼香に伺い、その帰りに事故があった場所にも花を捧げる為に向かいました。

その日は一日雨模様で、どんよりとした日でした。その場所にはすでに多くの花が供えられており、その中には連れて行ってもらったクラブのライターもありました。その時のことを思い出すと、思わず目頭が熱くなるのを感じました。 

そして改めてお参りしようと手を合わせた時のことです。ふっと、数珠の紐が切れたんです。

普段は、車のワイパーのレバーに引っ掛けていたので、知らないうちに擦り切れていたのかもしれませんが、あまりのタイミングのよさに正直、動揺しました。漫画やドラマだけの事だと思ってたんですけど、実際に体験するとは…。

しかしすぐにこれは、社長からのお礼ではないかと思うと、また涙が出てきました。 

このような場で恐縮ですが、社長のご冥福をお祈りします。 

163: 社長 02/02/21 01:03
>>161 
あれだけ世話してやったんだから葬式に顔出せやゴルァ!! 

腹立って数珠切ってやったんじゃ自分に都合よく解釈してんじゃねぇゴルァ!!

164: 名無しさん 02/02/21 05:31
>>163 
おとなしく死んでろ。

165: 名無しさん 02/02/21 06:53
俺なんか数珠が切れたら「不吉な!」って思っちゃうけど>>161はポジティブシンキングな人だなー。

168: 名無しさん 02/02/21 10:18
中学生の頃、公民館で週1回英会話を習っていた。 

アメリカ人の先生の奥さんが教室に遊びに来た時、「じゃあ、今度来る時は得意の手作り菓子を持ってくるわ」 と言って帰っていった。1週間後、奥さんは約束通りクッキーを焼いてきてくれた。

4袋に分けてラッピングしてくれてあったのだが、1袋余ってしまったので、「皆で分けていいですか~」と聞いたら「あら、あのすごく大人しかった女の子は今日お休みなのね?」 との返答。 生徒は定員3人だけで、もちろん前回もその日も全員出席していた。

怖がる奥さんを尻目に「オバケだよ!」と生徒同士で最初は盛り上がっていたが、帰り道はさすがに怖かった...。

178: 名無しさん 02/03/02 20:07
数ヶ月前、本屋で心霊写真の本を立ち読みしていた。 

そうしたら、左手の薬指が熱くなったので、「変だな?どうして熱くなったんだろう」と思っていてふと裏表紙を見たら、顔が浮き出た石の写真が印刷されていて、心霊写真の本を持つと、その石の写真の上にちょうど私の薬指が当たっていた。 

それが原因なのだろうか?指が熱く感じたのは…ぜんぜん怖くはない話だが、自分自身としては妙に納得した。

179: 名無しさん 02/03/03 07:47
今朝犬の散歩をしていた時のこと。

近所の小さな工務店の前に止めてある車に、人が乗っていました。その車の横を通り過ぎる時、めったに唸る事の無い家の犬が毛を逆立てて、車に向って唸りました。乗っているのは女性でした。

別に怖くないと思いますが、時間はAM4:00の事だし、その女性は一点を見つめ、ピクリとも動かなかったので怖かったんです。謎の人でした。

180: 名無しさん 02/03/04 17:38
>>179 
その時ほんとは車には誰も居なかったはずなのに…って落ち?

183: 名無しさん 02/03/04 19:03
あのー…ある話を探しているんですけど。なんかのコピペで、夢の話なんですよ。

ある人が夢で電車かなんかに乗ってて、もう少しで殺されそうになるってところで目が覚めるんですけど、二回目に同じ夢を見た時、車掌さんかアナウンスかなんかに「三回目はないよ~」的なことを言われて、それ以来、夢を見るのが怖いって話。 

誰か知りませんか?すみません、よろしくお願いします。

185: 名無しさん 02/03/04 19:12
>>183 
たぶんサル電車のことじゃない? 
ttp://www2.csc.ne.jp/~okaruto/kowaisakuhin/saruyume.htm

私は、夢を見ていました。昔から私は夢を見ている時に、たまに自分は今、夢をみているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。

何故か私は薄暗い
無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」と意味不明なものでした。

まもなく駅に電車が入ってきました。それは電車というより、
よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので、数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。 

私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなり、その電車に乗る事に決めました。本当に恐くて堪られなければ、目を覚ませばいいと思ったからです。私は自分が夢を見ていると自覚している時に限って、自由に夢から覚める事が出来ました。 

私は電車の後ろから3番目の席に座りました。辺りには生温かい空気が流れていて、本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。「 出発します~」とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。

これから何が起こるのだろ
うと、私は不安と期待でドキドキしていました。電車は ホームを出るとすぐにトンネルに入りました。紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

私は思いました。このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗った、スリラーカーの景色だ。この電車だってお猿さん電車だし、結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけで、ちっとも恐くなんかないな。

とその時、またアナウンスが流れました。

「 次は活けづくり~活けづくりです」
 
活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに、四人のぼろ布のような物をまとった小人が群がっていました。

よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様に
なっていました。強烈な臭気が辺りを包み、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴を上げ続けました。男の体からは次々と内臓がとり出され、血まみれの臓器が散らばっています。 

私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、彼女はすぐ後で大騒ぎしているのに、黙って前を向いたまま気にもとめていない様子でした。私はさすがに想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思い始め恐くなり、もう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。 

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。しかし赤黒い、血と肉の固まりのようなモノは残っていました。後ろの女性は相変わらず、無表情に一点を見つめていました。
 
「 次はえぐり出し~えぐり出しです」とアナウンスが流れました。 

すると今度は二人の小人が現れ、ギザギザスプーンの様な物で後ろの女性の目をえぐり出し始めました。さっきまで無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が 
破れるぐらい大きな声で悲鳴を上げました。

眼かから眼球が飛び出しています。血と汗の匂いがたまり
ません。私は恐くなり、震えながら前を向き体をかがめていました。ここらが潮時だと思いました。これ以上付き合いきれません。しかも順番からいくとm次は3番目に座っている私の番です。

私は夢から
覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、それを確認してからその場から逃げる事にしました。 

「次は挽肉~挽肉です~」とアナウンスが流れました。

最悪です。どうなるか容易に想像が出来た
ので、神経を集中させ夢から覚めようとしました。夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ…いつもはこう強く念じる事で成功します。

急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。今度は小人が私の膝に乗り、変な
機械みたいな物を近づけてきました。たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ…と目を固くつぶり一生懸命に念じました。
 
「 ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かになりました。 

なんとか悪夢から抜け出す事ができました。全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れ 
ていました。私は寝床から台所に向い、水を大量に飲んだところでやっと落ち着いてきました。恐ろしくリアルだったけど、所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。 

次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。でも皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。 

それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れ、バイトなんぞに勤しんでいました。そしてある晩、急に始まったのです。 

「 次はえぐり出し~えぐり出しです」

あの場面からでした。私はあっ、あの夢だとすぐに思いだしました。

すると前回と全く同じで、二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。やばいと思い、夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ…とすぐに念じ始めました。今回はなかなか目が覚めません。夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ…。 

「次は挽肉~挽肉です~」 

いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ…! 

ふっと静かになりました。

どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時、
「 また逃げるんですか~?次に来た時は最後ですよ~」と、あのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。 

目を開けるとやはりもう夢からは完全に覚めており、自分の部屋にいました。

最後に聞いたアナウンスは
絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。私がいったい何をしたと言うのでしょうか? 

それから現在までまだあの夢は見ていませんが、次に見た時にはきっと心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です…。 



引用元:http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1011757878/