【その8】

公衆電話
【ハァハァ】忘れられないイタズラ電話【総集編】

763: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 00:03
10年以上前に友達にかけたイタ電。 

「NTTの○○局の者ですが、電話の感度の調査を行っておりますのでお手数ですが、五十音のアの行を大きな声で言って頂けますか?」 

「あーいーうーえーおー」 

「有難うございます。今度は高音のテストを行いますので、フライパンか何かを 受話器のところで叩いて貰えませんでしょうか?」 

「ちょっと、待ってください・・・お母さぁーん」 

ここで吹き出しそうになったので、こっちから切ってしまいました。俺はその時の一回だけだったけど、学校内で同じ内容のイタ電が流行りました。


768: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 02:37
>>763 
ワロタよ! こういうイタズラ電話は、ほのぼのしてて良ひね。

764: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 00:11
数年前、勧誘の電話がかかって来た。宝石の販売だったと思う 。女性からの電話で「彼女にプレゼントにどうですか?」とか俺彼女いないしって断った。

「何で電話番号知ってるん?」と聞くと名簿が売られているって教えてくれてそのまま1時間ぐらい雑談した。出掛ける用事があったので明日また電話してきてって言って電話を切った。 

767: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 02:25
勧誘やっているのも人間だからなるべく、恨まれないように気をつけている。

769: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 03:02
イタ電かどーか不明だけど「中沢(仮)さんのお宅ですか?」と初老の婦人らしい声の電話。

 私が「お間違いですよ」と切った後に、近くにいた母親が 「なに?まちがい電話?」「ああ、中沢さんですか?だって」ふーん・・とした表情のすぐ後に突然考え込む母 

「中沢?」
 「うん」
「お前知らないと思うけど、うち中沢さんって人から電話の権利買ったの」 

家がこの場所に引っ越してきて28年が経過しています

770: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/15 03:35
>>769 
ウーム

771: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/16 08:18
うちの兄貴 。電話がかかってきてなんか楽しそうに話ししてた。 

最初は「え?だれ?」「あぁ、そうなんだ、久しぶり」とか言ってた。別に気にしないでいたのだけど結構長電話だったので「誰?」って聞いてみた(面倒で長電話はしないって兄貴だったのので) 。

兄「ん?悪戯電話」 
私「は?」 

兄「もしもし」 
相手「あ~~俺○○!!久しぶり!!覚えてる?」 
兄「あ~久しぶり~(誰だっけ?)」 

等と適当に会話してたらしいです 。途中で向こうが辛くなったのかいた電で有ることを伝えてきたらしい(それもどうかと思うが) 。

私「なんでいた電とそんな長電話してんのさ・・・」 
兄「ん~?電話番号復唱してきてさ~『近所ですね』っていいだして、そっから近所の話とかしてた」 

・・・兄貴? かなり平和的な思考能力の人だとは思っていたけど・・・バカ?ってマジでオモタ

772: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/16 08:57
>>771 
バカですなw

774: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/16 11:15
よくシルバーアクセサリーの普及を語る人から電話が来る。すごく暇な時は長くて30分ぐらいその話を聞いてあげる。

最後は必ず結婚相手の紹介の話になってるんだけど、その人しゃべりが上手いし、私もちゃんと聴いてないから、いつもどこでそんな話になってしまうのかがわからない。

次は絶対話しが変わるポイントをとらえてやる。暇なら。

782: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 03:51
どうも家の電話番号とどこぞの工事会社の番号が似ているらしい。朝っぱらの5時に『今日は現場ありますか?』などとかかってくるとムカツク(寝てたから。

最初の頃は『間違い電話ですよ』とか言ってたけど最近では『まだ解らないけど一応来てください』という事にしている。たいがい雨降ってるときなんだけどね。

784: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 09:24
祖母の葬式の真っ最中(棺にフタする前に、お花とかを入れてるとき。お別れのためみんなシクシク泣いてるとき)ハアハア電話がかかってきて、半泣きのまま「いまお葬式中なんですけど」と言ったら「えっ」とか言って切れた。マジやめてくれ。

798: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 17:02
>>784
さすがに相手も気まずかったんだろうな・・・。

桐平棺 - M|木製の棺(棺桶)
桐平棺 - M|木製の棺(棺桶)

785: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 09:35
いた電ではないが、ある日留守電が入っていた。

どうやらバイク屋らしく、なんとかのパーツの値段はいくらで決定していいんですね、みたいな内容。次の日、またまた同じ所から金額決定の返事下さい、って入ってた。そして数日後、「今日の五時までに返事くれないなら次にお待ちのお客さんに売却します」と最後通牒。

しかし私が聞いたのは夜の八時近く。バイク屋も店の名前はっきり言ってないから調べようが無かった。どうなったんだか。。。

787: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 10:36
その昔、私がまだ一応うら若い女性(w だった頃。自宅に「娘さんいらっしゃいますか」と電話がありました。で、その電話は私に回されました。

相手(若い男)「あ、俺だけど」
私「?」
 
幸か不幸か、私はきっぱりはっきり言いきれるほど、男の知り合いは皆無だった。で、学校の同窓生か誰かだろうかと思い悩み、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、と正直に、誰だか心当たりがない、どなたですかと聞いてみた。

相手「君の友達に紹介してもらった者だけど」
私「その友達って誰ですか?」

幸か不幸か、私は友達は少なかった(…不幸だろ、それは)少ないから、その分付き合いが密なので、相手のことはだいたいわかっているつもりだった。だから、私に紹介するつもりなら最初から直接連れてくるような友達しかいない。私に無断で自宅の電話番号を教えるはずはない、と言い切れた。

だから、やっぱり友達とはいってるけど、付き合いの薄い、同窓生か誰かの紹介かと思ったので、その友達とやらの名前が気になるのでしつこく聞いてみた。そうしたら、向こうが戦法を変えてきた。

相手「いや、実は毎朝、地下鉄の駅で君を見て一目ぼれしたんだ」
私「私、地下鉄はあまり利用してないんですけど…?」

相手「あ、JRだったかな?」
私「JRも滅多に使いませんけど?」

相手「…山陽線かな?」
私「いえ、それは余計使ったことないです。ここ10年ほど利用してないんじゃないかな?」

相手「…車つかってるのかな…?(汗」
私「車は持ってません」

(続)

789: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 10:48
787続き

ちなみに正解は「私が毎日のように利用しているのは原付バイク」でした。

ここまでボケたおしておいてなんだが、この時の私は真剣だった。とにかく、この人誰だろう、心当たりはないけど私のこと知っているみたいだし、誰だろう? という疑問に頭を埋め尽くされ、向こうの言動がおかしい、ということにまで頭が回らなかった。

別に、いたずら電話の相手をからかってやろう、などというつもりは微塵もなかった。というか、この期に及んでもまだ、いたずら電話と気づいていなかった(…馬鹿だ、私…)しかし、向こうもそれを上回ってしつこかった。いいかげん、こんなボケ女、あきらめて、他のターゲットを捜せばいいのに、まだしつこく誘ってきた。

「とにかく、君のことが好きなんだ、ぜひ直接会いたいんだけど」とか言ってくる。しかし、相手が私のことを知った経緯が明らかでないのに、そんな得体の知れない人には会いたくない。せめて、私をどこで見かけたか、それか誰に紹介してもらったかを知りたかった。

しかし、どれほど問うても、向こうは答えてくれなかった(…そりゃそうだ…)仕方ないので、私はあきらめ、「申し訳ありませんが、お会いできません」と言って、やっと切った。

そして半日以上たって、この電話が最近マスコミ等で警告されている、「ハッタリ電話詐欺」(「俺、俺」と言って相手が「●●くん?」と言ってきたら、●●くんになりすまし、金銭を使いの人間に渡すように言いくるめる詐欺)の一形態だと気が付いた…。

…はよ、気づけよ。私…。切ない青春の日(終わりかけていたが)の思い出である。

847: ○○○子 02/01/27 15:04
787さんと似た経験があります。787さんに電話した人と同じがどうかわかりませんが・・・。 

その電話は男性からで、「○○○子さんかな?久しぶりー!」みたいな感じで始まり、やたら馴れ馴れしい。心当たりが全くなかった私は、「失礼ですが、どちらさまでしょう?」と聞きました。

しかし、向こうは「やだなー、忘れちゃったの?俺だよ~!」という風で、名前を言わない。いくら名前を聞いてもはっきり言ってくれないんです。

それで私が「××高校で同じクラスだった△△くん?」 と聞くと相手は肯定。その時点で私はおかしいと思いました。

というのも、私が卒業した××高校は現在共学ですが、私が卒業したときは女子校だったんです。つまり、男の同級生は絶対に存在しないのです。でも、すぐにそのことを告げても面白くないので、しばらく話を相手に会わせることにしました。 

男「そうそう!やっと思い出してくれたんだね?」 
私「・・・・・・ごめんねー、すぐに思い出せなくて・・・私たち、普通科だったから、  勉強大変だったよねー」 
男「うん、普通科は夏休みでも補習やなんかがあったからねぇ」 

ちょっとの間、当たり障りのない話をして・・・ 

私「で、今日はどうしたの?」 
男「うん、ちょっと大切な話があってね・・・今度の土曜か日曜、暇?」 

私「暇だけど?」 
男「じゃあ、会ってくれない?」 

私「・・・嫌よ!!(少し怒った感じでそう言った)」 
男「え??どうして~?暇なんでしょ?」 

私「どうしても何も、私はあなたに会いたくないの!!」 
それでも、しつこく「そんなことを言わずに・・・」と粘るので、言ってやりました。 

私「私は嘘をつくような人とは会いたくないの!」 
男「嘘って・・・」 

私「私は確かに××高校卒業だけど、私が卒業したときは女子校だったの! 校名も○×女子高校だったし、普通科も今は出来てるけど、私がいた時は無かったよっ!!」 

と。すると相手は何も言わずに電話を切ってしまいました。おそらく、何かを売りつけるとか、金を巻き上げるとかが目的だったんでしょうね。 

イタ電ばなしじゃなくてゴメン。

848: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 16:15
>>847 
それも、リッパナイタ電だよ。

788: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 10:44
半年ほど前、FAXで診断書なのかなカルテの一部が流れてきた。

高齢の女性で癌の診断で下の方に太く親族の意向で本人に告知しないようにと書いてあった。でも家じゃないのよねぇ、おばあちゃんは一昨年癌で亡くなっているし。

なんだか気味が悪いと言うよりどうして良いかわからなくて、FAX番号が書いてあったから間違いですって送り返したんだけど、こっちは東京で相手は広島だったいったい誰宛に送ったんだろう??その後来ないけどこんな大事なもの間違えるなんて・・・とおもったよ。

794: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 15:52
家電と携帯とインターホンが同時に鳴ったことがあった。犯人は2人~3人か。

それとダチがやろうとしたイタ電・・・2つの携帯(折りたたみ式)で誰か二人に適当にかけて、出た相手同士話させる・・結局無理だったけど。

799: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 17:07
>>794
>2つの携帯(折りたたみ式)で誰か二人に適当にかけて、出た相手同士話させる・・結局無理だったけど
 

少し想像してみたらワラタ

796: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 16:43
イタ電する人よ、もっとやるべきことがあるんじゃないか?

801: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 17:33
イタ電ではないんだけど、ちいさいころ、かかってきた電話をとったら、誰かと誰かがすでにしゃべってて、こっちでしゃべってることも聞こえる風だった

805: それは 02/01/18 17:52
>>801
単なる混線だべさ。

809: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/21 01:40
小学校の時「あなたのお父さんが亡くなりました。」って電話がかかってきた。本気にして母親の職場に電話した。「うわーん、お父さんが死んだぁ(号泣)」って。

いたずらか間違いが分かんないけど許さん。

810: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/21 14:44
イタ電じゃないんだけど電話に出たら若い女が突然「そこに○○さん(名前失念)いるんでしょ!出してよ!」とエライ剣幕。

当方その○○さんなる人名に心当たりなく、「失礼ですがお宅様どちら様でしょう?」と聞き返したら「あんた○○さんの何なのよ!○○さん返してよ!!」○○さんという男がどうもこの女に嘘の電番教えたようで、傍迷惑なことにそれが我が家の電番と一致したらしい。

10分くらいかけて納得させたと思ったら、そこから1時間くらい電話口で泣かれて男の不実不貞ぶりを愚痴られた。こっちもその○○なる男をとっ捕まえて締め上げたくなった。

「テメー人んちの電番勝手に使うんじゃねーぞ(゚Д゚)ゴルァ!!」

811: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/21 18:41
>>810
おーよしよし。

812: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/21 23:42
昔、万引きして警察に通報されて家に電話がかかってきた 
イタ電であってほしいと思ったが、そうはいかなかった 

813: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/22 05:23
そうはいかんざき

817: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/24 03:03
一年前から今の電話番号に変わったのだが、しょっちゅういろんな男から八丁○子さんはいますか?と電話がかかってくる。前に使っていた人らしいが、それにしても・・・もういいかげん、まちがえです。とか言いあきた。一日に違う男3人くらいから、かかってくる時もある。 

何者なんだ?八丁

818: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/24 08:40
私は携帯買ったら、ヌマベさんですか?っていう電話がよくかかってくるんだけどそれが全部お年寄りなのでなんかへんなかんじ・・・何者だヌマベ。 

819: 沼部 02/01/24 09:28
何か?>>818

823: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/26 00:54
最近、私の携帯電話に「イトウモモちゃんですか?」って間違い電話がしょ・・・っちゅうかかってくる。

複数の人(頭悪そうな若者風男女)から。それも必ず非通知で疑い深そうに「・・・イトウモモちゃんですか?」って聞いてくる。 若者同士の携帯通話では不自然だと思うのだが、これは何なのだろう。イトウモモって有名人がいるの? 

その人の電話番号だといって私の携帯番号がどこかに晒されてるのだろうか。

828: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/26 01:10
>>823 
勇気を出して相手に何でかけてくるのか聞いてみれば?

824: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/26 01:00
フツーにダチに電話かけようとしてたとき、父が「初めに001をつけて電話すると安くなる」とか言ってたのを思い出してしてみたらヘンな国の言葉を一方的に話す言葉がずっと流れてた。名に言っても反応しない。
 
怖すぎた。マジデ。誰かがいってたけど混線?で人の喋ってる事が聞こえるらしかった。

826: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/26 01:04
ゼロゼロイチバンKDDってなかったっけ。

834: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 01:20
まだ美容師をしていた頃店にかかってきた電話です。 

「ありがとうございます。○○です」 
「ハァハァあんたのぱんつ何色?」 
「少々お待ち下さい。係の者に代わります」 
「ガチャリ」 

失礼ぢゃないかっ!!(w

835: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 01:23
ぱんつの色を答える係… 

エート

844: 834 02/01/27 12:21
最近かかってきた電話 

男「何色のぱんつはいてんの?」 
私「はいてませんけど」 
男「変態!!」 

アンタに変態言われたくない。

836: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 01:38
GWだというのに電話番のために出勤して、腐っているところへ イタズラ電話してきたバカがいた 

「はい(社名)です」 
「ハァハァ今何してるの?」 

怒り爆発 

「だからここ会社だ゛よ!仕事中に決まってんだろうガァァァ!!!」 
「そうですか・・・すいません」 
「連休にイタズラ電話なんかすんじゃねー変態野郎、死んじまえ!」 

われを忘れて女だてらに怒鳴ってしまい、昼メシ買いに行った上司が戻ってきてるのに気がつかなかった。しばらくマネされたよ 

837: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 02:00
(´-`).。oOイタ電ヲタって何でパンツの色を聞きたがるのだろう?

838: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 02:06
(´-`).。oOでも最近はあからさまなハァハァ電話は減ったよね?ネットのおかげ?

839: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 02:14
何を聞いても「オレだよオレ」しか答えない悪戯電話。 

「あ、オレだよオレ」 
「は?誰よ?」 
「オレだよオレ」 
「だからオレってだれよ?」 
「オレだよオレ」 
「○○?(声が似ている友人の名前を言ってみる)」 
「オレだよオレ」 

引越しして電話番号が変わってもかかってくる…。何がしたいのか謎。

840: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 02:16
これはマジのオレの体験談なのだが、数年前家でテレビを見てるとケータイの電話がなった。

出ると女の子の声で『…あれ?○○ちゃん…のケータイですよね?』と言ってきたので『え?何番にかけたの?』と聞くと向こうはオレと一番違いの番号を言った。

その時受話器の後ろで新宿駅のホームらしきアナウンスが聞こえたので、当時国立に住んでた俺は別に大した気もなくこっちの番号を告げながら

『あ、ちょっと聞きたいんだけどさ、今新宿にいない?そっちって雨ふってるかな?』と聞いたら

『いえ…降ってないですけど…あ、でも降りそうな感じですよ。』

と話がなぜか続いてしまい、いつの間にやら盛り上がり、しかも同じ大学生だったのでしばらく話し友達の期間を経て逢う事になった。そして逢ってみたら可愛かったし、しかも美人局でもない普通の家庭の子だったので付き合う事にした。 

その娘と初めてヤって朝を迎えた時、窓から朝日に向かって『俺はある意味奇跡をなしとげた!』とベッドに寝てる彼女を尻目にガッツポーズをしたよ。…でも結局半年で別れたけどね。

841: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 02:23
>>840 
美人局ってあんた・・

842: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 08:27
>>841 
840ではないが、当然疑うだろ。

845: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/27 13:05
>>840 
おぉ、小気味よいサクセスストーリーだなぁ。美人局はこわいよな。

学生の頃、島根から出てきていた友達が、バイト先の親父に韓国パブに連れて行かれたんだってさ。彼も初めての経験に舞い上がっちゃって、アパートの電話番号教えて悦に入ってたそうだ。

ところが、ある日から毎日毎日、電話がかかってくるんだと。かわいい子だったので、スケベ心を出して昼間あうことになったのだけど、待ち合わせ場所に行ったら、あきらかなヤクザもそばにいた。

やられたか~と思ったら、例の親父が借金して逃げてしまったらしく、居場所を知らないかしつこく聞かれたらしい。「なんなら、お前が払ってくれてもいいんだけどな、3500万」とすごまれたと。こわいね。

849: うにゅ 02/01/27 23:51
前にバイトしていた時の話。当時カラオケさんで受付業務をしていた私。

ある日電話が鳴り、しかしその時受付業務が忙しく、バイトの女の子(19歳の子でとってもかわいい子でした)が気をきかせて取ってくれました。「おつかれさまです。坂下(仮名)です。」と言ってたのでお店の関係者だと思っていました。

ところが坂下さんの様子が明らかに変で、私に「助けてくれ」と目で訴えてます。ジェスチャーで保留にしなさいと指示し、話を聞いてみると「変態電話です…(涙)」

 坂下さんは電話を取ったとき、低い男の人の声で変なことを言い出したのを聞いて、店長だと思ったらしいです。うちの店長は時々変質者を装って電話をかけてくることがあったのでそう思った。

それで自分の名前を言ってしまったのです。しかし話を合わせているうちにどうも違うと感じたらしく、後ろから変な音がしてきたため変態電話だと思ったらしい。 

坂下さんは今時珍しいほど純情な女の子でしたのでさすがに辛いと思ったので私が代わりました。
 
私:「もしもし。お待たせしました。お電話代わりました。山口(仮名)でございますが。どのようなご用件でしょうか?」 
男:「(クチュクチュ。)ハァハァ…。坂下さんお願いします。」 

私:「ただいま坂下はあいにく手が放せませんが。どちらさまでしょうか?」 
男:「(クチュクチュ。)ハァハァ…。坂下さんじゃなきゃだめなんです」 

私:「私でよければご用件をお伺いしますが…(ガチャッ。ツーツー)」 

…私じゃダメですか?ヌケないんですか?(涙)

そんなことを思った22歳の冬でした。「クチュクチュ」と音がしたのはどうやらオ○ニー音だったようです

BACK OFF!!―坂下千里子写真集
鯨井 康雄
音楽専科社
2003-02