樹海

謎の青いガラス状の構造物が、富士の樹海のどこかの風穴にあるという。それ自身がぼんやり光り、そのガラス状の物質はとても丈夫で、叩くと金属の音がするという。

それを本気で探そうと立ち上がった一人の男。続々と集まる志願者。結成される探検隊。広がる不協和音。錯綜する情報。応援する者、煽る者。そしてその志を継ぐものたち。

ある夏の日の、リアルな冒険の記録。※大長編になります。

1: インディー 02/07/22 07:38
かつて、このオカ版に樹海に迷いこんだ一人の男がいた。 

そこで彼は長方体のガラス質でできた建造物を発見した。 

そして、このオカ版にスレを立てたのだが、途中で恐怖に襲われ、消えてしまった。 

さぁ、命知らずの兵どもよ!樹海に向けて出発しようではないか! 

そこで何かが待っているかも知れない・・・ 

冒険者募集中 

※樹海探検のきっかけとなった、樹海の風穴にあるという謎の青いガラス状の構造物のスレ。
【まとめ記事:富士の樹海風穴で奇妙な発見!】



仲間求む!「インディー」と名乗る者が樹海を探検する探検隊を結成すべく、スレをたてた。まずは仲間と必要な装備の情報を集めないとね。

【その1】   【その2】   【その3】   【その4】   【その5】

だいぶ隊員が集まってきた。樹海に入って迷わないようにするため、スズランテープを使ったマーキング方法、野生動物に遭遇した時の対処方法も知っとかないとね。集合場所と時間も決めないとね。決行日の天気予報も押さえておかないとね・・・当日、雨?

【その6】   【その7】   【その8】

リアル事件発生。拉致されて行方不明だった女子大生が樹海で発見され、ニュースでマスコミが樹海に集まっている中、インディー隊長・隊員達がそれぞれの集合地点に向けて出発。隊員2名がドタキャン(集合場所に現れず)するが、無事合流し、初顔合わせでインディー樹海探検隊結成完了、お見送り組もあらわれた。謎の黄色いレインコートの少女、「ホムンクルス・萌」出現。

【その9】   【その10】    【その11】

夜が明けるのを待って、いざ樹海突入。しかし現地組からの情報がなかなか上がらないため、ネタだというものが現れ始める。そんな中、横浜からわざわざ樹海まで見送りにいった、「ジョーンズ」から樹海突入直前のインディー隊の集合写真がUPされ、ネタ疑惑が晴れる。

【その12】   【その13】   【その14】

2回樹海探索したらしい。探索中に2体の白骨死体を発見したらしい。しかし現地からの報告はなかなか上がらぬまま無駄に時は流れ、スレは次第に荒れ始める。そして樹海突入前、黄色いレインコートの少女「ホムンクルス・萌」と、何かトラブルがあったようで口を閉ざす隊員達・・・荒れるROM組・・・解析されるインディー隊長のトリップ・・・。

そんな中、集合場所に現れなかった2名の隊員、集合を1日勘違いしていて、夜の樹海に2人ぼっちで集合、樹海に突入する・・・。

【その15】   【その16】   【その17】   【その18】   【その19】

インディー隊突入から24時間以上経過。インディー隊のレポートがなかなか上がらないことにしびれを切らしたスレROM組が、第2次樹海探検隊の志願者を募り始め、徐々に志願者が集まっていく。

そんな中、「ホムンクルス・萌」との間に起きたトラブル(事件)が徐々に明らかになっていく。差し入れのおにぎりを握って持って、インディー隊の見送りに行ったという「萌」。

ある隊員がおにぎりを落とし・・・捨てた・・・?泣かせた・・・?それだけではない・・・?萌と・・・ヤッた・・・?

【その20】   【その21】   【その22】   【その23】

「ホムンクルス・萌」のおにぎり事件の真相、そしてようやくインディー隊長による樹海探検レポートがUPされる。荒れていた住人は詳細なインディー隊長のレポートに納得し、満足し、第2次樹海探検隊の応援へと移っていく。

【その24】   【その25】   【その26】   【その27】

樹海に突入した第2次樹海探検隊。インディー隊の反省を踏まえ、実況できる通信装置を備えた2次隊。しかしなぜか、真っ暗闇の真夜中に樹海に突入していった・・・。

【その28】   【その29】   【その30】  

各隊の探検レポート。

【その31】

黄色いレインコートの少女、「ホムンクルス・萌」のこと。

【その32(完)】