発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    生活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    煙突


    632: 愛と死の名無しさん 02/12/19 12:55
    祖母が火葬してる時、隣の炉が5ヶ月の赤ちゃんだったんだけど、お母さん半狂乱起こして、炉の前でしゃがみこんで大泣きしていた。 

    死因の原因は、赤ちゃんのお兄ちゃんが寒いからと言って、赤ちゃんの顔に布団を被せたちゃったらしく、そのまま窒息死したらしい。お兄ちゃんは、なんで火葬場に来てるのか分かっていないらしく、火葬場で走り回ってた。 

    その光景をみたらなんだか可哀想で、祖母の火葬どころではなかったです。

    【【荼毘】火葬場にまつわる話【その5(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    煙突


    367: 愛と死の名無しさん 02/11/18 02:10
    25才の旦那が死にました。死後、遺体の近くにずっといて、たびたび顔にキスをしていました。今もあの感触は忘れられません。
     
    死体って全然怖くないのですね。好きな人の死体だからだと思いますが。
    【【荼毘】火葬場にまつわる話【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    煙突


    229: 愛と死の名無しさん 02/08/28 00:19
    父が会社の同僚Aさんから聞いた話。 

    Aさんは父上のご遺体がいよいよ荼毘にふされる時に、父が「灰になるところを この目で見届けたい!」と、火葬場の職員さんにかなり強引にお願いして、カマの裏ののぞき窓から見たところ、ご遺体は裏返ったり立ち上がったり、七転八倒しながら燃えていたとか。 

    Aさん曰く、「スルメを網であぶると、きゅ~っと丸まるやろ。あんな感じでくねくねしとった」そうです。

    おかげで、サキイカ食べるたびにその話を思い出して、プチ鬱です。 
    【【荼毘】火葬場にまつわる話【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    煙突


    94: 愛と死の名無しさん 02/05/16 16:53
    火葬場の釜の名札が、喪主の名前になってた。
    【【荼毘】火葬場にまつわる話【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    煙突


    1: 愛と死の名無しさん 01/12/30 03:38
    謎とか神秘とかない? 

    業界人大歓迎!!
    【【荼毘】火葬場にまつわる話【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    820: おさかなくわえた名無しさん 03/11/25 15:48 ID:fFIs/M8d
    ちょっと広めの、女性専用ペット可アパートに引っ越した知人。 

    引っ越し当日、管理人室住み込みの管理人さん(おばさん)に「うちのコより大きい動物はだめですよ、怖いでしょ?」と言われたらしい。

    もちろん規約等にそんな記載はなし。「うちのコ」はポメラニアン。 

    知人が飼ってたのは普通の雑種日本猫だったけど、ちょっと太らせるとポメラニアン(毛ばかりふわふわで中身少ない)よりは楽勝ででかくなるので困った、と言っていた。 

    それ以外でも、その管理人さんオリジナルルールがいくつかあって怖かったなあ、とそこから引っ越した後に語っていた。 

    ゴミをあさって何を捨てたかのチェックも当然のようにしてて、生ゴミが少ないと料理してないって怒られたりとか。
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    ドアノブ


    735: おさかなくわえた名無しさん 03/11/23 18:39 ID:G+DFrEeG
    リアルできもい状況なんですが・・・。 

    マンションのドアポストに、ガスだとか電気だとかの請求書が、開封された状態で入ってるんです。多分数カ月前から・・・。 

    こんなこともあるのかな? などと最初はのんびり構えていたのですが 、昨日も入っていまして(電気代請求)、なんか気持ち悪いです。
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    601: おさかなくわえた名無しさん 03/11/18 21:53 ID:gWoj7N2d
    学生時代、「○○マンション」って言えば、地元の人誰もが「あー、あそこね」ってわかるマンションに住んでいました(大きな通りに面していて、下に新しくコンビニが出来てた)。 

    ある日、バイト先で一緒だった男の人が(彼はいわゆるヤンキーで、バイト先もすぐやめてしまっていて、ちょっとした知り合い程度の関係)夜いきなり来て、ドアスコープからのぞいたら、後ろに4、5人の知らない男の人達がいたので、何か嫌な予感がして、その場で息を殺していないフリをしてました。 

    でも、部屋の電気もついてたし、テレビもつけてたのでバレバレで、その中の一人に、郵便受けをあけて「いるのわかってるよー、足見えてるしー」言われました。 

    一応知りあいだった男の人もいるし、「バイトの制服をかわりに返して欲しいから来ただけだよー」 と言われて、しかも居留守もばれてるし・・・。

    どうしようどうしようを心の中で繰り返しつつ 、結局無視!!そのうち「またくるしー!ギャハハ」と、彼等は去っていきました。 

    そのあとも怖くて部屋でふるえていたら、他のバイトの男の子から電話があって、「○○が来ても絶対ドアあけたらいかんよ!!」と言われました。
     
    彼等は私の家に来た日の午前中、他のバイトの女の子の家に行って、同じような状況でドアを開けさせ強引に入り、みんなでその子をレ○プしたということでした。
     
    彼女は私より少し彼と親しかったために、ドアを開けてしまったのです。 

    私も、その子も彼に優しく仕事を教えていたのに、まさに恩を仇でかえされました。 

    続く 
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    ドアノブ


    509: おさかなくわえた名無しさん 03/11/17 12:59 ID:rVFeAqKy
    3年前、一人暮らしをしていた時の話。
     
    ベランダ(4階)で洗濯物を干そうとした時、ふと下を見ると、ゴミ捨て場に男性が立っているのが見えた。 

    うちは女性専用マンション、男性の住人はいないはず。隠れて見ていると、その人はそこにあったゴミ袋を開け、中身を確認し始めた。ゴミ袋を全てチェックし、取り出したゴミをいくつか持ってその人は去って行きました。

    そういえば前に、私が出したゴミ袋が開いていた事があったなあ・・・。
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    ドアノブ


    409: おさかなくわえた名無しさん 03/11/15 14:07 ID:yGVBqcPm
    一人暮らしを始めて数ヶ月たった頃、通路に面した玄関扉に、越してきた時には無かったはずの、20センチ程の血の筋が付いているのに気が付いた。 

    あまりそういうことを気にしないタチなので、そのままにしておいたのだが、それからおかしなことが起こるようになってきた。 

    ドアを烈しくたたきつける音(覗き穴を見ても誰も居ない)や、ベッドが30センチ程動かされていたり(大きなベッドで二人掛りじゃないと動かせない)、深夜に突然テレビが全て砂嵐になったり。 

    一番ぞっとしたのは、朝玄関を開けたら、通路に大量のうんこがまきちらしてあったこと。 

    その日は徹夜でずっと起きていたが、人の足音は一切聞こえなかった(通路がマンションの中にあるので、少しの足音でもかなり響く)。 

    当方女。買ったマンションなので、そうそう引っ越せない…。
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    ドアノブ


    308: おさかなくわえた名無しさん 03/11/13 15:58 ID:VZcJs9rA
    ある日、「下に越してきたものです」という人がやってきたので、覗き穴から覗いたら、見える範囲にその人はいなかった。 

    なんか怪しいな・・・と思ったけど一応開けたら、「The ヤクザ」みたいな男が、「今度下に越してきた朝○新聞っすけど」と言いながら、ずいずいと押し入ってきた。 

    すごい怖かったけど、身長が私と同じくらいしかないちっちゃいヤクザだったので(私は155センチ)、無理矢理帰ってもらった。 

    でも怖かった。 
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    ドアノブ


    238: おさかなくわえた名無しさん 03/11/12 22:20 ID:/WiGAJMc
    学生の頃、隣の女性が何かと親切で、面倒みがよかった。 

    少し怪しいかと思ったが、おかずを分けてくれたり、アイロンの掛け方教えてくれたり、自分の姉のような存在に感謝するような日々が続いた。 

    しばらくして朝も顔を合わせることがなく、旅行かな?と思ったら、彼女の両親らしい人が荷造りをしていました。気になったので話しかけてみると、手術中に亡くなったという事だった。言葉を失って力も抜けた。 

    その後分かったことだが、彼女の名前が若くして死亡した私の婆ちゃんの妹と同姓同名だった。
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    ドアノブ


    179: おさかなくわえた名無しさん 03/11/08 21:55 ID:6YGLNC21
    カメムシが・・・カメムシが部屋ん中飛んでるーー!!! 

    だずげで・・・ 
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    68: おさかなくわえた名無しさん 03/11/04 04:35 ID:Q/J+Q4l6
    随分前の話だが、築40年くらいの、古い木造アパートに一人暮らししていた時。 

    ある夜、階段をを駆け上がってくる音がしたと思ったら、「たすけてー!!」という若い女性の叫び声と、うちのドアをガンガン叩く音。なにごと!とびっくりしていたら、他の家のドアも叩いて助けを呼びつづけていた。 

    そしてすぐに知らないおっさんの叫び声で 「殺してやる!!」「キャー!!」 と。

    同じアパートの男の人たちが、彼女を助けに入って事なきを得たけれど、叫んでいたおっさんは包丁を振り回していた。後から警察もきたけど、しばらく怖かった。 

    他にもアル中の住人に戸を蹴破られたり、廊下にホームレスが寝てたり、廊下で野鳥が血まみれで死んでたり。 

    今思えば、よくそんなところに住んでいたものだと思う。
    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドアノブ


    1: おさかなくわえた名無しさん 03/10/28 23:21 ID:wOO860+x
    男性でも女性でも、一人暮らしの家の中でした怖い話を聞かせてください。 

    ちなみに私は、部屋に帰ったらベッドに猫が寝ていました。 

    【【独怖】一人暮らしでした怖い体験【その1】】の続きを読む

    このページのトップヘ