発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    2003年

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    サメ

    21: 名無しさん 03/09/30 08:15
    犬も人を喰うな。
    【【恐怖】人が動物に喰われる事件・事故【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    サメ

    1: 名無しさん 03/09/29 09:07
    人喰い動物の恐怖を語るスレです。 

    鮫・ワニ・クマ・ロバ、その他の人喰い動物の話をしましょう。
    【【恐怖】人が動物に喰われる事件・事故【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    六法全書

    59: 名無しさん 03/07/14 03:44
    学生時代の話。 

    居酒屋の閉まる時間まで飲んで、まだ騒ぎ足りないってことで、24時間営業のカラオケボックスへ場所を移して宴会を続行。 

    そこで空いたビールのジョッキに尿を注ぎ、後輩に奨めるオレら。前日の夕方から12時間近く飲んでるので、弱いやつは意識モーローで飲んじゃうんだわ。多少の違和感は感じるみたいだけど。

    さすがに一回引っかかったヤツは二回目からは警戒するんだけど、中には「もう、なんでもイイッスわー」とか言って平気で飲むツワモノもいた。 

    単なるバカ話なんだけど、このスレの趣旨には合ってるとおもうんだが、どうか? 
    【【合法】法に触れない、犯罪にはならない悪事を懺悔【その2(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    六法全書

    1: 名無しさん 03/07/11 18:32
    刑法には引っかからない、特別法もOKだ。

    でも人として許されない、人に話したら多分引かれる、そんな隠してる悪事(完了形でも現在進行形でも可)をそっと晒してください。 


    「お前、それでも人間かよ!」 

    そう言いたくなるような悪事報告待ってます! 

    関連スレ(実行に移してないバージョン)
    まとめ記事:本当は死ねって思ってる パート1】 
    まとめ記事:本当は死ねって思ってる パート2】 
    まとめ記事:本当は死ねって思ってる パート3 
    【【合法】法に触れない、犯罪にはならない悪事を懺悔【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    学校青空

    434: 名無しさん 04/03/04 11:18
    俺の友人の話。 

    小学校の頃、友人Hはクラスの人気者だったが、好き嫌いが激しかった。給食なんてほとんど食ってなかった。

    3年生になり先生が変わり、Hはいよいよやばくなった。新しい先生が、給食全部食べなきゃ昼休みは抜きと言い始めたからだ。Hはいっつも昼休み中給食と格闘していた。 

    そんな中、一ヶ月くらいしたある日の給食の時間中、Hの隣の女の子Aが、Hの給食を無言で食べ始めた。Aは休み時間いっつも読書して、地味で友達も少なく、目立たない子だった。 

    そんな彼らの結婚式の招待状が昨日届きました・・・って珍事じゃないですね。 
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート14【その5(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    学校青空

    344: 名無しさん 04/02/22 16:58 
    とても熱い夏の日、部活が終わって喉がカラカラだった俺は、ウォータークーラーの水を飲もうとした。

    ところが、ウォータークーラーは故障していて、遠くのもう1台は剣道部、バレー部、テニス部が使っていてものすごい行列を作っており、他の運動部のやつらはほとんど並べなかった。水筒も既にカラだった俺たちは嘆いた。ああ、家帰るまで水分無しか。

    すると、スーパーの袋を両手に抱えたオッサンがやってきた。教頭先生だった。

    その袋には麦茶のペットボトルが6つか7つほど入っており、その場にいた水の飲めない生徒達にお茶を配ってくれた。

    麦茶は冷たくて生き返るようなうまさだった。 サッカー部や陸上部の人達もお茶をもらっていた。結局教頭は3日間もお茶を持ってきてくれた。 

    皆楽しそうに教頭を囲んでお茶を飲んでしゃべっている様子は、今も俺の大切な思い出。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート14【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    学校青空

    223: 名無しさん 04/01/24 21:07
    中学の時、女子を見つけては「問題!一個、十個、百個、千個の次は?」 と迫っているバカがいた。 

    しばらくすると職員室に呼び出されていたな。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート14【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    学校青空

    129: 名無しさん 04/01/06 20:31
    中学生の頃、ニュースではオウム真理教の報道が盛んにされていた頃のこと。
     
    クラスに松本君という、ちょっとひょうきんな子がいた。ある日、荷物を両手いっぱいに持った松本君が、ガラスでできたドアをお尻で思い切り押して閉めた。

    そうしたら、ものの見事にガラスが割れてしまった。パニックになる松本君と周りの人たち。 

    そしてそのなかで至って冷静に響いた声。 

    「松本パリン事件だな」
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート14【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    学校青空

    1: 名無しさん 03/12/19 20:58 
    誰もが経験した学生時代。世代を超えてマターリと語り合いましょう。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート14【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    学校椅子

    885:名無しさん 03/12/08 00:22 
    高校の時、すんげえ仲悪いKがいた。
     
    クラスは一緒じゃなかったけど、理科の班が全部一緒で、実験の時は喧嘩ばっかだった。実験はKと俺含め男子3人の計4人でやってたんだが、Kは笑顔がかわいく結構腹黒いので、俺は毎回省かれていた。
     
    化学の実験で何か危ない薬品を熱してる時、Kはその試験管の先をを俺の方向へ向けていた。別にさすがにそこまでしないだろうと思い、危ないと言ってバカにされるのもしゃくなので、そのままでいた。 

    もちろん沸騰した液体は服にかかり、やけどした俺。
    明らかにわざとなのがわかったが、かわいいKを見ると何も言えなかった。今でも跡は残っている。やけどの跡をて、今にも泣きそうになる。
     
    まぁそれがきっかけで仲良くなるんだが、彼女は現役、俺は浪人それで離れてしまった。携帯の番号は知ってるけど、元気でやってるのかなぁ。 

    おまえがやったやけどの跡が恥ずかしく、合コンにも行かず童貞で、てゆうかいまだにおまえが好きだと言って付き合いたい。 
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート13【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    学校椅子

    814:名無しさん 03/11/24 23:36 
    小学校の時の林間学校で、お風呂の時間になったんだよね。 

    そんでみんな体を洗ってどばどばと湯船に浸かって、がやがや雑談をしている。そんな中、急に「うわあああああ」という悲鳴が風呂の中を駆け巡った。 

    一瞬皆が固まった。なぜならウンコがプカプカと湯に浮いていたからだ。あわてて一人が先生に知らせる、そして駆けつける。そこで先生は勇気ある行動に出た。 

    島のように悠々と浮いてる巨大なウンコを素手で掴み取ったのだ。 

    そして言いましたよ。 

    「ああ、これ偽物だよ」 

    名言ですねこれは。お前な、そんなリアルなウンコの偽物を風呂に持ってくる奴がどこにいるのかと。

    これが俺の風呂での恐怖体験でした。 
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート13【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    学校椅子

    710:名無しさん 03/11/05 05:11 
    友人O宅へ数人で遊びに行った時。 

    ファミコンで遊んでいたのだが、MとOがトイレへと立った。そこへ「ちょっと通りますよ」と、Oの姉たちが隣の部屋へと入った。

    隣の部屋との境の障子を閉めたのだが、穴が開いていて、丁度俺達の位置から鏡を介して覗けるような位置になっていた。 

    Tが興奮した声でささやく。「おい、鏡見ろ、鏡!」なんと鏡には下着姿のOの姉の姿が。障子の小さな穴なので視界は悪いのだが、ウホッ!いい眺め!

    そこへMとOが帰ってきた。俺達の様子を見てエロいことを行っていると看破したM。奴はエロに対して非常に鼻が利く。 

    Oに心の中で謝りながら「そこに座るといいものが見える」と伝えると、「お前らはもう見ただろ、場所変われ!」と、興奮しながら俺達を押しのけるM。そして興奮したMは、障子の穴から直接見ようとする。 
    そして・・・(ここから下は小声)。 

    「ゴルァ、ウソ言ってんじゃねぇ!」 
    「何がだよ」 

    「Oの姉貴の姿が見られるって言ったじゃねぇか!」 
    「そうだけど」 

    「ふざけんな、お前ら目がおかしいのか!?ありゃOのばあちゃんじゃねぇか!」 
    「なんだってー!!」 

    「しぼんだXカップを見ちまったんだよ!」 

    だがもっとも驚いたのは、その後のOの発言である。 

    「お前らよく見つけたな。誰にも気付かれなかったのに・・・」 
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート13【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    学校椅子

    629:名無しさん 03/10/26 21:02 
    友人Kの家に宿泊した日の朝、俺達は早めに起きて談笑していた。 

    そこへKの親父が起きてきた。
     
    「おはようございます」 
    「おお、おはよう。皆良く寝れた?」 
    「はい」 

    等のような会話を交わす。 

    そしてKの親父が冷蔵庫の方へ歩いていった時、叫び声が響いた。 

    「グァ!!」 

    Kの親父、タンスの角に小指をぶつけて悶絶。痛みをこらえるため、足を上下に振り出した。 それだけならまだしも、足に連動して両手も上下に動き出す。 

    これは笑うなというのが無理である。だがKの親父の不幸、笑うわけにもいかない。俺達は布団を頭からかぶり、ピクピクと震えていた。 

    その後、Kに聞くとその日の夕食は外食にする予定だったそうだが、Kの親父はふて寝してしまい、お流れとなったそうだ。

    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート13【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    学校椅子

    540:名無しさん 03/10/16 00:38 
    小学校の頃、俺は近所の水泳教室へ通っていた。 

    プ―ルサイドにて順番を待っていた時、「ウボェェェェ!」 と異常な音が室内プール内に響く。隣の列のMが調子が悪かったのか、リバースしたのだ。 

    だが真に悲惨なのはその前にいたOである。密着して順番待ちをしていたために・・・しかもリバースをしたものMは長身である・・・変身したOの姿は今でも記憶に残っている。 

    Mは直前に大量のラーメンを食べたらしく、リバースされたブツのほとんどは麺であった。Oのその姿は脱色、脱毛症となったムックのようであった。 

    ベチャ!ベチャ!・・・その姿で泣きながらプールサイドを走って逃げていくO。慌てて後を追うコーチ。プールサイドにはOの足跡が残ったのであった。 

    その後、Oは水泳教室を去った。Mは通い続けたが、Mのいる列は常に過疎状態であった。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート13【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    学校椅子

    442:名無しさん 03/10/05 00:22 
    高2になる時にクラス変えがあったので、クラスのお気にのYに告白、玉砕。 

    で高2になって、Yとクラスは離れたけど講座が一緒になり、1日に2時間~3時間は一緒の授業だった。で、その時に結構美人な子Kと同じ班に。

    別にその時はどうでもよかったけど、実験の時とかでたまに話すけど、俺はどうもその班では不器用で通ってたのでハブかれてたし、実験でハブかれてるわけだから、当然Kからの視線は冷たい。
    その時俺はYに夢中で、どうでもよかった。しかし転機は訪れた。

    11月修学旅行の時、Kたちが俺らの部屋に遊びにくることに。俺は当時Kとあまり仲が良くなかったので、他の友達の部屋に行って遊ぶのをさけた。 

    すると、とても騒いでいたKたちと俺の友達たちが酒のんで遊んでることがばれ、ピンチに。先生がずっと部屋の外で見張ってるので、Kたち女子は部屋に帰れない。 そこで俺がその見張ってる先生に「具合が悪いんでちょっと・・・」と。 

    これによりその時はなんとか切り抜け、次の日も先生は何も俺たちに言わなかった。 

    つづく。 【【学校あるある】学生時代の珍事 パート13【その5】】の続きを読む

    このページのトップヘ