発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    377: 名無しさん 01/09/19 07:59
    自分は結構霊感とかあって、それを友人に自慢したりもしていました。 

    しかし一年ほど前、結構嫌な事が起こったのです。 

    深夜の山道を一人でドライブ中の事です。 いきなり車が故障してしまいJ、AF呼ぶのもバカらしいと、歩いて山を下ることにしました。結構歩いて、やっと町が見えてきて、歩道橋を渡ろうとした時、異変に気付きました。 

    歩道橋の欄干(と、呼ぶのでしょうか?)に、びっしりと火の付いた蝋燭が立っているのです。そして歩道橋の真ん中には、一人の老婆が立っています。 その老婆はこちらを見て「ニヤリ」と笑うと、いきなり欄干から身を乗り出し、落ちていきました。 

    飛び降り自殺!? 道路を見るとグチャグチャの死体が……ありませんでした。 

    そして視線を戻すと、そこにはまたさっきの老婆が居ます。 

    ……何が起こってるんだ? 

    また飛び降りる老婆、そしてすぐまた飛び降りる。 

    ……何回同じ人の飛び降り自殺を見たでしょうか?神経が参っていたんでしょうね。その飛び降り続ける老婆の横を通り過ぎて帰りました。 

    これは霊能力を遊びで使っていた罰だと思いました。この事が起こってからすぐ後に、お払いを受けて霊能力を封印して貰いました。 

    でもまた戻ってきてるんですよ、霊能力が………。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その7(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    ほんのり


    343: 名無しさん 01/09/11 10:47
    夜トイレに行こうと真っ暗な廊下を歩いていたら、「むにゅっ」と何かを踏んづけた。
     
    明かりをつけて見て見ると、潰れたなめくじが・・・白い靴下が薄紫の体液で汚れてた。
     
    ほんのりと怖かった。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    ほんのり


    298: 恐怖の・・ 01/09/05 03:13 ID:9lRF9MTs
    私の住んでいるマンションの近くの公園で、今年に入って殺人事件がありました。

    いつも子供と遊びに行っていた公園だったので、私自信こんな近くで殺人事件が起こるなんて・・・と、ショックでその公園に遊びに行かなくなっていました。 

    ある日、私は仕事が休みだった事もあって別の公園に遊びに行きましたが、その日その公園は綺麗に整備するために、入り口にロープを貼って入れなくなっていたため、仕方なく買い物をして帰ろうと思っていました。

    しかし子供にブランコに乗りたいとせがまれ、気持ちは行きたくなかったけれど、いつも行っていた公園へ行きました。 

    殺人事件が起きてから約2ヶ月、良く遊びに行っていた時とそれほど人が減った様子もなく、子供達や親も楽しそうに遊んでいたので、私も気を取り直して公園内に入り、親達の輪に入って楽しい時間を過ごしていました。

    大体子供を2時間ほど遊ばせ、事件の事もすっかり忘れていた時です。一緒に話をしていたお母さんの1人が、じっと一点を見つめているのに気が付きました。 

    「どうしたの?」 と私は彼女が見つめている先を見ると、浮浪者らしき男の人が、ジッと植木の下に座り込んでいるのが見えました。 

    「やぁ~ねぇ~。なんか気持ち悪い・・・・・」 と言ったらその男の人に聞こえたのか、私達はその男の人と目が合いました。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    ほんのり


    227: 名無しさん 01/08/30 06:29 ID:4gCbETiM
    小4のK君が、お母さんと一緒に買い物に行って帰る途中、通りがかったマンションの1階のベランダに、同い年ぐらいのかわいい女の子が、組んだ腕をベランダの縁に乗せて、その上に顎を乗せてぼんやり外を見ていた。

    その子がK君が見てるのに気づき、笑顔を作った。K君も笑って返した。 

    その時、女の子が組んだ腕をものすごい速さで揺らしながら、腕と頭だけになって向かってきた。怯えるKと母親に向かって、その女の子はこう叫んだ! 

    「はー ゲしーく が いーシゅーーつゥウウ…ウ!!」
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    161: 名無しさん 2001/08/21 01:02
    先日、団地のそばを歩いていたら、黒猫が歩いていた。 

    僕は猫好きなので「猫だー」と近づいていくと、何か変。10メートルほどの距離まで近づいてよく見てみると、その猫に全く厚みがないのに気が付いた。 

    例えて言うなら、というかまさにそのものなんだけど、黒ラシャ紙で作った切り絵状の猫が歩いていたのだ。猫が向きを変えると、一気に平たくなる。 

    「あ、やばいな」と思ったので無視して通り過ぎると、ペラペラの黒猫が路地の方に歩いてゆくのが横目に見えた。 

    そのようなものも密かに住んでいるのだな、と思った夏の日。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    ほんのり


    83: 名無しさん 2001/08/15 20:58
    病院の外来受付をやっていた時の話。 

    ある日、おばあちゃんがやってきて、「あんのぉ~、これ~~~」 と、懐から取り出したのは貝。アサリかハマグリだったと思う。とにかく二枚貝。 

    「何だろう?」と思って受け取り、開けてみるとウンコが入っていた。 

    検便の入れ物をなくしてしまったので、貝を使ったとのこと。びびった。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ほんのり


    1: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/08/13(月) 10:10
    「シャレにならない」ほどではないけど、なんかちょっと怖い話3スレ目。 

    実体験に基づく話が多く、意外とシャレにならないより怖い話もあったり・・・。 

    他スレガイシュツOK、都市伝説OK、何でもOK!

    パート1 
    まとめ記事:ほんのりと怖い話

    パート2 
    まとめ記事:ほんのりと怖い話 パート2
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート3【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    799: 名無しさん 02/04/29 15:04
    「太平けっさく童話」の「あくまびんニココーラ」をご存じの方いませんか?

    最終ページの「 おねがい このものがたりを読んだ人は、 びんのひみつを、だれにもぜったいにいわないでください」を守って、未だに話題にしたことがありません。

    おねがい守って早20年… 私の中で後味の悪い童話、堂々一位です。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その15(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    816: 名無しさん 02/04/30 06:13
    子供のいない主婦Aは、退屈な生活を送っていた。

    旦那は公務員で、経済的にも不安のない生活を送っていた。 

    しかし旦那は冷酷で独占欲が強く、毎日何度も決まった時間に電話をかけて、妻がちゃんと家にいるか確認してくるので、Aは決まった時間に買い物や散歩に行き、旦那から電話がかかってくる時間にはちゃんと家にいて、電話に出るのであった。 

    そんな旦那にもいい所はあった。誕生日には必ずプレゼントを買ってきてくれた。

    昨年は赤いセーターを貰った。Aは本心ではあまり嬉しくなかったが、旦那の前なのでそれを嬉しがり、その場で着て見せた。旦那は満足そうに頷き、来年も楽しみに、と言った。

    そして今年の誕生日、旦那は何故かイグアナのぬいぐるみをプレゼントとして送ってきた。妻はやはり不満だったが、旦那の手前ありがとうと言った。その不気味なぬいぐるみを、妻は物置の中にしまった。 

    そして数日が経ったAは、まったく刺激のない生活に絶望していた。離婚したいが、旦那に言ったら何をされるかと思うと、それだけで離婚を諦めていた。

    そしてAは、いつものように近所の公園を散歩していたが、そこには一匹の捨て犬がいた。その犬を両手で抱きかかえると、Aはその犬を自分で飼う事にした。

    その犬にシロとなずけた。旦那にばれないように(旦那は冷酷な性格で動物が嫌い)夜は物置に入れ朝、旦那が出かけたら犬を部屋入れて遊んだり、散歩に行ったりした。 

    Aはこの捨て犬を拾ってきたことを大いに喜び、退屈で窮屈な日々から救ってくれることを犬に感謝した。そして3ヶ月が経ち、旦那にもばれず生活していた。 

    ある日、シロの散歩をしていたら時が経つのも忘れてしまい、つい一時間ほど家に帰るのが遅くなってしまった。もうこの時間だと、旦那が家に帰ってきているかもしれない。 

    Aは急いで家に帰ったが、家には電気がついていた。

    このまま家に帰ったら旦那にばれてしまう。でもAは決断した。シロのことをすべて言おう。シロがいれば何だってできる・・。

    Aは堂々と、家のリビングに入って言った。

    旦那「おまえ、こんな時間まで何してた?」
    A  「この子の散歩をしてたの」
    旦那「この子の散歩?」 
    A  「そう、シロって言うの・・・飼う事にしたから」
    旦那「ふざけるな!」  

    旦那はシロを奪い取り、シロの首をへし折ってしまい、床に叩きつけ殺してしまった。 

    「ヤメテ―!殺さないで!」そう言うと、Aは台所にある包丁を取り出し、旦那を何度も刺し殺してしまった。 

    刑事A「ひどい事件ですよ。何度も何度も刺していましたし、それに犬の死骸なんてどこにもなかったんですから」 

    刑事B「そうだな・・・それより女の取調べの方はどうなってる?」 

    刑事A「あの女、頭、完全にイカレていますよ シロ・・シロ・・シロってこればっかりです。首のへし折れたイグアナのぬいぐるみを抱きしめながらね・・・・」 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その14】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    832: 名無しさん 02/04/30 18:13
    小学校に入学した時、隣の席は「こうちゃん」という男の子だった。 

    私は遠隔地の幼稚園に通っていたため、小学校の敷地内にある幼稚園に通っていた他の皆となかなかなじめず、よくめそめそしていた。 

    こうちゃんはちょっと乱暴なところがあり、口調もヘンにませていたので、クラスでは微妙に嫌われていたが、私にはよくしてくれたので助かっていた。 

    ある日、皆で鬼ごっこをしてる時、こうちゃんがいつものように鬼役をやっていて私を追いかけ(今思うと、好意から)、私は校庭の裏山から転げ落ちてしまった。で、なぜかそこにあった犬の糞をべっとりつけてしまった。 

    クラスの皆が「くせー」と大爆笑で逃げ回る中、パニックで泣き叫ぶ私を黙って水道まで連れて、犬糞を素手で丁寧に洗い、自分の服で拭いてくれ、家まで送ってくれた。 

    自宅にいた母が、びっしょり濡れて、泣き腫らした顔で帰った私を見て驚いた。甘える気持と服を汚して怒られるという不安とで、私はまた泣いた。 

    こうちゃんが「おばちゃん、まきちゃんは悪くねんだ」と言う。母はこうちゃんが意地悪をしたのかと勘違いし、険しい顔でこうちゃんを追い返してしまった。

    真冬に濡れた私は熱を出し、2日学校を休み、登校すると隣の席が変わっていた。 

    休んでいる間に、「センセー、昨日こうちゃんがまきちゃんにうんこつけましたー」 「ずーっとまきちゃんをおっかけて、まきちゃんを山から落としましたー」みたいになったらしい。 

    休み時間に、遠い席からこうちゃんに「もう、だいじょぶなのけー?」と言われた。 クラスの皆は「あー、こうちゃん、まきちゃんと一週間口きいちゃだめなんでしょうよー。昨日センセーにそう言われたっぺよう」と言う。 

    よそよそしかった皆に「まきちゃん、これから一緒にあそぼ」「かわいそだったな」と口々に言われ、私は何も説明できなくなってしまった。 
    (続) 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その13】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その11】
    後味悪い


    748: 名無しさん 02/04/28 09:02
    高3の時、クラスにHさんという、とにかく勉強の出来る子がいた。 

    太っていてブスだったけど、うちのクラスは特にイジメをする雰囲気じゃなかったし、テスト前なんかはノートを借りに「Hさ~んノート貸して」とか「Hさ~ん、ヤマはってよ」とか、ある意味いい感じでクラスに溶け込んでいた。

    と思ってた。 

    続く
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その12】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その10】
    後味悪い


    671: 名無しさん 02/04/24 19:55
    「妖怪人間ベム」
     
    結局、最後に人間になれたの?
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その11】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    後味悪い


    608: 名無しさん 02/04/20 15:18
    ある金持ちの男が殺し屋に拉致られ、殺されそうになる。

    しかし、彼には人から恨まれるような覚えは無い。それどころか、彼はたくさんの慈善団体に多額の寄付を施すような善人だった。 

    「教えてくれ、何故、私が殺されなければならないんだ」 

    すると殺し屋は静かに言った。 

    「貴方は、自分が死んだら、遺産は慈善団体に寄付することにしてるでしょう? 貴方が死ぬと、たくさんの人が助かるのですよ」 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    後味悪い


    579: 名無しさん 02/04/16 05:48
    仕事で出かけていた親が家に帰った。
     
    帰ると子供(小学校低学年)が自殺していた。 

    テーブルの上には遺書らしきものが置かれていた。 

    それには、「じゅうたんをよごしてごめんなさい」 と書かれていた。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    後味悪い


    503: 名無しさん 02/04/01 04:11
    ETVで昔やってた「パンを踏んだ娘」。 

    「♪パンを踏んだ娘 パンを踏んだ娘~」

    バックに流れる歌ともに、娘がパンを踏んだ恰好のまま、底無し沼に沈んでいく描写はショックでした。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その8】】の続きを読む

    このページのトップヘ