発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    2005年

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    本

    391: 名無しさん 05/02/25 14:38:45 ID:CLv9+J8O0
    俺が住んでる田舎に一軒のラブホがあり、営業開始された時は、新しいので周りの友達も結構利用してました。 

    まだ行ったことのない俺は、友達から2、3の噂話を聞いていたのですが、「個室までの廊下を歩いていたら白い和服の女が歩いていた」とか、「その建物の裏道で女の幽霊が出る」とかの噂話を聞いていました。 

    余談ですが、俺は子供の頃から「ラップ音」らしい経験は幾度か経験してたけど、音や気配を感じても、俗に言う霊感が強い訳ではないです。 

    で、俺も彼女とそこに泊まりに行くことになって「じゃあ、今日はここで泊まって行くか」と言う話に…。
    【【伝】身近な人から聞いた怖い話・不思議な話【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    本

    233: 名無しさん 05/02/15 10:36:31 ID:pGrAzW7S0
    ウチのママンの実体験。 

    19歳の頃、原因不明の高熱を出し、寝込んでいたそうです。 

    気がつくと、天井の色がお寺の天井のように華やかな飾りや彫り物がしてあって、お布団の中から「きれいだな」と思ってぼんやりしていると、角の天井板がはずれて、死んだはずの母のおじいちゃんが見ろしてたそうです。 

    「○子(母の名)、おいで」って、ニコニコ手招きするんだって。 

    おじいちゃんっ子だった母は、純粋にうれしくて行こうと思うんだけど、体が動かなくて、もじもじしていると、おじいちゃんは、「そうかい、行かないのかい…」と、寂しそうに天井板を閉めて去っていたそうです。

    なんとなく気になった母は、翌日祖母にその話をしたら、祖母は顔色を変えて、「いい?今度手招きされても、絶対に行くじゃないよ!」って、ものすごいい形相で言われてしまって、怖いくらいだったみたい。 

    それっきり、母のところにおじいちゃんがあられることはなかったんですが、後日、20歳になった際に、祖母が母に話してくれたそうです。 

    母が生まれた時に、占い師さんに見てもらったそうです。そしたら、「残念ですがこの子は20までは生きられないでしょう。それまで、大事に育ててあげてください」 と言われていたそうで、過保護すぎるくらいな育て方をされたそうです。

    今となってはピンピンしてますが、もしあの時一緒に行っていたら、私は今ここにはいないんだなーと思ってしまいました。 

    ちょっと不思議な話しでした。
    【【伝】身近な人から聞いた怖い話・不思議な話【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    173: 名無しさん 05/02/10 22:02:09 ID:tfoQ0Fb00
    先輩から聞いた話。 

    その先輩は悪い意味ではなくて、結構色々遊びに行く人です。繁華街で、とかだけじゃなくて山行ったりサッカーしたりとかする感じで。で、その人が山に行った時の話。 

    その山は決して「鬱蒼とした木々が陽光を遮る」様なものでもなく、見通しの良い、なんて事の無い山だった。さりとて、日が落ちはじめると地上よりも暗くなる。

    そんな夕刻、山をおりる彼等は道の都合上、一旦坂を上がる形になった。それは、頂上へ向う道と下界へ降りる道が分れている辻である。その辻を下界側にまわる時、頂上から何かが来るのが見えた。 

    なんだろう?結構な速さだ。しかし、車?いや、まさか。

    大分に暗くなっていた山の中では判然としない何かは、頂上側から下界に向って、道を辿って降りてくる。やはり、かなり速い。

    ……車以外に何があるだろう?……それにしてもこの場所で、車をそんなにはしらせれるものか? 

    その何かは、次第に彼等の方に近付いてくるが未だになんだか分からない。かなり大きい。どんどん近付いてくる。どんどん……まだ何か分からない。単に黒い何かの様に見える。
     
    大分近くまで来た……わからない。ただ、速くてでかい何かが……何か?……「あ。」 

    彼等は急いで下界に向って走った。それは、本当に「真っ黒い何かの塊」が物凄いスピードで山を降りて言っていたのだ。 

    結局、その塊が何かとか、どうやって逃げ切ったのかとかは教えてくれませんでした。  
    【【伝】身近な人から聞いた怖い話・不思議な話【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    本

    51: 名無しさん 05/01/29 03:56:19 ID:rY7vgQPw0
    兄から聞いた話。 

    兄が9歳の時、俺を産むため母が入院した。夏休み中だった兄は、田舎の祖父母の家に預けられた。

    ある日、朝から祖父と川に鮎を採りに行く筈だったが、前日の晩に熱が出た。朝には熱は下がったが、当日は祖父1人で川へ鮎採りに行った。 

    祖母は畑仕事に出掛け、家には兄1人。祖父母の家は平屋でかなり広い。兄は暇潰しに家の中を探検する事にした。 

    障子を開けて、一つ一つ部屋を覗いて行き、1番奥の部屋を覗くと其処は仏間だった。兄は暫く仏壇の前に座り木魚を叩いたりしていたが、飽きたので部屋を出ようと振り返った。
    【【伝】身近な人から聞いた怖い話・不思議な話【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本

    1: 名無しさん 05/01/11 19:13:16 ID:Ft3KSmj/
    身内の人や、身近な人から聞いた怖い話や不思議な話、体験談、言い伝え、伝説、御呪いなどを語ってゆくスレです。 
    【【伝】身近な人から聞いた怖い話・不思議な話【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    小5の時コンセントに爪楊枝差し込んで火花でた、でも感電しなかった。
    【【時々ビリビリ動画】感電したことある?【その4(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    885: 本当にあった怖い名無し 05/01/29 10:41:17 ID:gT31QOq60
    部屋を掃除する夢を見た。起きたら汚いままだった。
    【【アストラル界はある?!】夢の中での集合無意識について【その9(完)】】の続きを読む

    このページのトップヘ