発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    事故動画

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    香川県土庄町で、中学の同級生7人でウェークボードをしていたところボードに乗っていた人が転倒、助けようとした船は左に舵を切った。すると船尾の右の船べりに腰掛けていた男性が海に転落、男性はスクリューに巻き込まれ、搬送先の病院で死亡が確認された…なお、船の操縦者は無免許の消防士…。

    ギュルぎゃ!ギュルぐぉ!ニチョうバシャバシャ…!…うわぁぁ…おそらくスクリューに刻まれた被害者を引き上げて陸で救急隊に引き渡したのだろうけど…それを考えると加害者も被害者も船を貸した人も乗っていた友達も、全員が悲惨…。

    「お前消防士だろ!?こういう時どうするんだよ!?」
    「わ…わ…あ…」

    …(´・ω・`)…。

    まとめ:悲惨な死に方  パート6


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1985年(昭和60年)8月12日、東京(羽田)発大阪(伊丹)の日本航空123便が群馬県御巣鷹の尾根に墜落してから33年…当時の救出活動の映像…乗員乗客合わせて524名中520名が死亡、生存者はわずか4名…。

    当時はヘリに収容するガイドロープとかハーネスとかなかったのか、くるくる回って収容される救助用担架と要救助者に負担をかけるような救助姿勢…520名のご冥福と空の安全をお祈り申し上げます…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    事故回避不可能な気もするけど、バイクの人スピード出しすぎなんだな…薄着でバイク乗りたくなる季節だけど、万が一の場合の装備は万全に…(´・ω・`)…。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    トラクターと四駆が衝突してトラクターが川に落ちちゃった!事故を見ていたやじ馬にパトカーが突っ込んじゃった!みんなを救助しなきゃ!

    小さいころミニカーぶつけて事故ごっこやったことあるはず…とことん追求するとこうなっちゃうのね…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカ・ボストン郊外のウースターで、60年前に作られた水道管から水が漏れだし、街のいたるところが水浸しに…ピックアップトラックだし、これくらいの水たまり渡れると思っちゃうよね…まさか陥没してるとは…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    小田原市の国道135号で、7月28日の台風12号による高波に襲われ、大破した車のドライブレコーダーが復元され、映像が公開される…警察官との会話が生々しい…。

    警察官「今救急車がもう沈没…俺もこうなっちゃってるんで…」
    撮影者「マァジっすか!?」
    警察官「死んじゃいますから、転回してください」
    撮影者「はいわかりました」

    警察官「オーライ!オーラーイ!はいストップー!右に切ってー!全開右に切ってー!ゆっくり…ゆっくり…はいストップ!」

    高波「ドッゴーーーン!!!ドッゴーーーン!!!」

    当時のニュースの一報では、この警察官が高波に流されて行方不明となっていましたが、自力で高台に避難していて無事が確認されました…きっとこの時に流されたんだな…。

    台風の時に海沿いの道を走るのは危険だな…さて、田んぼの様子でも見に行ってくるか…(´・ω・`)…。


    【お得なクーポン!8/9 1:59まで】ドライブレコーダー 2カメラ YKN-DR300 【ラッキーシール対象】 今だけドラレコ ステッカーをプレゼント W録画 WDR パーキングモニター FullHD Gセンサー【コンビニ受取対応商品】【】
    ドライブレコーダー 2カメラ YKN-DR300  今だけドラレコ ステッカーをプレゼント W録画 WDR パーキングモニター FullHD Gセンサー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    乗っていた韓国軍海兵隊隊員6人のうち5人が死亡…ヘリコプターは韓国で開発した機種で、事故当時テスト飛行中だったとのこと…飛行中にローターが丸ごと取れちゃうなんて…ネジをちゃんと締めていなかったんじゃないかな…(´・ω・`)…。

    韓国のヘリコプター

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中国、北京市で充電中の電動キックスケーターから白煙が上がり爆発、その瞬間の映像…電動キックスケーターの異常が発生してから爆発するまでが速すぎる…幸い親子もワンちゃんも無事だそう…避難が早くてよかった…。

    なお、電動キックスケータは買ってから1週間しかたってないとのこと…中国ではよくあること…(´・ω・`)…なのか?

    電動滑板車大爆炸
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    北海道日高町の国道274号を走行していた車がヒグマと衝突…その瞬間のドライブレコーダー映像…ヒグマさん黒い毛皮着てるから発見が遅れ、急制動するも間に合わず、乗ってる人の悲鳴と共にヒグマに激突…40~50km/hぐらいは出ていたでしょうか…。

    …さすがヒグマだ、なんともないぜ…(`・ω・´)…!



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    インドでピクニックに向かうバスが崖から転落し、300m下の谷底に転落、33人が死亡…転落するバスから一人が飛び降り、崖を上って通報したそう…。

    インドでは毎年11万人以上が交通事故で亡くなっているそう…事故原因は車両の老朽化、乱暴な運転によるものがほとんど…。

    これは群馬県桐生市、栃木県那須塩原市、静岡県掛川市、埼玉県加須市、岐阜県多治見市等、石川県小松市などの地方都市の人口が毎年丸ごといなくなるレベルの死者数…。

    日本での平成29年中の交通事故による死者数は3694人…インドの人口は13億2400万人と日本のほぼ10倍なので、人口割合における交通事故死を日本に換算すると1.1万人…。

    でも日本でも人口1億人ちょっとしかいない1970年代のピーク時には交通事故死者数1万7千人いたから、そのころよりはマシなのかもね…皆様もどうぞ安全運転を…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ホームと電車の間に挟まれてぐるんぐるん…何でそんな直前に電車の前に出ちゃうかな…絶対間に合わないタイミングじゃん…そんなにこの電車に乗りたかったのかな…歩いている人嫌な予感がして遠ざかってるじゃん…(´・ω・`)…。




      このエントリーをはてなブックマークに追加

    横浜横須賀道路で70歳のおじいちゃんが運転する車が10キロ以上逆走し、最後はワンボックスと正面衝突して逮捕されたおじいちゃん…認知症だった…。

    刑法第39条1項:心神喪失者の行為は、罰しない。
    刑法第39条2項:心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

    これを認知症の人に当てはめてるのかはわからないけど、そもそもこの刑法の条文からして根本的な問題を解決できないような…被害者は泣き寝入りしとけってことだし…。

    2016年10月に横浜市で88歳のおじいちゃんが運転する軽トラックが集団登校の児童の列に突っ込み小学1年の男の子が亡くなった事故も認知症で責任能力問えず不起訴、このおじいちゃんは24時間以上に渡り軽トラで徘徊していた。

    今年の1月9日に、85歳のおじいちゃんが逆走して自転車通学中の女子高生2人を跳ね飛ばし、1人が亡くなった群馬の事故でもおじいちゃんは「気がついたら事故を起こしていた」などと供述…。

    今回は人を殺めることが無くてほんと良かったねとしか言いようがない…高齢者が未来ある若者の命を奪うなんて悲しすぎるし、理不尽すぎる…。

    認知症の人から行政が正規の手続き経て免許取り上げても、こういう人は無免許で運転しちゃうんだろうなあ…何とかならないものか…(´・ω・`)…。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    横浜横須賀道路で70歳が運転する車が10キロ以上逆走、最後はワンボックスと正面衝突して止まるところを撮影したドライブレコーダー映像…。

    反対車線を走っているのに並走した感じになってる…逆走車は走行車線を走っているつもりなのに、実際は追い越し車線を逆走してるってのが怖いね…追い越しかけてスピード出したところに逆走してくる車が来たら…相対速度は200km/hになっちゃう…。

    ガードレールにがんがん当たってるのに何で車を止めないかな…しかも結構スピード出てるし…逆走に気づいた時点で車を停めて、ハザード発煙筒などしかるべき処置をして通報すればこんなことにならなかったのにね、おじいちゃん…(´・ω・`)…。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「横向かして!1、2、3、4、5!1、2、3、4、5!誰か代われる!?」

    富山市の海水浴場で22日、お酒を飲んで海に入っていた男性が海に沈んでいるのが発見され、引き上げられて心肺蘇生が施される…心臓マッサージや人工呼吸を繰り返し、口や鼻から吐き出され、流れ出る何かの液体…。

    「帰ってこい!おい、帰ってこいって!」
    「出せ出せ!」
    「帰って来いよ!諦めんなよ!」

    居合わせた人たちによって必死の救命活動が行われる中、ようやく到着した救急車…。

    「そのまま続けててね!」
    「エアーエアーエアー!」

    ブリュリュリュー…ブリュリュリュー…強制的に吹き込まれた空気を排気するだけの、主を失った肺と口が奏でる音があまりにも生生しい…。

    すぐさま救急隊員によりAEDの電極を装着される…。

    「何分前?」
    「多分15分か20分か…姿見えんくて…いっつもどっか行く子なんで…どっかフラフラしてたんかな?」

    「心マ一回中断!離れろ!」
    「…フラット(心電図波形フラット=心静止)。続けて!」
    「はい了解!」

    …かなしい…(´・ω・`)…。

    車の運転免許を持ってる方は救急救命、心肺蘇生の講習受けているはずだけど、普通に生活していたらそんな現場に居合わせない人がほとんどだもんね…。

    夏休みに入り、海や川やプールへ行く機会が増える季節…たまたま居合わせた自分だけが救える命があるかもしれないので、もう一度救急救命、心肺蘇生の手順をおさらいしてみてください…お願いします…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ヘルメットして、グローブつけて、脊髄プロテクターつけて、エアバックジャケット着ても不安なバイク事故…。5:00~の事故した人、目を見開いたままピクリともしないんだけど大丈夫だったのかな…バイク乗りの方はご安全に…(´・ω・`)…。

     

    このページのトップヘ