発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    虫動画

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    しかもドローンのプロペラを使ってスズメバチの巣に物理攻撃…(`・ω・´)…!

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スプレーに点火してスズメバチの巣を燃やしてみた…スズメバチに効く殺虫剤を噴霧するにしろ、キャスター付きの椅子に乗ったらだめよね…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    500分の1の確率で産まれるという貴重なピンク色のキリギリス…ピンク色のキリギリスが生まれるのは花に擬態した結果だと考えられているんだって…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    インドネシアのバリ島で撮影された巨大な触手を持った蛾…クロスジヒトリ(Creatonotos gangis)という種類の蛾で、4つの触手は匂いを出してメスを引き寄せるフェロモンを放出する器官…こんなにキモく進化しなくてももっと方法があっただろうに…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    耳の中にダニがいるとこ想像したら鳥肌立った…コワイ…耳かゆい…(´・ω・`)…。

     
    アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 カラリエ ツインノズル KFK−W1−WP [マット無タイプ]
    アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 カラリエ ツインノズル KFK−W1−WP [マット無タイプ]

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ヒアリにネズミをあげてみた…ヒアリがネズミを喰らう様は捕食というよりも分解と言った方がいいのかもしれない…みんなこうやって土に還って行くのね…(´・ω・`)…。

    ヒアリにネズミをあげるのは5:00~
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    体が半透明で内臓が見えるイモムシ「ブラジリアンスキッパー(Brazilian Skipper)」…植物のカンナの葉を餌tとし、体長は約5センチ、動いてるのは呼吸器系の臓器…生まれる前の巨神兵みたいな血管みたいなのあるし、脈動するのがキモいですぅ…(´・ω・`)…。 



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    生後9ヶ月のポメラニアンについてた、おそらくフタトゲチマダニ…しぼんだ風船に足と頭を付けちゃったみたいな、まさに血を吸うためだけに特化したフォルムのダニ…血を吸うと風船が膨らんでぱんぱんに…。

    5月から10月にかけて活発に活動し、日本でも広く分布しているダニで伝染病を媒介するので、犬さんをお散歩させる時にはダニ対策をしっかりと…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    東南アジアに生息する世界最大種の蛍(Lamprigera sp、和名サンヨウマドボタル)…このホタルはメスで、オスに比べての10倍のサイズがあるそう…日本に生息するゲンジボタルは大きくても1センチくらい?指のサイズから推定すると7~8センチくらいありそう…。

    なおこの種のホタルのメスは成虫にはならず(幼形成熟)このまま産卵、オスのみが成虫になるそう…成虫になった姿見たかったな…(´・ω・`)…。


    ジブリの教科書4 火垂るの墓 (文春ジブリ文庫) [ スタジオジブリ ]
    ジブリの教科書4 火垂るの墓 (文春ジブリ文庫) [ スタジオジブリ ] 

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ミズアオガ属の Chinese Luna Moth のふ化から成虫になるまでの様子…幼虫が脱皮するたびに黒→赤→ピンク→緑に変化するのはなぜなのか…松の葉っぱばかり食べて松ヤニ臭くて嫌にならないのか…そして成虫の蛾の羽根のアンテナは何のためなのか…今年も毛虫が道路を横断しているのを見かける季節になりました…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    モクメシャチホコ属のPuss Mothの幼虫がキモい…脱皮するたびに色鮮やかに…特徴的なに尻尾の先までにゅるん…モフモフの蛾になったら立派な尻尾はどこいっちゃったのさ…(´・ω・`)…。



      このエントリーをはてなブックマークに追加

    大量のゴキブリを大量のゲジゲジにあげたらどうなるのか…虫閲覧注意…(´・ω・`)…。


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ウスバカゲロウの幼虫であるアリジゴクが獲物を捕らえる瞬間映像…捕らえた獲物には消化液を注入し、体液を吸い取ったのちにポイー…アリジゴクは雨風を避けられるさらさらした砂地にいるようだから探してみようかな…(´・ω・`)…。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    早く孵化したハサミムシの赤ちゃんは、まだ生まれていない兄弟の卵を食べてしまう…少しだけ早くに孵化という偶然性が左右しそうな状態からハサミムシの生存競争が始まっているんだな…成長が遅いハサミムシの卵は生まれる前に淘汰されてしまう…厳しい世界…(´・ω・`)…。

     
    ぼくはハサミムシ
    いとかずいちろう
    2017-06-22


      このエントリーをはてなブックマークに追加

    耳がかゆくて病院へ行ったら耳の奥にクモがいた…寝てる間に耳に卵を産み付けられて、耳がかゆいと思ったら耳の奥から子蜘蛛がワラワラワラ…って都市伝説を聞いたことあるけど、ほんとに耳にクモが入り込むことあるのね…コワイ…(´・ω・`)…。

     
    蜘蛛の糸
    ディーピーグループ

    このページのトップヘ