発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    不思議

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    不思議な体験

    839: 名無しさん 04/01/08 18:58
    多分俺が4~5歳くらいの頃、祖母の家に行った時の話。 

    祖母と一緒に近所の公園に行き、公園内にある池の周りの遊歩道を散歩していた。池から延びる小川みたいなところに差し掛かった時、その小川の上にかかった小さな橋を渡る時に「魚でもいないかな」と、その小川の中を覗き込んでみたところ、超巨大おたまじゃくしが悠々と泳いでいた。 

    頭の部分が当時の俺では抱え切れないくらい大きく、全長でいくと当時の俺の身長より長い。なんとなく、子供心に「ウシガエルってでっかいっていうから、おたまじゃくしもこれくらいでっかいんだろうな」と納得していた。 

    その数年後、百科事典かなにかでウシガエルの本当の大きさを知り、ようやく不思議に思うようになった。あれがなんだったのか、いまだによくわからない。
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    不思議な体験

    761: 名無しさん 04/01/04 15:21
    小学校3年生の時、クラスに「熊倉」という苗字の男子が転校して来た。1週間程登校したが、その後ぱったり来なくなってしまった。担任(この年で定年)より、「また転校してしまった」とのこと。 

    非常に短い期間ではあったものの 
    ・クラスで1番背が高く、今までNo.1だったA君が悔しがっていたこと 
    ・クラス委員のB君が「くまくま」と読み間違え大爆笑になったこと
     
    等、自分ははっきり覚えている。 

    4年生(担任が代わったが、クラスメートの構成はそのまま)の時、1人の生徒が転校することになり、お別れ会を開いた。 

    そこで「そういえば3年の時、熊倉君っていたけどお別れ会できなかったよね」と言ったら、「ハァ?」「何言ってんの?」という反応。 

    A君、B君も含め、自分を除く約40人誰もが熊倉君のことを覚えていなかった。
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    不思議な体験

    656: 名無しさん 04/01/03 00:08
    風呂に入ってて、ヘリに手を置いたら自分以外の手も一緒に出てて、びっくりして戻し、再びヘリに手を置いたらさらに手が増えててびっくりして戻し、また手をヘリに置いたらヘリいっぱいに手が並んだ。
     
    ってのをドリフで志村がやってた。
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    不思議な体験

    505: 名無しさん 03/12/28 04:54
    ヤモリの話知ってる? 

    どういった経緯かは詳しく忘れたけど、とある民家にヤモリが住んでて、家主が間違ってヤモリに釘打っちゃったんだって。その人、可哀相とは思いながらも、そのまま放置しちゃったんだ。 

    数年後そこを見る機会があって開けたら、なんとあのヤモリが生きてて、妻らしきヤモリが虫咥えて、釘の刺さったヤモリ夫に餌与えてたんだって!! 
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    不思議な体験

    411: 名無しさん 03/12/24 18:03
    後輩の友人の話。 

    数年前に、親子で冬の湘南海岸に行った時に浜辺を散歩していると、自分達のいる岸は晴れているのに、沖のほうで夕立のような雨が降っていた。不思議な景色だなー、と眺めていたら海から龍が出てきて、空に上がっていったんだとさ。

    そりゃもう、滅茶苦茶でかかったそうです。それを親子で見たそうです。 
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    322: 名無しさん 03/12/21 17:43
    4年前の一人暮ししてた時のことなんだけど、眠っていたら突然、背中のちょうど脇の下(ブラをはめるあたりの所)の両側から薄い紐のようなものが滑りこんで、巻き付いた感覚がはっきりと分かったのです(ちなみに就寝中はノーブラ)。

    それで、「なに?これ!?」とビックリして起きようと思ったんですが、金縛り状態で全く動けず…。その間もずっと紐のような感覚は、脇の下から背中に巻き付いた感覚のまま…。

    その後、何となく胸の辺りに顔を埋められているような感じがして、手でそれを放そうとしましたが、一旦持ちあがりかけた頭のような気配のものも「がばっ!」とまた胸の方に覆い被さってきたようでした。

    その後、あそこに細い棒状のものが1~2cm入ってた感覚がしました。自分でもこんなことは初めてだったので驚き、僅かに開いている脚を閉じようとしたんですが、これもまた閉じれない…。
     
    その間うなされつつ必死に抵抗しつづけましたが、どうにも背中に薄い紐が巻き付いた感覚がぬぐえないし、動くこともできないので、とっさに「逆に力を入れるのがいけないのかも。かえって力を抜いた方が解けるかもしれない」と思い、わざと全身の力を抜いてみたんです。 

    ところが、脇の下から背中にかけて巻き付いた紐状の感覚は全く消える気配は無いし、あそこに入っきた細い棒状の感覚が、かえって「ぬっ」と奥に侵入してきたんです! 

    それでこれはいよいよいかん!と思うと同時にぞっとするような気がして、必死に抵抗し始めました。かなりうなされていたのも覚えています。

    それで必死の抵抗の末、ようやくその妙な金縛りから解け、すぐに明かりをつけ時計を見ると午前3時をまわったところでした。そして驚いたことに(恥ずかしいのですが…)、お尻の周りまでぐっしょりべとべとに濡れていたのです。 

    あれきりああいうことは無いんですが、ずっと気になっています。この現象は一体何だったんでしょうか? 何かに犯されていたんでしょうか?! 

    ネタじゃないんです。本当にあったことなんです!! 
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    不思議な体験

    199: 名無しさん 03/12/19 02:19
    俺の小学校に、体長30センチはあろうアシタカグモが、俺以外にも20人以上見てるのに、誰も覚えてない。 

    子供だったから大きく見えたんじゃないかって言われるが、じゃあ何故亀の子たわし2個分のでかさがあったんだよ、あいつには。
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    不思議な体験

    118: 名無しさん 03/12/17 10:23
    小5の頃、朝起きたら見たことも無い空き地に居た。分け分からず辺りを見回したが、やはり知らない場所。怖くなって知ってる場所を探そうと走り出した。 

    走りながら婆ちゃんが「迷子になったら交番に行きなさい」と言っていたのを思い出した。数分後、人に道を聞きながらようやく交番を見つけた。

    そこで警察の人に場所を聞いて驚いた。そこは家から10キロ程も離れた場所だった。警察の人にわけを話してもどうせ信じてもらえるとは思わなかったので、ただ「家族と離れて迷子になった」とだけ伝えた。パジャマのままで。 

    で、住所などを詳しく伝え家に電話をしてくれる事になったが、一向に電話に出る気配が無い。日曜日の朝だったので多分いるはずなのに。 

    その内、警察の人から変な顔をされはじめた。 

    続く。
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    不思議な体験

    78: 名無しさん 03/12/14 15:22
    誰だかわかってしまうので詳しく書けないですが、心の中で考えた事、言葉にした事、思い浮かべた映像などが、全て言い当てられてしまいます。特定の人たちのみの話なのですが。 

    なぜそんな事ができるのかわかりません。そんな経験ある人いますか? 

    自分でも信じられなくて心身症かなと思ったり…。 
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    不思議な体験

    1: 名無しさん 03/12/13 10:51
    不思議な体験した人いませんか?
    【【不思議】誰も信じてくれないけど本当にあった話【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その10】
    本

    【その10】から続くまおの話。まおの話は非常にドロドロとしており、不快な気分になる上、モヤモヤとしたまま終わります。

    225: 本当にあった怖い名無し 05/02/14 10:44:29 ID:9lANun2FO
    まおの話はフィクション?なら話としては面白いけど、実話なら…。 

    叔父とまおは単なる人殺し。今すぐ自首を勧める。
    【【伝】身近な人から聞いた怖い・不思議な話【その11(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    本

    ※まおの話は非常にドロドロとしており、不快な気分になる上、モヤモヤとしたまま終わります。

    90: まお 05/02/03 00:38:06 ID:OP3Xrerm0
    これは叔父から聞いた話。

    叔父は団塊の世代で、消防の頃は町内がガキで溢れていたそうだ。寺の境内や墓場が遊び場で、本堂の横にある、防火用水池に張ってある金網の上を渡るのが、仲間から一目置かれるお遊びだった。

    ある日、とうとう悪ガキの一人が、網の破れ目から用水池に落ちた。叔父たちは、最初は笑って見ていたが、必死になってもがいていた奴が、真っ赤に錆びて折れた鉄枠と一緒に用水池に沈んでいくのを見たら怖くなって、家へ逃げ帰ってしまった。

    その途中で、叔父ともう一人が「親に話したらぶん殴られるから黙ってよう」って事にしてしまった。 
    【【伝】身近な人から聞いた怖い・不思議な話【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    本


    728: 本当にあった怖い名無し 2005/04/07(木) 18:24:22 ID:dsNJZqYK0
    私の弟が、トラックの運転手をしていた頃の話です。 

    勤めていた運送会社には、奇妙な行動をする人が数人いました。動きだすトラックの荷台に飛び乗ってしがみ付き、そのまま行ってしまう人。倉庫のシャッターが閉まる直前に、隙間をくぐり抜ける人。休憩室の自販機の横で、朝から晩までしゃがみ込んでいる人。
     
    しかし先輩や上司は彼らを注意するどころか無視していました。 

    ある日、そのことについて副社長に相談したら・・・「キミは見えるんか?無視したらええねん、タタリとか呪いはないんやから。」 と言われました。
    【【伝】身近な人から聞いた怖い・不思議な話【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    本


    607: 本当にあった怖い名無し 05/03/19 18:38:22 ID:RIePQUSF0
    いままで母の顔なんて一度も撮ろうと思ったことすらなかったケータイカメラで、おめかしした母の顔を1枚撮影した。 

    その1週間後、母は心源性脳塞栓症を起こし四肢麻痺・失語症の寝たきりになったあげく、1年後に転院先の病院で合併症による消化器出血を引き起こし、血反吐を吐いて死んでいった。 
    【【伝】身近な人から聞いた怖い・不思議な話【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    本


    499: 本当にあった怖い名無し 05/03/05 20:00:51 ID:rlrc3t9J0
    以前、髪や髭がボウボウ、身長2mもある老人の死体が九州の山奥で見つかった、と言う話を何処かのサイトで見た記憶があるのですが、詳しい話ご存知方いますか? 

    本題とは外れますが、九州の方のレスがあったので、もしやご存知では思いカキコしました。
    【【伝】身近な人から聞いた怖い・不思議な話【その7】】の続きを読む

    このページのトップヘ