発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    2001年

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    キッチン

    170: 名無しさん 01/12/06 15:07
    何年か前、安売りで10個入り50円ぐらいでかった卵が、全部2玉(黄身が2つずつ入っている)だった。

    ちょっとこわかったよ。
    【【惨事】台所で起きた事件・事故【その4(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    キッチン

    122: 名無しさん 01/11/25 18:24
    クリームシチューに恐ろしい思い出が…。

    昔、彼(今のダンナ)の家に招かれた時、クリームシチューを作ってくれた。出されたものを食べているうちに、小さな昆虫の幼虫を発見(カブトムシの幼虫を1~2mmにしたような白い幼虫)。 

    スプーンですくって出そうとしてよくよく見たら、クリーム色だったシチューは、あぁ、思い出しただけでぞくっ、ほとんどその虫で占められていたんです。何千匹状態。 叫んでひっくり返してすごいことになりました。 

    聞いてみると、何年も前に作った時に使ったクリームシチューの粉末を、棚にしまっておいたものを使ったとのことで、 「そういえば粉末なのに鍋に入れる時、なんとなくドサッという感じで入ったな」 って、それは虫の集合体になっていたのでしょう。 顔だけがほのかに茶色い幼虫でした。 

    彼は、私の取り乱した態度にちょっとムッときたらしく、その虫の集合体をも黙々と食べていた…。

    今では笑い話ですが、あれからクリームシチューは作ったことがありません。
    【【惨事】台所で起きた事件・事故【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    キッチン

    52: 名無しさん 01/11/20 15:28
    中学の頃、弟にスパゲティを作ってあげてた。

    茹であがり、フライパンに油をしき、材料・スパを炒めている時に(ナポリタン作ろうとしてた)、お茶の間から「おねーちゃん、とんねるずTV出てるよ」 と弟の呼ぶ声が。

    台所と茶の間は廊下隔てて向かいなので、火を止めて茶の間へ。2~3分くらいTV見てから、スパゲティの続きを作ろうと台所を振り返ると、なんか真っ赤っか。

    「!!!」とガラリと台所開けると、ガス台の上がプチ火の海。火を止めたつもりが弱火でとどまってたらしい。

    なんとか子供だけで火を消し止めましたが、そのあとはすんごく母に笑われた。「あんたらしいねぇ…」とかって。

    まぁそのおかげで台所をリニューアルしたので、母は喜んでました。
    【【惨事】台所で起きた事件・事故【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キッチン

    1: 名無しさん 01/11/18 16:22
    何事も慣れ始めが惨事のきっかけと言います。

    今日、包丁落して足に突き刺さりそうになりました。

    皆さんの事故注意等有れば、ご指導頂きたい次第です。
    【【惨事】台所で起きた事件・事故【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    ガラスの靴

    65: 1 01/11/28 00:26
    私の目標は、世界の中のどんな人ともウェット。じゃないウィットに富んだ会話が出来るような女になることなんで(どうぞ笑っちゃってくれやぁ・・・)、他人が見たらどーでも良いことも直ぐメモとかしてます。

    私を良く知る友人は「相変わらずムダなことしてるね・・・」と言うけど、ま、知ってて損は無いし。

    語学は、一応仏語と西語と中国語は勉強したけど、まぁ~だまだ日常会話しかできません。英語も専門的なモノになると解らん・・・。 

    カラダ使ってのし上がる人って今もいる??技術も必要だろうしねぇ。オンナとしては尊敬モノだけどね。私にゃ無理かもね(w。

    でもメイフェア・マーセナリーズとかやってる人達は凄いと思うよ! オンナ使って頂上目指してる人って感じやね。 【【玉の輿】一般庶民から社交界デビューするにはどうすれば?【その2(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ガラスの靴

    1: 名無しさん 01/11/26 20:52 
    社交界デビューしたいって言うか・・・とにかく顔の広い人、権力者とお知り合いになりたいんですが、やっぱり上層部のパーティーが一番ですよね?? 

    どうすれば全くの一般人が潜り込めますか?

    どうか皆さん、私の野望に手を貸してください・・・。
    【【玉の輿】一般庶民から社交界デビューするにはどうすれば?【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その14】
    貧乏

    920: 名無しさん 01/10/13 03:44 
    子供の頃、隣の家が街一番の開業医の家だった。

    子供2人が自分と同級生で、いつもお菓子やケーキを持ってきてくれた。同級生の子供はおもちゃも沢山持っていた。自分は隣の家に遊びに行き、おもちゃを貸してもらうのが楽しくてしょうがなかった。 

    でもその子に良く意地悪をされて、貸してもらえなかった。ウルトラマンの戦隊スーツケースが欲しくて欲しくて、貸してくれと泣いた。 

    その夜、母が隣の家に行っておばさんに何処に売ってるのか聞きに行ってくれた。そしたらおばさんは1つそのケースをくれた。とても母が不憫だった。 

    隣の家のおばさんは親切で綺麗で、色々おもちゃをくれたやさしい人だったけど、本当は嫌いだった。
     
    書いていたら涙が出てきた。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その15(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その13】
    貧乏

    878: 名無しさん 01/10/08 13:52
    ウチは食料品店を経営していた。八百屋とパン屋とお菓子屋が合わさったみたいな感じの。

    小1までは凄く繁盛してたのだが、2年生の時に近くに西友が出来てしまい、売り上げがガクッと落ちた。よくからかわれたな。「俺達が買いに行ってやんねーと、お前の店潰れちゃうだろー」とか。 

    それで、親父が近所にご用聞きに回り始めた(サザエさんの三河屋みたいな感じ)。

    当然同級生の家にも行く。前掛けしてご用聞きに回る親父が子ども心に格好悪く思えて、「父ちゃん、こんなお店つぶして、父ちゃんもサラリーマンになってよ」って言ったことがあった。 

    親父は「あん‥‥」と言ったきり黙ったままだった。今思うと何て非道いこと言ったんだろう。
     
    とにかく、近所の人々に食わせて貰ってるみたいな感覚が嫌でしょうがなかったな。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その14】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その12】
    貧乏

    812: 名無しさん 01/09/23 00:58
    昔、白黒テレビで「アタック25」見てたなぁ・・・。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その13】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その11】
    貧乏

    740: 名無しさん 01/09/17 13:13
    1962年生まれですが、家に電話がはいったのが小学5年の時でした。

    それまではクラスの連絡網に(呼)がついていて恥ずかしい
    思いをしました。 

    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その12】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その10】
    貧乏

    649: 名無しさん 01/09/10 23:3
    あたし、旅行なんか修学旅行しか行ったことないです。 

    夏休みの日記は、図書館で旅行のガイドブック見ながら創作してました。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その11】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    貧乏

    590: 名無しさん 01/09/03 00:49
    小3の時給食費が払えず、親父に言うと「食べるな」と言うので配膳してもらわなかった。

    先生が来て、「お金は良いから食べなさい」と言うので、仕方なく食べた。 

    次の日からは配膳しないとうるさいので、机において手を付けなかった。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    貧乏

    519: キチガイの息子 01/08/28 23:27
    皆さん、精神病院知ってますか? 

    そう、窓に鉄格子のついているあの病院ですよ。

    子供の頃友達に、「おまえなんか精神病院に入って死んでしまえ」とか言って、からかったりしませんでしたか? でもね、本当の精神病院を知っている人にとって見れば、それはとっても残酷な言葉なんですよ。 

    ええ、実は私の父親はそこの入院患者だったんですよ。 

    私が小学校2年生の頃から父はおかしくなり始めました。それまでは(私の記憶にはないのですが)よい父親で、人並みの職について、きちんとした生活を送っていたそうです。
     
    それがいつからか、何がいけなかったのか、家の雰囲気がなにか殺伐としたものに変わってしまいました(私が父について覚えているのはこれから以降だけなんです)。 

    母に暴力を振るう。何かの宗教にはまって訳のわかんない集会に行って、ご近所さんにまで信仰を強要する。何が気持ちいいのか落ち着くのか知らないけど、首筋の血管にアルコールを注射していたりもしました(今から思えばなんかの麻薬かも?)。 

    職も転々とし、どこへ行っても長続きしなかったようです。そしてだんだんエスカレートしてゆき、近所のおばさん連中に、白昼から卑猥な言葉を投げかけたりもしていたそうです。 

    母が役所に相談したのでしょうか?頻繁に市の職員も家に来るようになりました。 

    つづく。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    貧乏

    462: 名無しさん 2001/08/20 01:45
    いまだに実家は炭坑長屋の、汲み取り式便所です。
     
    父がグウタラで働かないので、大変でした。気丈な母は生活保護を貰うのを拒否し、病院に行く時、保険書じゃなくなんか用紙みたいなの持って行った。
     
    こずかいとかは、コーラのビンをひらって(っていうか盗んで)お金に換えていたなぁ。大きいビンは30円で高いんだよね。 

    もちろん、当時流行っていたリカちゃん人形なんかない。紙の着せ替え人形。だから大人になった今、昔話でリカちゃんハウスの話とかをされるとつらい・・。 

    いつかお金を貯めて、実家のトイレを水洗にしてみせる!
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    貧乏

    355: 名無しさん 2001/08/14 23:53
    今32歳です。

    小2の頃、同級生の男子がいきなり学校に来なくなった。どうやら家族で夜逃げしたらしかった。その子かなり貧乏だった。 

    あと私の小さい頃のおやつは。食堂をやってる親戚の、お客へ出すかまぼこの、かまぼこを切ってはがしたあとの、木の板にうっすらへばりついてるかまぼこの身もらって食ってた。 

    家が文化住宅だったので、普通の家に住んでる片思いの男の子に嫌われたくなくて「お前のうち、どれ?この近くだろ??」ってせっかく彼が話し掛けてくれても、答えられなかった。
    【【昭和時代】子供の頃、家が貧乏で嫌だった【その7】】の続きを読む

    このページのトップヘ