発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    事件・事故・災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    マヌケな死に方

    154: 名無しさん 06/10/08 19:47:49
    親戚のおじさんはラーメンを喉に詰まらせ、仰け反ったところにちょうど窓があって、ガラスを突き破って死んだ。 

    未だに「ラーメンで死んだオッサン」として語り継がれている。
    【【徒死】本当にあったマヌケな死に方【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    マヌケな死に方

    56: 名無しさん 06/10/03 15:09:38
    今年の初夏ごろ、バーベキューやった団体があったのよ。 

    その中の一人が飲みで体調やばくなって救急車呼んで、救急車が着いて救急隊員が病人を運ぶために車両を離れた時、泥酔してた他のメンバーが勝手に救急車を乗りまわし、また別のメンバーひき殺したw。  
    【【徒死】本当にあったマヌケな死に方【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    マヌケな死に方

    1: 1 06/09/25 14:14:10
    笑っちゃ悪いんだけど…な死にかたを語りましょう。

    山頂で記念撮影をしようとしたが、全員入りきらなかったので後ろに下がろうとして、崖から転落死。 
    【【徒死】本当にあったマヌケな死に方【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アメリカ・ジョージア州で、重罪犯罪捜査令状が出ている容疑者の捜査をしようとしたところ、容疑者は走って逃走、それをパトカーで追いかけて轢いて逮捕しちゃう警察官。さすがアメリカらしい逮捕劇…日本じゃわざとぶつけることないよね…。

    なお、この警察官はさすがにやりすぎということで解雇され、翌日には隣町の警官として採用されたそう…「人権がー!」的な対外的な処分と、「よくやった!」的な身内的な救済を同時に行った結果なのかも…重罪犯罪の容疑者ということなので、警察はこれくらい強気にしてもいいと思うんだけどねぇ…。

    ドラレコ映像じゃなくてヘッドカム映像だった…(´・ω・`)…。

    日本でもパトカーで体当たりしてたー!
    動画:沖縄の珍走団に体当たりするパトカー

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    対向車のスリップを確認した瞬間に左手をハンドルに添え、次に来る事態に対処するドライバー。スリップした対向車は前を走る車と正面衝突し、ドライバーは二次被害の回避行動。フロントガラスに飛び散るオイル。事故を起こした車のすぐ横をすり抜け、シートベルトを外し救助に向かうドライバー…。

    日本と同じ右側通行のニュージーランドで撮影されたドライブレコーダー映像。教習所で習うハンドルの持ち方は10時10分なんだけど、つい楽して4時40分とか、この男性と同じように右手の肘をドアにかけて、片手で3時前後のところでハンドル持っちゃうよね…(´・ω・`)…気をつけよう…。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    進路妨害してきた車に突っ込んでみたドライブレコーダー映像。0:10~合流の時に白い車に軽く邪魔したのが原因かしら?執拗に進路妨害してくる車に突っ込んじゃう…どうしてくだらないことにエネルギー使うのかなぁ…(´・ω・`)…。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    5月10日に神奈川県座間市で起きた、橋の欄干を突き破ってギリギリ停止した事故の、ダンプカーに搭載されていたドライブレコーダーの映像が公開される…。

    まずはニュース映像。事故の概要として、対向してきた70歳代の運転するワンボックスカーが、前方を走る車に追突した際にダンプが走っている車線に飛び出しダンプカーと激突、ダンプは制御を失い橋の欄干へ激突、からくも停止…。

    ダンプの運転手は死を覚悟しただろうな…救助に1時間もかかるなんて…。

    【【事故動画】橋の欄干を突き破ったダンプカー事故のドラレコ映像が公開される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    鉄筋

    864: 名無しさん 05/03/16 12:36:58
    鍍金(めっき)所で、脚滑らせて落ちた外国人労働者。 

    髪しか残らなかったと。
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    鉄筋

    794: 名無しさん 05/02/21 14:38:40
    作業事故で27歳男性意識不明 

    21日午前11時15分頃、三条市のガソリンスタンドで、同ガソリンスタンド社員の男性(27)がフォークリフトのタイヤパンク修理をしていたところ、タイヤのホイールが飛んで男性の額に当たり、頭蓋骨陥没骨折で意識不明の重体、三之町病院に運ばれた。 

    外れたホイールは、直径約37センチ、重さ約5キロの鉄製だった。
     
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    鉄筋

    599: 名無しさん 05/01/17 20:49:51
    たいした話じゃないんだけど、旦那が仕事中、目の前で丸鋸で指削ぎ落としてしまった。その瞬間の彼の「アッ」て声と、丸鋸の「ギャン!」という音が、今も耳から離れない。
     
    意外に本人は冷静で私だけがパニクって、止血のために紐で腕をグルグル巻きにしながら、パパが死んじゃうやだやだってギャーギャー泣いていた。
     
    救急車を呼ぶのを大工に止められ、むかつきながらも病院へ急行する。大きめの病院なのに内科医しかいないとの事で、自宅近く(その病院から40分)の病院に行かされた。 

    きつく縛った腕が壊死してしまったらとか、出血多量とか良からぬ事ばかりが頭をよぎった。 

    結果、腕は無事だった。親指半分がなくなってしまい骨が見えていたので、再生させるためお腹を切って指を埋めるように縫合し、肉を育てた。 

    後日、会社の指示で現場に肉片を片付けに行かされた。丸鋸を片付ける時、丸い刃に絡みつく肉と血を見て気が狂いそうになったよ。 

    完治後、再生した指の腹に毛が生えてきて、旦那と2人で笑った。 

    今じゃネタ話だけど、怖かった。
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    鉄筋

    503: 名無しさん 04/12/15 21:34:37
    私の勤めていた食品工場では、休憩前にミンチ機を二人で掃除していて、一人が刃に付いていた肉片を取ろうとした時、もう一人が誤ってスイッチを入れてしまい、一瞬で右手の第二関節から全指もっていかれたらしい。 

    責任者が後で機械の中を見てみたら、手袋の破片と赤色の肉が混ざったミンチが出来ていたとか…。
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    鉄筋

    447: 名無しさん 04/11/23 19:43:24 
    うちの近所で、大豆畑の収穫中にコンバインに巻き込まれて亡くなられた方が出た…。
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    鉄筋

    356: 名無しさん 04/09/23 13:44:13
    古い話になってしまうが、戦時中に航空機の整備兵として従軍した祖父から聞いた話。 

    その日、飛行場の整備の為、近所の住民を動員して土木作業していた。そこに一機の双発機が着陸態勢に入り、着陸したところ操作を誤ったのか滑走路をはずれ、その土木作業中の住民達に突っ込んでしまった。 

    回転するプロペラに体を切り刻まれてバラバラになる人達。響く怒号や悲鳴、喚き声、それは阿鼻叫喚の地獄絵図だったという。 

    無事だった住民と飛行場の作業員とで十数人分の遺体を拾い集め、兵舎脇のテーブルのような台の上に並べて布を掛けておいたところ、「ガタガタ…」と遺体がケイレンして動いていたそうだ。 
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    鉄筋

    283: 名無しさん 04/09/02 16:39
    忙しい工事現場で、真冬に大型のディーゼル発電機の不調を直していたら、ぬれた手袋でプラス・マイナスのプラグを触っている状態の時に、いきなりエンジンがかかって感電した。 

    とんでもない衝撃なのに、手が離れない。エンジンはまたすぐに落ちたが、体に力が入らなくて立てなかった。
     
    体内のどこかが壊死したかな?と考えたら怖かったが、とりあえずなんとも無かった。故障で電流が上がらなかったのと、絶縁靴だったから良かったらしい。 

    冬の暖気運転はちゃんとやろうって事だな。
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    208: 名無しさん 04/08/15 08:26 
    声が良く出ない男性が職場にちょくちょく顔を出す。 

    彼は、建築現場での設備工事を請け負う小さな会社の社長で、社長というよりは親方と言われるような立場の職人だ。気のいいおっさんで、顔を出すとしばらく上機嫌で雑談するが、声はかすれ、ひどく聞き取りづらい。 

    彼の声が出ない理由は、昔の事故。高所から転落した際、立てられていた鉄筋に喉をえぐられるように刺し貫かれ、声帯を失ってしまったという。 

    確かに彼の喉から下顎にかけては壮絶な傷跡がある。喉仏のあたりは平らで、下顎の右側(だったかな)のエラはまるでない。 

    彼に言わせると、あと少し落ちる場所か鉄筋がずれていたら、えぐられていたのは喉ではなく、脊椎か頭部だったかもしれないので、声帯ぐらいで済んだのは非常に運が良いらしい。 

    声帯を失った場合の発声法というのがあり、それで声を出しているとの事だ。
    【【労災】工場・建設現場などでの悲惨な事故 パート2【その3】】の続きを読む

    このページのトップヘ