発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    少年時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    子供の頃

    106: 名無しさん 01/11/08 19:32 
    野球中継で、アナが「キンコウが敗れました」。 

    「キンコウ」って、チーム名だと思ってた。弱いチームだなあと思ってたよ。

    だって、敗れてばかりで、勝ったためしがない。ちなみに、幼児の頃の話。
    【【妄信】子供の頃に本気で信じてたバカなこと教えて!【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    子供の頃

    61: 名無しさん 01/11/08 13:40 
    私が鼻ピアスをしてた時、6歳の姪に「鼻が取れる病気になったからこうやって、クギで打ち付けていないと鼻が取れてしまうんだよ」と教えたら、信じ切って怯えてるようです。 

    話した時のあの複雑な顔が面白くて忘れられない。
    【【妄信】子供の頃に本気で信じてたバカなこと教えて!【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    子供の頃

    1: 名無しさん 01/11/08 03:07 
    小さい頃テレビの前でけん玉してたら、「テレビ割れたら、中に吸いこまれるよ!」と親に言われた。 

    凄く怖くて、それ以来小学校に入っても信じていて、テレビの側でけん玉できなかった。 

    皆さんこんな感じで、親に騙されて何かを信じきっていたなんて経験、ありませんか?(勝手な思い込みも可) 

    普通に怒るより、こういうのが一番効くんだよね、子供って・・・。
    【【妄信】子供の頃に本気で信じてたバカなこと教えて!【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    864: 名無しさん 2001/05/10(木) 07:57
    子供の時、ペットの猫が死にました。 

    でも、毎晩その猫が布団に入ってきたんです。真っ暗だから姿はわからないけど、突然おなかのあたりが暖かくなって、「ボコッ」と出現した感じで「あっ、来た」とわかりました。

    手で触るとふかふかした毛皮の感触。やっぱり猫です。 

    子供だったので当たり前に思っていましたが、今考えると、恐いのと切ないのとがごっちゃです。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その17(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    757: 名無しさん 2001/04/28(土) 15:32
    小学校の頃、おまわりさんがかなり適当だった。 

    学校周辺の風景を描く写生大会が毎学期に一度あったんだけど、友達と一緒に学校の斜め向かいの交番の近くで描いてたら、おまわりりさんと仲よくなって、「拳銃見せてよ」って言ったら手に持たせてくれた。ずっしり重くて感動した。 

    で、引き換えに(?)絵の中ににおまわりさんも描き入れてくれ、と言われて、仲間内でいちばん絵のうまかった奴が自分の作品の中に描きいれてあげたら喜んでくれた。 

    俺は写生が嫌いだったので、拳銃を借りて画用紙いっぱいに拳銃を描いたら、先生に「これは写生じゃない」と怒られたけど、拳銃を借りて描いたということ自体は、バカサヨ教師も含めて誰も問題にしなかった。

    昨夜発砲事件があったっていうニュースでこのこと思い出したんだけど、それに比べてあの頃は平和だったなあ。さすがに拳銃をお昼休みまで貸してって言ったら断られたけど。(笑)
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その16】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    734: 名無しさん 2001/04/25(水) 22:38
    小さい頃、肺炎か何かで神奈川の病院に入院していた時の話です。 

    同室の友達も出来て、二人で病院を探索していました。ドアが開いている部屋を片っ端から見ていったら、個室の部屋に辿り着きました。 

    その人は、全身にいっぱいコードのような物をつけて横になっていて、子供心ながら「この人、コードいっぱいつけてなにしてるんだろう?」と不思議でした。今思えば、きっと重度の患者さんか、植物人間だったのでしょう。 

    ボーッと眺めていると、突然友達が持っていた風船を割ってしまいました。「パンッ!」という音の後に、「ピーッピーッ」という機械音。 

    やばいっ!と思い焦ってその部屋から逃げましたが、あの音ってもしかしたら大きい音でショックを受け「ご臨終」状態だったんじゃあ・・・自分はもしかしたら人殺し?と考えると、ちょっと怖いです。 

    余談なのですが、私が入院していた時は朝注射をしていたのですが、注射を終えないと朝ご飯が貰えないというシステムをとっていました。

    看護婦さんが「じゃあ、今日は誰から注射する?」と聞くと、部屋の子全員が「はーい!」と手を上げてました。あの頃は、ご飯が食べたい一心だったのですが、今思うと注射をしたがる子供なんて変ですよねぇ・・・。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その15】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    701: 名無しさん 2001/04/20(金) 22:33
    数年前、TVの鶴瓶やウンナンがやっていた「特報なんとか」って番組で、水に入れると生物みたいに動き出す金属みたいなレポートをしていた。

    あれって何だったんだろ?ずっと気になってる…。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その14】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    639: 名無しさん 2001/04/17(火) 19:37
    4~5歳くらいの頃、近所でよく遊んだ仲のいい女の子がいました。 

    本名は全く覚えてませんが、「たえちゃん」と呼んでいた記憶があります。たえちゃんの家にもよく遊びにいったのですが、共働きなのか、両親とは一度も会った事がありません。 

    ある日、彼女は突然「もう一緒に遊べなくなった。ごめんね」と言い、次の日から現れなくなりました。何があったんだろうと心配し、何日かしてたえちゃんの家に様子を見に行きました。 

    たえちゃんの家は廃墟でした。どう見ても10年以上は人の住んでない、いまにも崩れそうな木造の平屋。ぼろぼろに朽ちた畳には、厚く埃
    (ほこり)がかぶっていました。 

    ちなみに、うちの両親は「たえちゃん」の事を全く覚えていません。
     

    そういえば彼女を自分の家に招待しても、毎回何らかの理由で来なかった覚えがあります。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その13】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その11】
    不可思議な記憶
    601: 名無しさん 2001/04/14(土) 10:42
    俺の聞き間違いかもしれないけど。

    昔、日曜日以外にやってた「サザエさん」の別バージョンの番組で、喋れるはずのないイクラちゃんが「バブー」とか「ハーイ」とは明らかに違う「あー、そうそう」みたいなことを言って、自分の母親(タイ子)に相槌を打っていたのを聞いた気がする。 

    その場にいたタラオとかサザエは、何も突っ込まずにそのまま流してた。
     
    誰かこれ見た人いる?
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その12】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    569: 名無しさん 2001/04/10(火) 18:12
    小学校低学年の時、私は団地の3階(5階建て)に住んでいた。 

    夕方、一人で居間でぼーっとテレビを見ていると、いきなり「知らないおばさん」が部屋に入ってきた。

    私を見た途端、そのおばさんは部屋を間違えたこと(団地なので作りが似ている)に気付き、「あらやだ、間違えちゃった」と言い残し出ていった。
     
    しばらくすると再びそのおばさんが来て、「さっきはごめんなさいね」と言い、私にお菓子(饅頭)をくれた。しばらくして母が帰宅しそのことを告げると、気が引けたのだろう、御礼を言いに上の階の人を訪ねた。 

    しかし、どの部屋の人も「そんなことはした覚えがない」と言う。私も顔を覚えていたので、母と一緒にそのおばさんを探しまわったのだが、どの階にも、そして隣の棟にも、そのおばさんは住んでいなかった。 

    あのおばさんは、一体どこの誰だったのだろう。絶対に「夢」や「幻覚」ではない、と断言できる。なぜなら、家族みんなで饅頭(8個入り)を食ったから。 

    ちょっと「古くさい饅頭」だったせいか、オヤジは、「きっとタイムスリップしてきた人だ!」と言っていたのを覚えている(笑)。 

    今でも気になるので、どなたかスッキリする「答え」をお教えください。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その11】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    503: 名無しさん 2001/03/31(土) 03:21
    4~5歳頃、姉がコタツで勉強してる時、自分は寝てるはずなのに、よく天井辺りをふわふわと飛んでた。自分も見えたし姉とかも。

    今考えると変だけど、当時は普通だった。毎日その状態だった。

    6歳以降は全く無い。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    435: 名無しさん 2001/03/20(火) 19:20
    夜中に母が突然うなりだし、寝言とは思えない声量で 「か…唐揚げ粉!!」と叫びました。
     
    私は怖くて眠れなくなりました。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    339: 名無しさん 2001/02/28(水) 06:20
    不思議な記憶なんだけど、それは幼稚園児ぐらいの時と、小学生の時の2回体験してる。 

    寝ようと思い横になって、目を閉じて開けた。すると辺りが眩しく、朝になっていた。つまり、目を閉じた一瞬の間に夜が明けてたってことなんだけど、寝た感覚がない。 

    10年以上たった今でも結構よく覚えてて、未だにあれなんだろうなあ、って思う。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    289: 名無しさん 2001/02/22(木) 01:07
    小学校3~4年くらいの時、家の近所の川沿いの道路を自転車で走ってたら、仙人みたいなのを見たことがある。 

    全身真っ白の布を巻きつけたような、ほんと漫画とかに出てくる仙人が着てるような服で、極めつけに杖まで持ってました。これも普通のでなくて、上の方だけぐるっと渦巻いて太くなってるようなやつ。で、うずくまってました。

    かなり驚いて、怖くてそのまま通りすぎました。

    あれはただの趣味だったのかなぁ?
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    不可思議な記憶
    217: 名無しさん 2001/02/20(火) 03:41
    あとから考えると怖い幼い記憶。 

    小学生くらいの時に、寝ている姉貴のマ○コ覗いてました。
    【【夢幻】小さい頃の怖い、不可思議な記憶【その6】】の続きを読む

    このページのトップヘ