発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    恋愛・結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    ハート


    50: 名無しさんの初恋 01/11/27 10:52 ID:JKqsOiTF
    俺27で、親父が去年再婚して、10年下の妹が突然出来た。 

    今まで一人っ子だった俺はなんとなく嬉しくて、自分が経営してるショップのバイトにも、なにげに妹の話をするようになった。 

    妹は今のヒロスエか加藤あいっぽいシャープな感じで、初対面は親父の結婚式で、まあ母親似の可愛いコだなと。 

    俺の彼女は「あの子感じ悪い」とか言うけど、「妬きもちやくなよ、妹にw」って感じで、まさか俺が10も年下の小娘に本気になるとは、全くその頃は思いもしなかった。 

    妹は私学の共学に通う女子高生で、門限は彼女の母親が決めた10時。車で渋谷まで仕事の帰りに、迎えに行ってあげたりもした。妹が友達と店に遊びに来たりもした。 

    今年の8月に俺は、妹と彼女の母親を連れて沖縄に行った。 

    親父の仕事が旅行の代理店なので、彼からのプレゼントだった。
    【【切恋】ドラマみたいな恋愛したことある?【その2(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハート

    妄想恋愛(+妄想妹)ワールド全開注意…

    1: 名無しさんの初恋 01/11/20 11:01 ID:IISofXGc
    「真実は小説より奇なり」

    こんな言葉が似合うような、ゲームや小説、ドラマ以上の恋愛を体験しましたか?

    そんな体験談や、まつわる出来事を是非書いてください。

    また、異性の兄弟姉妹にまつわる話題もどうぞ。

    【【切恋】ドラマみたいな恋愛したことある?【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    ハート


    826: 名無しさんの初恋 02/01/27 23:22 ID:bvLAFvoK
    好きな人は、今頃、大勢の人達と楽しく飲んでると思うと涙が出てくる… 。

    今日は、私の誕生日なのに、独りぼっちだったんだよ。 
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    686: 名無しさんの初恋 02/01/14 15:39 ID:J5ozzTua
    もう10年も前の話になる。

    その頃僕は私立高校の非常勤講師をしながら、あるメーカーの技術顧問をしていた。技術顧問といってもそんな大層なものではなくて、数式を適当に立ててはコンピュータ上でシミュレートし、うまくいったらおなぐさみ的な、半分遊びみたいな仕事だった。 

    とはいえ、時給5000円ももらっている以上、たまには真面目に仕事をすることもある。ある曲面を構成するのにどうしてもギャップが出てしまって、その解決法を探すのに色々と苦労していた時のことだ。行き詰って、

    紀伊国屋の数学関係の棚を見ていた時、役に立ちそうな題名の本を見かけた。手に取ろうとしたら、隣に立っていた女の子も、ちょうど手にしようとしていたところだった。 

    「あっ」と、ほとんど同時に、僕と彼女は声をあげた。

    「どうぞ。ちょっと見たかっただけだし」と、僕がそう言うと、彼女は「ありがとうございます」と言ってレジに向かった。 

    月並みな言い方だけど、本当にどこにでもいるような、これといった特徴のない普通の女の子だった。 
    あんな本を買う女の子って何者だろう、と、僕はいぶかしげに彼女を見送った。 

    これが彼女との出会いだった。
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    ハート


    610: 名無しさんの初恋 02/01/03 03:16 ID:5utIhETF
    まだ俺が20代前半だった頃、3年間一緒に住んでいた彼女が男をつくって出て行った。

    新しい男は60過ぎ(一応独身)。凄い悲しかった。が、これは始まりでしかなかった。 

    その後、普通の友達に戻り(俺の方は未練たらたらだったが)数ヵ月たったある日、「相談があるから来て」と言われ、元カノの家に行った。これはよりを戻したいのか? と思い、かなり期待して会いに行ったら、衝撃の事実を告げられた。 

    「彼の子どもができたの・・・。」 

    そう、元カノは結婚してくれと言うべきか、何も言わずに堕ろすべきかを悩んでいたのだ。 

    いろいろ話し合ったが結論は出なかった。俺の子供ってことにしてやり直そう、って説得したりもした。 

    で、数時間におよぶ話合いの後、どうやら本心としては結婚したいらしい。ただ、その後押しをしてくれる人がいないんだな、って思った俺は、その場で電話をかけさせ、結婚してくれと言わせた。 

    自分の大好きな人が、自分の目の前で、しかも自分のいった言葉をきっかけにして、自分じゃない人にプロポーズ(?)する・・・。 

    さすがに泣いた。泣きじゃくるとかじゃなくって、ただただ涙が止まらない感じだった。 
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    512: ひろひろ 01/12/24 12:12 ID:5eSjmD7l
    大学生の時、英会話教室の勧誘電話をかけてきた子と意気投合して、付き合うことになった。

    最初に、結婚までは体関係はなしで、って言われたから、てっきり純情な人なんだなって思い込んでた。しばらく、付き合ってたけどそのうち徐々に連絡取れなくなって…。 

    おかしいと思い、彼女のバイト中に電話したら「忙しいから後でかけ直すから待ってて」と。結局次の日になっても連絡がないので、待ちきれずに電話したら、「お客様のおかけになった電話番号は現在…」…………は? 

    電話した次の日に携帯を買い替えられるなんて、今なら笑えるけど、当時は完全にパニックでした。1ヶ月近くも飯がのどを通らなかった…。 

    結局、英会話教室に入れるために利用されちゃったみたい。体関係なしってところで疑問に感じるべきでしたね。いい勉強になりました。 

    ちなみにこの彼女はこの後、また別の携帯で僕に連絡を取ってきて、人生相談をされました。人間関係とか恋愛相談とか。よっぽど僕のこと人がいいと思ったんだろうね。

    まあ、それに真剣に相談に乗る僕もバカだけど。 

    結局、彼女の携帯番号は3回変わり(こちらから電話して携帯の番号変更されること2回(泣))、その後、僕はストーカーのように扱われていたことが判明。

    振られたことより、こっちのほうが泣けました。
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    469: 名無しさんの初恋 01/12/24 03:22 ID:jSrBxt6V
    正直、自分以外に彼女との死別という出来事を体験している人間が、こんなにいるとは思わなかった。 

    確かに世界では、戦乱や事件や事故は数えられないくらいあって、中には愛する人を失った人もたくさんいるのだろうけど、まさか自分の彼女が死んでしまうなんて、誰が想像できただろうか。 

    最初は、単なる喘息の発作だと思っていた。長いことつき合っていて、過去に入院したことがあったことも聞いていたから、1週間くらいで退院できるものだと思っていた。しかし入院3日目以降、発作を押さえるために、睡眠薬による昏睡状態が一ヶ月以上続いた。

    一ヶ月後、病状が回復してきたため睡眠薬の使用が中断され、とりあえず寝たきりだった間に落ちた体力の回復のために、リハビリが開始された。 

    リハビリも順調に進み、なんとか会話が出来るくらいにまで体力も回復してきた。 

    「からだのよわいかのじょでごめんね、わかれたかったら、わかれていいんだよ」 
    「じっかでりはびりして、げんきになったらまたこっちにでてくるから、それまでえんれんになっちゃうね」
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    373: ぐらしあす 01/12/18 00:15 ID:pnIy0Kcf
    すっごい好きな彼女がある日、自分の夢をかなえるために、どうしても留学したいって相談された。

    でもその頃の俺には、彼女を手放す事なんて考える事が出来なった。結果はもちろん大喧嘩・・・平行線の話し合い。それでも俺は譲る事が出来なかった。

    それで、彼女から出た言葉が「今のあなたは私には重荷でしかないよ」と。 

    正直あの時はショックだった。なんで、彼女の事離したくないって気持ちが重荷だったのかわからなかった。でも、それで話はぷっつり切れてしまった。

    返す言葉がないってこの事だとはじめてわかった。 

    それから、お互いに連絡も取り合わなかった。
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    285: 名無しさんの初恋 01/12/06 22:29 ID:JirqPXTk
    大好きだった彼が、仕事で行き詰まった。もう行き場がなくなって、私の部屋に逃げ込んできた。
     
    「死ぬ勇気がないから俺を殺してくれ」 

    でも私は彼を殺せなかった。二人でやみくもに真夜中の街に車を走らせた。そのままどこかにぶつかって死んでしまえればいいと、二人とも思っていた。 

    公園に車を止めた。 

    「おまえに迷惑かけるから別れるよ」 

    私は泣いて嫌がったけれど、彼の意思は固かった。その夜、私の部屋でお酒を二人でいっぱい飲んで、私が眠ってしまった隙に彼は出て行った。 

    翌日「あいつの居場所を教えろ」と、仕事仲間から電話があった。
     
    知らないと言い張った。ただ、死ぬかもしれない、とだけは伝えておいた。みんなで手分けして探し回ったけれど、どこにもいなかった。 

    皮肉なことに、その時、私の体には彼の子が宿っていた。
     
    男友達に頼み込んで名義上の父親になってもらい、私はその子を殺してしまった。泣きじゃくる私の肩を、男友達は優しく抱いていてくれた。そしてそのまま、なんとなく、私たちは付き合うことになっていた。 

    ねえ、どこでどうしていますか? 

    あなたの子供の分まで、どうか生きていてください。 

    私は、一人で罪を背負って生きます。
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    ハート


    131: 名無しさんの初恋 01/11/29 22:03 ID:N7dk9hwW
    ずっと長い間、友達以上恋人未満でやってきた彼女。 

    珍しく向こうから電話がかかってきて、「今度遊ばない?」っていうから「うんうん、遊ぼう遊ぼう!」って言ったら、電話の向こうから弟の声が 。

    「姉貴、やめろよ。婚約したばっかりじゃん」 

    その時、自分がどれだけ彼女のことが好きだったかがわかった。 

    電話を切って、1時間ほど待ってかけ直した。「ごめん、急な用事が入っちゃって、行けなくなった。わりい」 

    電話を切ったあと、どうにも涙が出て、止まらなかった。
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    163: ボヘミアン 01/12/04 12:15 ID:Y/butMt8
    少し長編になるかもしれませんが、最近気持ちの整理もできたので書いてみます。 

    今から6年前の話です。僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくて、ポケベル全盛期の時代のことです。 

    僕はその頃、高校を出て働いていたんですけど、2つ年上の女性と付き合っていました。お互いの親にも会ったりして、僕は結婚する事を信じて疑いませんでした。 

    毎朝ポケベルに「オハヨウ」とか「ガンバッテネ」みたいなメッセージのやりとりをしていたのですが、ある日、僕がメッセージを送るのがめんどくさくて送らない日があって、彼女からもメッセージは送られてきませんでした。

    ちょうどその日は給料日で、僕は今日は彼女にメシでもおごろうと、どこに行こうか考えていました。仕事が1段落つき、昼休みに入り食事に行こうとした時に、僕宛の電話が鳴りました。 

    その電話は、彼女の交通事故を告げる電話でした。
    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハート

    今だったら8万RTくらいされるかもしれない青臭い恋の話。

    1: 名無しさんの初恋 01/11/01 22:16 ID:vKhLTrgp
    告白・失恋何でもいいから

    【【悲恋】思わず涙が出てしまった恋愛体験【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    gahag-0085685637-1


    801: 愛と死の名無しさん 02/06/04 20:37
    下品な披露宴をしがちな職業リスト 

    低級公務員と土建系と広告系 

    他には?
    【【目撃】私は見た!!不幸な結婚式【その9(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    gahag-0085685637-1


    693: 愛と死の名無しさん 02/05/26 14:08
    昨年の4月、従兄弟の披露宴での話。 

    従兄弟はガテン系を取り仕切る役所の公務員で、新婦はその役所でバイトしていたコ。祝辞も一通り終わって、乾杯か?と思ったら、新婦の母親が日本舞踊の師匠とかで、その教室の生徒(つってもみんな50歳はとうに過ぎてる)による「お祝いの舞」が始まった。 

    演歌と民謡を足して二で割ったようなBGMに乗って、よそ行き顔でクネクネ踊るおばさん達に、同じテーブルにいた別の従兄弟(25歳・こいつも公務員)がツボッて、腹を抱えて笑い始めた。 

    笑っちゃいかん場所ほど笑いはガマンできないもので、またたく間に笑いは伝染し、もはや新郎(従兄弟)の親族はおろか、新郎の同僚のテーブルに飛び火し、もう笑い死ぬかと思うほど式場全体が笑い涙にくれた。 

    ふと新婦の親族席を見ると、そこだけ怒りのオーラに包まれていた。 

    披露宴は進み、さすがガテン系の役所だけあり、どっから持ってきたのか、新郎の上司はサラダボールに酒をなみなみと入れて、新郎に一気させていた。 

    明らかに新郎の限界を超えていた。 
    【【目撃】私は見た!!不幸な結婚式【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    gahag-0085685637-1


    599: 愛と死の名無しさん 02/04/16 21:06
    今度彼と結婚しますが、私の家族は反対しています。

    特に母親と姉が反対していて、その後の結婚生活をかなり心配している。 

    原因は3年の交際の間に、すったもんだがありすぎたこと。母親は彼のことを信用できない、温か味がないと言っている。家族が反対していることは、彼には話していません。 

    幸せムードでは行えない結婚式の想像ばかりが膨らみます。
    【【目撃】私は見た!!不幸な結婚式【その7】】の続きを読む

    このページのトップヘ