発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    ほん怖

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    861: 名無しさん 2001/08/11(土) 02:25
    友達から聞いた外国版の都市伝説みたいなものですが、ホームステイしていた人の話で、ホストの子どもが熱を出したらしく、ホストの両親から留守番を頼まれたそうです。 

    その時、両親から「子どもが部屋には誰も入れないでって言ってるので内線で話をしてね」って言われたそうです。 

    両親が出かけてしばらくしてから内線で「牛乳とクッキー持ってきて」って子ども部屋から連絡があり、それを子ども部屋の前に置いたそうです。その後も「本持ってきて」とか頼まれたので部屋には入らず、部屋のドアの前に置いて行ったそうです。 

    でも、だんだん「はさみ持ってきて」とか「ネジ持ってきて」とか訳が分からないことを言いだしたので、ちょっと気持ち悪くなったそうです。でも「部屋には入らないで」って言うので、そのままにしてたそうです。 

    その後、両親が帰ってきてその話をしたら両親も不審に思ったらしく、一緒に部屋に入ることにしたそうです。するとそこには、子どもを惨殺し、子どもに成りきっている男がいたそうです。

    男は昨晩から部屋にいたらしく、最初に「熱が出たので・・・」とか言っていたのも全てその男だったそうです。 
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その15(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その13】
    ほんのり


    799: 名無しさん 2001/08/06(月) 20:59
    私は自他共に認めるハムスターバカ。最大30匹超のハムを飼ってた事もあります。
     
    最近は冷静になって4~5匹ですが、今まで飼ってきたハムの中で一番賢く美しい、と思っている子の話です。 

    その子の名前は「ユキちゃん」。混じりっけ無しの真っ白なジャンガリアン。餌の時間になると、餌入れに前脚をちょこんと揃えて乗せてじっ~~と待っていたり、私の掌で熟睡してくれたり。本っ当に可愛い奴でした。 

    しかし、飼い始めて1年半程過ぎた頃に、下顎の辺りがみるみる膨らんできました。 

    医者に連れて行きましたが、悪性の腫瘍らしい。摘出しても長くは生きられないし、無理に摘出しても消耗するだけ、とのことだったので、泣く泣く処置を諦めて奇跡を願うほかありませんでした。
     
    願いも空しく天に召されてしまいました。その時の出来事です。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その14】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その12】
    ほんのり


    774:名無しさん 2001/08/05(日) 19:05
    友達で、なかなかの美少女がいました。 

    すげー自尊心高くて、たまにウザかったけどそれはともかくとして。 

    私は慢性盲腸のケがあり、時々盲腸の辺りがしくしく痛むのです。それである日もひどく痛んで、イタイイタイと愚痴っていました。 

    すると彼女が、「●●ちゃんって男とヤッた事ある?」 と聞くんです。私は当時まだ10代。まだ処女でしたので、否定すると、「じゃあ盲腸じゃないよ。あれって処女はならないそうだから」と。 

    へ?と思った私が詳しく訊いてみた所、彼女は教えてくれました。 

    彼女が小学校6年の時、今の私のように腹部がとても痛くなった事があり、病院へ行ったのだそうです。すると医師が「君は男性と性交渉の経験があるかね?」 と(小学生に訊くような事か?)。 

    ないと答えると、「盲腸はそういう経験のある女性しかならない病気なんだよ。それでココが痛くなるという事は、経験があるんじゃないの?ホントの事言わないと、ちゃんと治療できないよ?」 

    それでもないと答えると、「じゃあ先生が確認してみるからパンツを下ろして」 と言う事で、彼女はパンツを下ろされ、アソコに指を突っ込まれてかき回されてしまったのだそうです。 

    めでたく処女である事を証明出来た彼女は、「ただの腹痛だね」 と言われて、薬を貰って帰ってきたのでした……。 

    その話を聞き終えた後、「でも、幼稚園の時に盲腸になって入院した友達いるけど?」私はつい言ってしまいました。 

    「その子、嘘ついてんじゃないの?!」 

    唐突に逆ギレした彼女も恐かったですが、その医師も恐いです。
     
    あれから10数年経ち、彼女も今や30歳となっていますが、いまだに処女は盲腸にならないと頑なに信じているフリをしています。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その13】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その11】
    ほんのり


    686: 名無しさん 2001/08/02(木) 10:38
    ガキの頃の話。 

    電車を降りる時に、靴が片一方脱げてしまった。電車はそのまま走り去った。どうしたらいいかわからず、そのままホームで立ち尽くしていた。そこに次の電車が入ってきた。 

    ドアが開いたら、そこに脱げたはずの靴があった。乗っていたおばちゃんが「よかったね」と微笑んだ。 

    どういう展開だったのか、今考えるとちょっと不可解。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その12】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その10】
    ほんのり


    636: 名無しさん 2001/07/30(月) 13:41
    10数年前の「人事院月報」という国のお堅い雑誌の、読者欄みたいのに何故かあった。ちょっと怖かったので今でも覚えてます。だいたいこんな話。 

    夏休み、一家でサイパンを訪れた。 
    深夜、ホテルで皆寝ていたらいきなり電話がかかってきた。寝ぼけ眼で取る。すると、男性の声で「○さんですか?」と尋ねてきた。 

    「いいえ、違います…」と答えると電話は切れたが、少したってまたかかってきた。同じ人がまた、「○さんはいませんか?」 と。「違いますっ!」と切った。

    まったくこんな夜中に一体…と不愉快。でも旦那も子供も不思議と気づかず、すやすや寝ている。 

    ふとベッドサイドに気配を感じ振り向いた。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その11】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    ほんのり


    560: 名無しさん 2001/07/25(水) 22:35
    昨日の朝、うちの工場にツバメが迷い込んできた。 

    工場は体育館ぐらいの大きさだったが、天窓は無く、シャッターが比較的低い位置にあったので、出られなくなったようだった。うろうろしているうちに疲れたのか、ツバメ達は天井の梁に止まって休んでいた。

    オレもいつまでも見ているわけには行かないので、仕事に専念する事にした。 

    しばらくして通路を歩いていると、上から黒い塊が落ちてきた。見上げるとそこは丁度、天井の大きな換気扇がグルグル回っている場所。

    もう一度床に目を落とすと、そこには・・・。 

    お昼休みに、裏に埋葬してあげました。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    ほんのり


    515: 名無しさん 2001/07/23(月) 00:24
    祖母の葬式に出た時、 遺影がずっとまばたきしていました。でも誰も気付かない。ありがちな話ですが、恐いというより不思議だった。 

    祖父の時はもっと恐い目にあったので、もうしばらくは葬式に出たくない。 

    あと、今だに昔飼ってた犬の夢見ます。いつも泥だらけ。墓の中から来るのかなあ…あまり上手に世話できなくてごめんよ… 。

    これから風呂入ってシャンプーせねば。でも恐いよう。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    ほんのり


    483: 名無しさん 2001/07/19(木) 00:04
    ばあちゃんが危篤で入院してた時のこと。 

    俺は田舎に呼び戻されて、連日病院に泊まり込んでる親父と交替した。

    ばあちゃんは酸素吸入を受けてずっと昏睡状態。鼻の酸素チューブをいやがってはずしてしまうので、寝ずの番でチューブがはずれたら直す。とっても退屈。病棟は古い木造で校舎みたいだった。

    明け方、一寝入りした親父が交替に来た。喫煙室でしばし会話する。 

    親父「ばあちゃん、何もなかったか? 何か言わんかったか?」 
    俺 「何も。だって意識ないやん」 

    親父「こないだ、夜中に起きたんや」 
    俺 「へえ。まだ意識あったのん」 

    親父「それでな、『●●のおじさんが来たからお茶出したげて』て言うんや」 
    俺 「誰やの、その●●のおじさんて」 

    親父「ばあちゃんのお兄さんや。もう死んどる」 
    俺 「気持ち悪い話やな~」 

    親父「すぐ寝てしもうたけどな。せやからわし、気味悪うてここおるのいやなんや」 
    俺 「それで俺呼んだんかい!」 

    親父 「せや」 

    俺はもう一晩世話したが、何もなかった。俺が東京に戻って数日後、ばあちゃんは息を引き取った。 

    たぶん意識が混濁しとったせいや思うけど。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    415: 1/7 2001/07/15(日) 12:39
    中学生の頃、家が火事にあいました。

    全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係で、どうしても同じ町内で家を見つけなければなりません。新居を見つけるまでの間、私達は斜め前のお家に間借りすることになりました。 

    その家は、1年ほど前に相次いで老死した夫婦の家でした。本来なら家は遺族が住む筈でしたが、その息子夫婦も郊外に家を持っている人達で、今更その老夫婦の家に移り住む気もなく、また、人に貸す気もないと言うことで、そのままにされている家だったのです。 

    もちろん、斜め前に住んでいた私達はその老夫婦のことも知っていたし、その家の状況も知っていました。だからこそ、こんな事態の時に家を貸してくれたくれた息子夫婦の申し出を有難く思い、感謝の気持ちでその家に移ったのです。

    しかし初めてその家に入った時、私達一家はちょっとした戸惑いを感じていました。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    385: ロボヲタ 2001/07/13(金) 20:35
    最近体験した不思議な話。 

    1年ほど前に、コンビニで玩具菓子を買った。ある人気アニメのロボットの、組み立て式のフィギュアがついたやつだ。

    敵役のロボットなので髑髏
    (ドクロ)のような頭を持ち、両手でマシンガンを構えていた。玩具貸しのフィギュアにしてはなかなかの出来だったので、箪笥(たんす)の上に飾っておいた。

    この玩具菓子のシリーズは好評だったようで、第2弾、3弾が発売された。同じアニメ二登場する別のロボットのフィギュアがついていた。

    それにつられるように玩具菓子を買い、箪笥の上には4種類4体のロボットが飾られるようになった。アニメに登場する敵役のロボットが、すべてそろったのだ。

    4体のロボットは、一つの戦闘チームを作っているようだった。フィギュアはすべて出来がよかったので、よく4並んでいるのを眺めて時間をすごした。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    ほんのり


    338: 名無しさん 2001/07/09(月) 16:58
    先輩の体験談。 

    夜、畳の上で寝てた。ウトウトとしてたら、金縛りにあった。

    膝がカクンと90度直角に、真下に曲がったそうだ。

    ・・・畳は?
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    ほんのり


    253: 名無しさん 2001/07/02(月)18:53
    かなり幼い頃、豆電球を噛み砕いた事がある。 

    その時は「うえー割れちゃったよーーー」 って口の中で粉々になってるガラスを出してたが、今思い出すとちょっぴりゾッとした。
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    ほんのり


    186: 名無しさん 2001/06/28(木)01:20
    6歳の時と15歳の時に交通事故に遭った。

    9歳の時にすごい骨折をして入院した。

    12歳の時、自転車が大破するくらいの横転をした。

    3年ごとに何かしらの死にそうな目に遭う私。しかもどんどん酷くなってるみたい。

    何かに呼ばれてるのか?
    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    ほんのり


    91: 名無しさん 2001/06/25(月)02:26
    ある夏の昼下がり。

    公園を散歩していた俺は、昼寝でもしようかと芝生の上に寝転んだ。今日は本当に暑い。蝉の音がうるさいほど聞こえる。しばらくして眠りに入ろうかという時、ふと気がついた。

    女の声がする・・・繰り返し何かを言っているようだ。20代後半くらいの女の声で・・・「・・・っつ・・・つ」 だんだん声が大きくなってくる・・「がっつ・・まつ・・」 ・・・??はっきりと聞こえてきた。

    「がっついしまつ」・・「がっついしまつ」!!「ガッツ石松」だ!

    なんなんだこの女は!!繰り返し繰り返し聞こえる!だんだん俺のほうへ近づいてきた! 妙な音も聞こえる。 ガッツ石松 ガッツ石松 ガッツ石松! 

    はっ!違うぞ!「ガッツ石松」じゃない、「バックします」・・だ!!

    その瞬間、俺の下腹部に激痛が走った。「ぐわああああああ」芝生の入れ替えに来ていた業者のトラックが、俺の上を通過していた。 

    薄れ行く意識のなかで俺は思った・・・「バックします」じゃなくて・・・「バックしています」に・・・してくれ・・。

    【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ほんのり


    1: 名無しさん 2001/06/22(金) 10:20
    「シャレにならない」ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。 

    実体験に基づく話が多く、意外とシャレにならないより怖い話もあったり・・・。

    パート1 
    ttp://curry.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=987296535
    まとめ記事:ほんのりと怖い話 【【ほん怖】ほんのりと怖い話 パート2【その1】】の続きを読む

    このページのトップヘ