発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    まつわるシリーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    山

    935: 名無しさん 04/11/05 02:43:19
    あの日は本当に怖い思いをしました。 

    私はその日、一人で美濃戸口から八ヶ岳の赤岳を目指していました。その日の天気はうす曇で、翌日も天気はすっきりしなさそうでした。しかし私はせっかく来たのだからと登ることに決め、樹林帯を歩き始めました。 

    行者小屋を経由し、地蔵尾根を登り、地蔵尾根を登りきった時には12時を回っていました。その日は赤岳展望荘に泊まることにしました。泊まっていたのは私と他2グループだったと思います。 中高年の夫婦が1組と、おじさん2人が1組。 翌日の日の出を期待し、就寝しました。

    明け方、私はごそごそと起き出し、日の出を見ることにしました。その日は少しもやっていましが、窓から見た朝日はそれはそれはすばらしいものでした。 

    私は荷物を用意せずに一旦建物の外に出ました。あたりの気温は多分5度くらいだったろうと思います。寒かったのでジャンパーを着ました。そして何気なく、今まで上ってきた地蔵尾根側を見たのです。すると、霧の向こうに人影が見えたような気がしました。 

    最初は気のせいかなと思いました。しばらくきょろきょろと見ていると、霧の向こうに確かに自分よりもずっと大きな怪しい人影があり、しかもその人影は動くのです。 

    しかしその影がある位置は立てるはずがないのです。私より数歩先は崖になっていて、人間が立てるわけがありません。私は恐ろしくなって建物内に戻り、誰とも話さず震えていました。結局その日は、赤岳頂上に登らず帰りました。 

    いま考えてみても、あれは得体の知れない体験でした。あの人影はもしかしたら滑落した人の亡霊かもしれません。 

    あれ以来八ヶ岳には一度も行っていません。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その8(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    山

    743: 名無しさん 04/09/30 07:27:00
    丁度今頃の時期です。丹波川をハニワ男と遡行した時に人魂を見たよ。 

    翌日は先行パーティーの女が流されて、ハニワ男が引き揚げなかったら、釜に飲まれてた。水泳して身体が冷えた俺が、大キジを撃った
    (うんこ)場所が花魁淵。 

    後で知ったんだけど、花魁淵って超一級の心霊スポットなんだね。 
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    山

    625: 名無しさん 04/09/09 23:06
    3月の鹿島槍・天狗尾根に登った時。

    快適な雪稜を終えて下山ルートを爺・東尾根にしたので、冷池小屋の前にテントを張った。自分たちだけしかいない月明かりの晩、周りには銀世界が広がっていた。

    眠りについて5時間ほどして足音で目が覚めた。こんな時間にテントの周りを歩いている奴がいるのだ。その足音はテントの周りを時計回りに雪を踏みしめて歩いている。

    10周、20周、「オイオイ、いいかげんにしてくれよ」と言おうと、テントから首を出そうとしたところで鳥肌が立った。本能が「外を見るな」と告げている。なぜなら、月明かりでテントの外は明るいのに、影がまったくテントに映らないのだ。

    仲間は寝たまま起きない。その足音は途切れることなく続いていた。シュラフに頭を潜らせて、両耳をふさいでなんとか眠りに付こうとした。いつのまにか朝になっていた。

    あれは何だったんだろう、と仲間に聞いても知らないという。夢ではない。なぜなら、自分たちのプラ山靴とは異なる足跡が無数に残っていたのだから。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    山

    580: 名無しさん 04/09/01 08:01
    よくドラマの医者が、重病(大ケガ)の登場人物に対して「今夜が峠です」とか「山場です」って宣告するけど、肺炎とかならともかく、心臓病とかガンならば、その夜を越えても治りにくいと思うんだが。 

    もう駄目だということならば、「今夜が谷底です」という表現の方が適当かと。 

    それに、必ず、「今夜だけ」ってのも妙だと思う。「今週が峠です」とか、「今日の昼間が峠です」ってならないのは、何故だろうか? 人は、必ず夜に死ぬものなのか? 何故、あの峠は必ず夜に訪れるのだろうか? 

    実に不思議だ。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    山

    447: 名無しさん 04/07/26 23:00
    この3ヶ月で5回目の山行を終えて帰宅すると、夕餉(ゆうげ)の最中であった。 

    リュックを下して風呂かビールか飯か...と考る間もなく、「いつまでたっても片付かないから、座って食べてしまってちょうだい」と妻の声。仕方が無いと椅子に腰を下ろすやいなや、目の前にドンっとカレーの大盛りが置かれる。

    カレーは今日明神で食ったんだがなあ、
    と言おうとしたら、食べ終わってTVゲームを再開しようとした息子に向かって「いつまで遊んでるつもり?いい加減にしなさい!」 と妻の怒気を含んだ声、息子は慌てて勉強部屋へ。

    うぉ、こ、こいつは、
    と思っている間に、妻はテーブルの上の食器や、まだ一個も食べていないラッキョウの漬物まで片付けて、布巾でテーブルの上を拭き始める。俺まだ食ってんのに...。 

    この大盛りのカレーも、ジャーと鍋を空にしたかったためらしい。ぽつねんとカレーを食べる俺に背を向けたまま、妻は一言も発せず食器を洗い続け、食器の触れ合う音だけがカチャカチャと響く日曜午後7時。 
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    山

    371: 名無しさん 04/07/23 17:51
    これは俺が叔父に聞いた話。怖くないかもしれないけれど聞いてくれ。 

    俺のおじさんは宮城県に住んでいた。叔父は山登りが趣味で、色々な山に登っていたという。そして叔父がそのとき登ったというのが、某県の中級者向けの山。叔父は会社の同僚2人とその山に2泊3日の予定で行ったそうだ。 

    山登り当日。山は濃いガスで覆われていて、山登りをするために来る車や行き違いになる車もほとんどなかったそうだ。山の中腹の駐車場で彼らは車を降り、登山用バックを背負い登山道に向かった。 

    その時、叔父は何かを感じたと言う。叔父の言葉ではよく俺には伝わらなかったが、俺にはその"何か"と言うものが期待や面白い、とかというモノではないことが、その叔父の口調で大体わかった。

    どちらかというと目に見えない何か、恐怖というよりは不安?というものだったのだろうか。 

    続く。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    山

    141: 名無しさん 04/04/20 23:15
    穂高岳近くのキャンプ地で、夜中に危うく遭難しそうになったた。 
       
    山行の2日目、夜に雨と風がものすごく強くなり、ヒュッテのトイレへ行くタイミングを、テントの中で今か今かと待っていた。10時頃(山では夜中)、雨が弱くなったので1人でテントを出発した。

    距離は約40、50メートル程で、テント場へ行く道と下へ降りる道があり、途中1ヶ所直角に曲がる所があった。今思えば霧が濃く、ライトで足元がうっすらと見えるくらいだった。何も考えず、途中までは右側の石垣を伝い、曲がり角からトイレまでは明かりが漏れていたので簡単に着いた。

    ところが、用を済ませてトイレを出てから外を見ると白闇、何も見えない。まさに雲の中にいるように真っ白、足元もほとんど見えない状態でメガネが曇ったせいでもなかった。

    まあ、テントまではそんなに遠くでもないし、声を出せば返事をしてくれるだろう、と思ったオイラは馬鹿だった。来た道を目を凝らしながらもどったつもりだが、そこが本当に道なのかただの岩肌なのかわからなかった。 

    何度か行ったり来たり繰り返しているうちに、ヒュッテの明かりも見えなくなり、テントまでの方角や距離感もわからなくなってしまった。そういえば立山でも似たような経験があったのに、学習能力の低いオイラにはなんの教訓にもなっていない。 

    再び風雨が強くなり始めた。当然薄着で出てきている。どうしよう、このままでは凍死 してしまう。普通では予測できない状況になること・・・そうこれは遭難だ !

    今までにない恐怖とパニックに襲われた。
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    山

    1: 名無しさん 03/11/11 12:35
    引き続き、超常現象的なものから事故・遭難に関係するものまで、幅広く「怖い話」を聞かせてください。 

    まとめ:山にまつわる怖い話 
    まとめ:山にまつわる怖い話 パート2
    【【山怪】山にまつわる怖い話 パート3【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    774: 名無しさん 04/02/28 07:20
    イギリスだったか?の実話なんだけどさ。 

    ある島の灯台守達が全員行方不明になった事件があって、連絡がつかないので、数日後救援隊が向かったら、灯台日誌だけが残ってて、その日記が行方不明になる数日前からなんか変だったらしい。 

    実際にはその数日間晴天続きだったにも関わらず、すごい嵐がきてパニックおこしている描写があったり、「灯台守の仲間の一人が祈りを捧げている。もう一人は喚いている」とか、段々意味不明な記述が増えていった。 

    最後は嵐が去ったという描写のあと「天は光に満ち、神は我とあり」と書かれて終わっていた。そして灯台の中は、灯台守達のレインコートだけがなくなっていた…という話。 

    なんて名前の島の話だったか失念した。誰か知っているかなぁ。 
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    624: 名無しさん 04/02/14 10:40
    有明海でのこと。

    真夏のある日、小学校高学年の娘は、父の操るヨットから流されたロープに掴まり遊んでいた。ヨットの帆は風をはらみ、海面を滑っていた。しばらくそのようにしていたが、父が娘の方を見ると異常に静かだ。…まさか、溺れたか?! 

    嫌な胸騒ぎを覚えてロープをたぐり寄せると、しっかり掴まっている娘が見えた。声をかけても反応がない。そのまま引き上げると…娘の腹は喰い破られ、全くの空に成っていた。 

    数日後、付近の漁網にハンマーヘッドシャークが掛かった。
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    506: 名無しさん03/12/16 00:36
    有名な観光地、A市の消防署を定年退職した叔父に聞いた話です。 

    叔父は、市内の有名自殺スポットNが浦で自殺があるたびにかり出され、死体回収を何年もやっていたそうです。最初は嫌だったのですが、何年もやっているうちに死体にも慣れ、全然平気になったそうです。

    まったく動じない叔父は、Nが浦で自殺があると、必ずかりだされるようになってしまったということです。そんな叔父が一つだけ、思い出したくないことがある、と言って話してくれました。 

    ある晩のこと、たまたま家中に誰もいなくて一人で寝ていると、玄関を叩く音がしました。行ってみても誰もいません。すると少し経って、今度は窓を叩く音がします。 

    が、窓を開けてみても誰もいません。誰がいたずらしてるんだと怒りながら寝床につくと、今度は、布団をひいて寝ている部屋のフスマを叩く音が....。 

    勢いよくフスマをガラッと開けても誰もいません。さすがに気味が悪くなり、布団をかぶって寝ていましたが、今度は布団のまわりの畳を叩く音がしたそうです。 

    だんだん叩く音が強くなり、しまいには枕元をドンドンと叩かれる。叔父は怖くなり、布団をかぶったまま身動きできなかったそうです。そのうちだんだんと叩く音が弱まり、どのくらい時間がたったのか、すうっと叩く音はやんだ。 

    するといきなり電話が鳴ったので、布団をおそるおそる出てみるともう朝でした。そして電話に出ると、同僚から、またNが浦で自殺があったから来てくれと頼まれました。 

    その自殺者はまだ若い女性でしたが、崖の上から飛び降りたものの海まで落ちることができず、崖の途中の松の木に引っかかっていました。片目に松の枝がささり、崖の岩で打ったのでしょう、全身打撲で亡くなっていたそうです。 

    しかし即死することができず、何時間も松の木にぶら下がってこと切れたようで、無事だった片腕で思い切り近くの岩を叩いていた跡が、血まみれで残っていたそうです。 
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    440: 名無しさん 03/10/25 11:06
    怪奇現象とかそういうんではないですが、子どもの頃に見て怖かった話です。 

    私がまだ小学校の低学年だった頃の話なので、ちょっとうろ覚えで申し訳ないですが、もしこれを読んで、場所とか謂
    (いわ)れとかが分かる方いたら教えてください。 

    ある日、家族で海へ遊びに行き、船に乗せてもらってクルージングをしました。と言っても小さなモーターボートに乗せてもらって、ちょこっと沖へ出る程度の安い観光です。

    30分か1時間足らずのもので、場所は、神奈川県内の
    江ノ島(か、小田原あたりと記憶違いしてるかも)で、海もどんより、景色も関東ではお馴染みの黒いガツガツの岩場くらいしか見る物のない、子どもには退屈な観光だったのですが、途中で変な物を見つけて、私は船のおじさんにそれが何であるかと訊ねたのです。 

    陸を離れて沖へ出た辺りで、海の中から唐突に岩が出ていて、その上に150センチくらいの大きさのお地蔵さんが立ってるのです。
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    360: 名無しさん 03/09/05 01:06
    海ではないんですけど、小学校の時に湖で怖い体験をしました。 

    近所の家族3組でキャンプへ行き、姉や近所の友達とそこにある湖で、1人1隻ずつボートに乗って遊んでました。みんな離れてバラバラに漕いでたのですが、姉がキャーキャーわめきながら私を呼ぶので、私は姉の方まで急いでボートを漕いで近づきました。 

    「船代わって!!!」と言って慌てて私のボートへ乗り込んできたので、私は姉のボートに移りました。姉は遠く離れていきました。 

    壊れてるようでもないので、また普通に一人で漕いで遊んでたのですが、ボートの木目が、よく見ると微妙に変わってきたのです。モナリザのような長い髪の女性のようになり、あきらかに人の顔という状態になりました。

    私もこれには大慌て。半狂乱になって姉を呼び戻し、急いで姉のボートへ乗り移りました。そしたら姉は「やっぱり見た?」って。私は泣きながら「見たよ!こんなボートに変わらすな!!」と姉に怒鳴りました。 

    そして父親の所まで行き事情を説明して、父親と近所のおじさん達でそのまま乗り捨てたボートを取りに行ってもらいました。
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    264: 名無しさん 03/07/26 15:44
    海での不思議体験。

    小6の頃、伊豆の海でシュノーケリングを楽しんでいた。深さは5メートルくらいのところで、めちゃめちゃはしゃいで泳いでいた。目立つ石を投げて、海底からそれを拾ってくる競争を。友達と夢中でやっていた。

    何回かやっているうちにだんだん疲れてきて、石を拾って海面に上がるまでに息が続かなくなっている自分に気づいた。しかしまだ海面までは3メートルくらいあり、「やばい!溺れる!」と思ったが時すでに遅く、海水を思いっきり飲んでしまった。

    しかし不思議なことに、海水を思いっきり飲んだ直後に体が元気になり、普通に海面に上がってこれた。誰も皆、俺が溺れかかっていたなどと思わないくらい、俺は普通に元気だった。

    人間はもしかしたら海水から酸素を得ることが出来るのでは?と大発見に胸躍らせた小6の頃の俺。

    でもそれ以来試してません。
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    a285101f8ab9a0ebc2f7423b8137585d_t

    208: 名無しさん 03/07/03 18:32
    チリ沿岸、ぶよぶよした巨大物体漂着 
    ttp://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1057212604/

    チリの海岸に先週、長さ12メートルにわたるゼラチン質の肉片のようなものが漂着。正体の特定を依頼された欧州のグループは、大型のタコか、クジラの体から分離した脂肪ではないか、との見解を示した。 

    同グループによると、漂着した物体は、1896年に米フロリダ州で発見され、「オクトパス・ギガンテウス」と命名された生物種に極めて酷似している、としている。 

    一方、バハマからタスマニアに至る海域で操業している漁民やダイバーらの間には、「バミューダ・ブロッブ」と呼ばれる謎の生物が存在する、との噂もあるという。 

    サンティアゴの保護センター職員は、「数カ国のグループに調査を依頼している。現在フランスとイタリアから回答があり、我々が送付した初期データに基づけば、大型のタコである可能性がある」と述べた。同センターでは、物体の組織サンプルを、海外に送付することにしているという。
    【【怪異】海にまつわる怖い話・不思議な話 パート2【その4】】の続きを読む

    このページのトップヘ