発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    オカルト

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    オカルトニュース

    464: 名無しさん 01/12/12 21:30
    アトランティスか? キューバ沖で古代遺跡発見!深海にピラミッド状建物 
    ttp://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200112/

    キューバ西端沖のカリブ海の深海で、ピラミッド状の石造建造物や道路など都市に似た遺跡が発見された。キューバ政府と合同調査するカナダの探査会社が6日、明らかにした。

    少なくとも6000年前に建造されたと
    みられており、研究者らは南北米大陸と陸続きだった現在のカリブ海地域に、古代都市文明の存在を示すものとして注目している。 

    遺跡は最西端のサンアントニオ岬沖の海底約630メートルに位置する。巨大な石を垂直に積み上げた建造物は、ピラミッドに似た形という。 

    石の大半は1辺の長さが2~5メートルに及ぶ。近くにある道路とみられる遺跡は海底の砂に埋もれている。火山活動により地上の遺跡が海底に沈没したとみられる。 

    キューバ政府は数年前から外国企業などと協力して海底の遺跡調査を開始。探査会社は今年夏、遠隔操作の無人小型潜水艇を使って調査、来年1月に再び海底探査を実施し遺跡をさらに詳しく調べる
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その7(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    403: 名無しさん 01/11/29 04:39
    「我々の胚は順調」 クローン人間めざすグループ 
    ttp://www.cnn.co.jp/2001/WORLD/11/27/clonaid.clone/index.html 

    クローン人間づくりを計画しているグループ関連の研究機関「クロノイド」は26日、CNNの取材に対し、「私たちのヒトクローン胚(はい)は順調だ」と述べた。このグループは、25日に人間のクローン胚(はい)作製を発表した米バイオ企業「アドバンスト・セル・テクノロジー」とは別。 

    クロノイドは、宗教団体「ラエリアン・ムーブメント」の関連組織で、米国外に秘密の研究所を持っている。「研究目的は再生医療で、クローン人間作りではない」とするア社と違い、クローン人間づくりを目指している。 

    クロノイドの代表、ブリジット・ボワセリエ博士は「私たちの胚は、ア社の胚よりも細胞分裂が進み、「胚盤胞」と呼ばれる状態になっている。しかし、この胚を子宮に着床させたかどうかや妊娠にまで至っているかどうかについては話せない」と話している。 

    今年3月、同博士は4月にまでにある女性がクローン人間を妊娠する、と述べていた。今回、同博士は、クローン人間の誕生を発表する計画があるとしている。 

    ラエリアン・ムーブメントは、「地球上のすべての生命は、地球外生命による遺伝子操作によってもたらされた」と主張している団体。
     

    クローン研究の最大の障害である倫理面の問題も、普通とは異なった倫理観をもつカルトグループにとっては無問題。
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    オカルトニュース

    362: 名無しさん 01/11/13 00:03
    「5年間セッ○ス禁止」自ら背いた王に罰 スワジランド 
    ttp://www.asahi.com/international/update/1112/021.html 

    南部アフリカの王国スワジランドで、ムスワティ国王が、自ら提唱した「純潔を守る誓い」に背いた罰として牛1頭を11日、抗議に来た若い女性たちに納めた。

    国王はエイズ対策として9月、10代後半の女性に純潔を守るふさを身につけ、5年間セッ○スをしないよう呼びかけた。その後、自ら17歳の女性と婚約したことが発覚した。国王には、すでに7人の妻と1人の婚約者がいる。 

    これを知った若い女性約300人が王宮に詰めかけ、純潔のふさを脱ぎ捨てて抗議した。国王は自らの非を認め、牛を差し出したという。 

    牛は女性たちの村でバーベキューになった
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    オカルトニュース

    247: 名無しさん 01/10/20 23:58
    ヤクザも不況?生活苦から当たり屋稼業

    大阪府警旭署は17日までに、高齢者が運転する車にわざと手を当てて治療費を脅し取ったとして、住所不定、暴力団組員の男(52)を恐喝の疑いで逮捕した。 

    調べでは、男は9月9日午後2時ごろ、
    阪市旭区今市の路上で、同区内の建築業の男性(62)が運転する軽乗用車とすれ違いざま、わざとサイドミラーに手を当て、以前に切断した両手小指を見せつけながら「1人で病院に行くから3万円でええわ」と言って、男性から1万円を脅し取った疑い。 

    小指で脅迫。みみっちい。オカルトじゃなくてごめん。
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    オカルトニュース

    169: 名無しさん 01/10/16 15:19
    元恋人の男性にえい児の遺体送りつける 台湾・高雄 
    ttp://www.asahi.com/international/update/1015/001.html

    台湾南部の高雄市で、女性が元恋人の男性に、死産した嬰児を送りつける猟奇的な事件があった。 

    男性が肝をつぶしたのは10月12日夕のことだった。送られてきた袋を開けると、赤ん坊の遺体が入っていた。赤い紙にメモ書きがあった。 

    「私は妊娠10カ月の代価を払いました。これはあなたの責任です。ちゃんと始末してください」 

    男性はピンときた。会社のかつての同僚で同棲し、その後別れた彼女だろうと。すぐに警察に通報した。女性は警察に対して、自分がやったことを認めた。

    彼女によれば、10月10日早朝、産気づき、病院に向かおうとしたが間に合わず、車の中で産んでしまい、意識を失った。意識を取り戻した時には赤ちゃんはすでに死亡しており、友人に頼んで送りつけたという。 
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    49: 名無しさん 01/10/10 20:18
    これってホントなの? 

    近々、東京に大地震が 
    ttp://www.mandarake.co.jp/tv/news/jsn_index.html
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    オカルトニュース

    1: 名無しさん 01/10/10 16:47
    名前通り、奇妙なニュースや雑誌・テレビ(非オカルト系)のオカルト的ニュース・事件を見かけたら報告お願いします。 

    例えばこの事件のように。 
    【【奇怪】本当にあったオカルトな事件・ニュース【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    右から長門・武蔵・大和

    233: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/08/22(水) 10:35
    旅順攻略の第三軍司令官として指揮を執った、乃木希典将軍。 

    多くの将兵を失い、自身も二人の愛息を失った乃木将軍は晩年、戦争遺族を慰問して歩いたというが、真偽は定かではないという。ただ巷では「一人息子と泣いては済まぬ。二人亡くした方もある。」 という歌が口ずさまれていたそうだ。 

    乃木将軍の死後、東京赤坂に乃木神社が建立されるが、空襲の被害も全く受けることなく今に至る。

    連合軍総司令官マッカーサー元帥の父が、従軍武官として乃木のもとにいたことがあり、古代ローマ人のような立派な武人だと敬服していたのが、息子にも継がれたのではないかといわれる。 

    占領中も米兵による狼藉
    (ろうぜき)を防ぐため常にMPが警備につき、元帥自身も訪れた際に木を植えたそうで、今では大きくなっているそうだ。 

    どんな木かはわからないけど、機会があったら見てみたい・・・。
    【【英霊】戦争のオカルト話 パート2【その4(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    右から長門・武蔵・大和

    164: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/27(金) 05:07
    特攻基地の近くに、特攻隊員御用達の食堂があったんだって。

    その食堂の女主人は、特攻隊員から母親のように慕われていたんだと。その女主人に、とある特攻隊員が、出撃直前にこんなことを言った。

    「ボクが特攻するのは、明日の夕方です。死んだら蛍になって戻って来るんで、お店の扉を開けていて下さい」・・・。 

    果たして、次の日の夜、お店に1匹の蛍が入って来た。女主人が「これは今日、特攻した誰々だよ」とその場にいた他の特攻隊員に告げると「それはないよ」との返事。けど、みんな自然に肩を組み合って合唱し始めたとか。 

    その女主人だけど、90歳近くまで長生きしたらしいよ。特攻隊員に「おばちゃん、ボクは明日死ぬから、残りの命を上げるよ。その分、長生きしてね」と言われてたんだってさ。何か悲しい話だよね。 

    ちなみに、その女主人の葬式の時、どこからともなく1匹の蛍がやって来たとか。その特攻隊員が迎えに来たのかな?
    【【英霊】戦争のオカルト話 パート2【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    右から長門・武蔵・大和

    82: 名無し 2001/06/30(土) 15:00
    俺の親父の話だけど、親父の所属してた連隊のある大隊の話。 

    関東軍の抵抗線を中朝国境近くまで下げる作戦で、連隊が白頭山麓に展開したが、戦闘もなく武装解除。運良くシベリア送りにならなかったので、大方の兵士は帰還できたらしい。 

    しかしある大隊だけが集合せず、連絡不能となり一緒に帰還しなかった。その後、戦友会なんかで調査したが、今だにこの大隊の兵を探せず、1名も復員していないとの結論らしい。 

    匪賊
    (ひぞく)に襲われたとしても、1個大隊800人が全滅というのはありえない。神隠しのようなものだと言ってた。白頭山の密林に消えた謎ですね。
    【【英霊】戦争のオカルト話 パート2【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    右から長門・武蔵・大和
    右から長門・武蔵・大和

    1: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/22(金) 18:37
    ややネタ切れぎみになってはきたものの、再起してみました。 

    国内でも海外でもOK。昔話でも最近見た話でもOK。ちょっと不思議な話とかもOKです。 

    前スレ「戦争のオカルト話」 
    ttp://piza.2ch.net/occult/kako/988/988130633.html 
    【まとめ記事:戦争のオカルト話】

    関連スレ(自衛隊板)◆自衛隊@オカルトネタ◆ 
    ttp://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=jsdf&key=975484312
    【まとめ記事:自衛隊@オカルトネタ】
    【【英霊】戦争のオカルト話 パート2【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    右から長門・武蔵・大和
    右から長門・武蔵・大和

    387: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/21(月) 19:59
    かなり以前に体験漫画で読んだので場所も失念しているけど、現代の話です。 

    子供たちがどこかの沼だか池に遊びに行くと、若い日本兵の霊が現れた。 

    「今、日本は平和かい?」と尋ねられ、「うん」と子供が答えると、

    「・・・良かった、我々の死は無駄ではなかった」 

    そう笑顔で返した彼の後ろ、池の上にたくさんの兵士の姿があったという。 

    思いだす度に、今の日本は彼らの犠牲に値するだけの国なのかを考えさせられてしまう。


    【【英霊】戦争のオカルト話【その8(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    右から長門・武蔵・大和
    右から長門・武蔵・大和

    342: 幽霊話じゃないが 2001/05/19(土) 09:56
    何年も前に、テレビ朝日でやってたドキュメンタリー。 

    ニューギニアで夫が戦死したんだけど、その人、よく夫の夢を見るそうだ。

    夫が死んだ場所が何故か夢に出てきて、遺品の場所もわかるらしい。どうしても探し出したいとニューギニアへ。でも、見つけられなかった。 

    日本に帰る日、ジャングルに向かってその人が、「見つけられなくて御免ね」って、泣きながら叫ぶんだよ・・・。 マジで今思い出して涙出てきたよ。
    【【英霊】戦争のオカルト話【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    右から長門・武蔵・大和
    右から長門・武蔵・大和

    271: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/16(水) 14:38
    自衛隊にも精鋭部隊がある。

    レンジャー部隊っていうんだけど、その訓練が実にハード。生きたままの蛇を食ったりする(しかし、何のため?)。でも、一番に過酷な訓練は、富士の樹海の突破だ。最低限の食料と休憩で、あの樹海を歩いて突破するのだ。

    で、この訓練だけど、「出る」んだってね~。 

    訓練の途中での話。いきなり雰囲気が張りつめたものになり、隊長が最後尾の新任隊員に「絶対に後ろを振り向くんじゃないぞ」と釘を刺した。けど、そう言われると、どうしても後ろが気になってしまう。で、誘惑に負けて後ろを見ると・・・

    疲れた表情の背広姿の男がついて来てたんだって。 

    現場は、その手の装備と類い希なる体力があって、初めて歩くことのできる環境だ。背広姿の、それも、こんなに疲れきった男がついてこれるはずがない。なのに、いつまでもピッタリとついてくる。けど、森を出る頃には消えていたとか。 

    レンジャー部隊の訓練では、途中で自殺者の死体に会うことも珍しくない。そーゆー場所なんだろう。

    【【英霊】戦争のオカルト話【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    右から長門・武蔵・大和
    右から長門・武蔵・大和

    207: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/13(日) 23:55
    有名な話なんでちょっと気後れしますが。 

    日露戦争、日本海海戦の前に当時の皇后の夢に長身・異相の武士が現れたそうです。 武士は「生前海軍に尽力したものであるが、この戦に勝利できるよう加護する」と告げました。 

    皇后にはその武士が何者かわからなかったのですが、桔梗の紋が印象に残ったそうです。
    【【英霊】戦争のオカルト話【その5】】の続きを読む

    このページのトップヘ