発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    サイコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その13】
    サイコ


    890 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/24(木) 09:35
    友人(女性)から聞いたお話。 

    浮気した相手が家族崩壊。それにつれて、浮気の相手が精神崩壊。別れ話の席(喫茶店)で、男の癖にいきなり泣き出される。仕方ないのでその人の家にいくと、ナイフでクッションを破りながら話をされる。

    最後には自分の脚を刺し始めて、部屋が真っ赤になる。

    本当に殺されると思ったそうだ。浮気はしないほうがいいかもね。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その14(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その12】
    サイコ

    ・除霊の真似事するサイコ女

    825 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/05/14(月) 23:42
    隣の部屋に住んでた女の子の部屋に誰かが忍び込んで、人形や写真の眼の部分をマジックで塗りつぶしたってことがあった。 

    ちょうど、その子がそれを見つけたときに立ち会ったんだけど、アレはおぞましかった。ほんとに眼のあるものは全部塗られてた。ポスター、人形、CDのジャケットとか・・・。興味があったらやってみてください。思い出しても震えが来るほど怖かった。 

    で、後日談。女の子は引っ越し、ほどなく一人の大学生が逮捕されました。ストーカーだったそうです。

    で、ここからは噂なのですが、眼を潰した動機について、「自分以外が彼女を見ることが我慢ならなかった」と・・・。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その13】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その11】
    サイコ

    ・春先のサイコ・サイコな医療関係者・電車のサイコ

    721 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/23(月) 13:09
    サイコさんから苦情電話かかると大変。特になぜかいつも今の季節が多い。 

    意味もなくどなりちらし、その後、笑う。冷たく切ると逆切れで面倒な事になりそうで、無下に切れないのが辛い。 

    「僕は君がどんな応対を取るか試して怒鳴ってるんだ。いまの対応は100点!」 

     ……ハァ?と思いながら、とりあえず相手する。そしてまたいきなりどなりつける。こちらは謝る。へらへら笑って、上出来の謝り方だとお褒めの言葉を下さる。

    俺は怪しい奴じゃないぞ、と笑いながら個人情報を聞き出そうとする。仕事が終わる時間を聞かせろなどと抜かす。こっちは仕事で相手をしてるのに、何を勘違いしたのか誘ってくる。

    会社の通用口に押しかけられた事もある。気に入ったから私を呼べと、受付でどなったらしい。

    ホントに身の危険を感じた。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その12】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その10】
    サイコ

    ・サイコ教師

    609 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/04(水) 01:13
    うちのじいさんがエレキング(人形)を松の木に括り付けてた。意味は不明。 

    ばあさんが全部取ってしまったけど、あれって余所から見たらサイコだったかも…。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その11】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    サイコ

    ・身内のサイコ

    596 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/02(月) 21:14
    スーパーでバイトした時のこと。 

    中学生くらいの女の子がキーホルダーをレジにもってきたが、お金が全然足りなかった。「お金足りないですねえ。」と言ったら固まってしまって、全く動かなくなった。 

    「あのー。お金足りないんで買えないですよ?」 「家族と一緒でしたら借りてきては?」 と、話し掛けるもうつむいたまま、品物をみつめて完全凝固。 

    後ろのお客がいらだち始めたので、彼女をよけるように業務を再開。みんな不審そうに彼女を見つめるが、彼女はそのまま・・・。 

    20分くらいして、「あのう・・・。お金
    りないと、これはえないんですよ。ここにずっと 
    おられても、買えないことにかわりはないですよ?」 と、声をかけたら、真っ赤な顔できびすを返して去っていった。 

    こういう人って多いのですか?
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    サイコ

    ・半田サイコ:サイコを形成したモノ

    425 : 半田サイコ 2001/03/28(水) 00:23
    途中Sと別れ、家に帰ったオレは鍵をしっかりとかけ、電話回線も抜いておいた。 ヤツが家にきても知らぬ存ぜぬを決めこもう。 

    30分が過ぎた。おかしい?ヤツはファミレスにでも戻ったのだろうか?必ずここに来るものかと思っていたが・・・。 

    1時間後。 

    ガチャ 

    ガチャガチャ 

    誰かが家の扉を開けようとしている! インターホンを鳴らさずに、いきなり扉を開けようと。 

    外は、未だに雪が容赦なく降りしきっている。故に、そのうち諦めて帰るかもしれない。嗚呼、いっそこのまま凍死でもしてくれたらいいのに・・・いや、こんな所で死なれても困る。

    何故、オレはこんな目にあうんだ。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    サイコ

    ・半田サイコ:別れ話のもつれ

    337 : 半田サイコ 2001/03/25(日) 03:42
    オレの部屋での話。
     
    彼女は部屋にいると、おおむね幼児化して甘えてくる。 

    暫くは適当に合わせてやるが、ずっと顔を凝視されてニヤニヤされるのもたまらない。それでテレビとかに目をやってしまう。その時、面白そうな番組をやっていて思わずそちらに見入ってると、「ドンッ 」背中を痩身の力の限り踏まれる。 

    ムカっときて振りかえると、何の邪心もないような満面の笑みでいる。それで、「お話しようよ」とか言われると、こちらのトーンも下がるというもの。 

    また、同じような状況で顔を引っかかれたこともある。ふと、顔に痛みが走ったかと思うと、ツーっとしたたるものを感じた。 

    「キャキャ血が出ちゃった♪」 
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    サイコ

    ・半田サイコ:元カノ

    245 : 半田サイコさん(友達のカアちゃん)のお話 2001/03/23(金) 02:43
    3年前に付き合っていた彼女の話。 

    彼女は麻生久仁子似のOLだった。以後Aとする。Aは地元のミスタードーナツで、自分と友達にポイント券をくれないか?と話しかけてきた。これが出会いだった。

    そして、色々話てみたら東京で働いているOLだという。で、当時自分の大学は東京にあったので、東京で今度一緒に飲もうよという話になり、東京で再会した。

    ま、何度か会ったりしているうちに付き合うことになったのだが、そこからが本題。 

    まず、尽くし方がハンパじゃなかった。給料が入れば、それをすべて1週間でほぼオレのために費やす。で、自分はというと、物をほとんど食べないのだ。 

    ヤツはOLということもあって東京のいろいろな店を知っていて、銀座、青山、渋谷、新宿、いろいろ連れていってもらった。いずれも学生のオレには、今までご縁がなかったようなお店。 

    さらに、そんな所にふさわしい服がない、というとヤツは全部買ってくる。お店は当然奢りだ。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    サイコ

    ・大学入って友達出来なくてサイコになった女・王の生まれ変わりを探すサイコ女二人組

    315 : ひとみくん 2001/03/24(土) 17:20
    7・8年まえの秋田市で見たこと。 

    バスに乗ってたら、某大手スーパー前で降りたおばさんが戻ってきて、運転手さんとなにか話している。すると、「うしろの席に寝ている子供さんはいませんか?」とアナウンス。 

    ざわめいて見渡すけど、だいたい子供がいない。
    運転手さんは「いないようだ」とそのおばさんに説明するが、そのおばさん「息子と乗ったはずなのに降りてこない」と青くなって訴えているのだ。 
     
    「でも、乗ってませんからね。」本当に乗ったのか、と運転手。一緒に乗ったのだと言い張るおばさん。運転手さんはおばさんにマイクを渡し、呼びかけるように言った。
     
    「さとし〜ぃ」 

    なんだか哀しげだが滑稽な呼びかけに、乗客失笑。2・3回呼ぶが、いるはずがない。運転手さんも気の毒そうに「途中で降りたんじゃないか」と言って諦めさせ、お引取り願った。 

    「おかしいな、おかしいな」と言いながら、おばさんは去っていった。 

    多分、最初から乗ってなかったんだろう。でも、そう言う勘違いってあるかなあ、とちょっとの時間、乗客の話題になった。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    サイコ


    185 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/03/20(火) 13:42
    10年以上前だと思うけど、都営S宿線で、「○○星人」というタスキをかけた、バレリーナみたいな格好の40才は超えたと思われるオバハンいた。 

    そして走り回りながら、訳の分からないことを叫んでいた。
    ○○星人の○○の部分をド忘れしちゃった・・・メラメラだったかキラキラだったか・・・。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    サイコ

    ・500年ぶりに恋人同士になった美人サイコ

    182 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/03/20(火) 06:31
    バスで後ろに座ってる婆さんが、何やらブツブツ言っている。 

    何とか聞き取ろうと耳をすますが、全体の意味は全く通じず。ただ、怒気のこもった声で、誰かを罵っているらしい事は分かった。 

    そんななか、唯一ハッキリ聞き取れる上に、繰り返し出てくる「ゲリベンノフンヅマリ」という台詞(なんで下痢なのに糞が詰まるんだ〜わけわかんね〜)に恐怖にうち震えていると、停留所に着いたので下車。 

    どんな婆さんか見ておこうと振り返ると、既に婆さんも俺の方を見ていた。 

    見つめ合うこと数秒、おもむろに「ニヤリ」とほほえむババァ。 

    文章が下手で全く伝わらないと思うが、あの時は怖かったヨ。あの笑顔は今でも忘れられないヨ。

    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その4】】の続きを読む

    このページのトップヘ