発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    サイコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    サイコ

    ・500年ぶりに恋人同士になった美人サイコ

    182 : 名無しさん 2001/03/20(火) 06:31
    バスで後ろに座ってる婆さんが、何やらブツブツ言っている。 

    何とか聞き取ろうと耳をすますが、全体の意味は全く通じず。ただ、怒気のこもった声で、誰かを罵っているらしい事は分かった。 

    そんななか、唯一ハッキリ聞き取れる上に、繰り返し出てくる「ゲリベンノフンヅマリ」という台詞(なんで下痢なのに糞が詰まるんだ〜わけわかんね〜)に恐怖にうち震えていると、停留所に着いたので下車。 

    どんな婆さんか見ておこうと振り返ると、既に婆さんも俺の方を見ていた。 

    見つめ合うこと数秒、おもむろに「ニヤリ」とほほえむババァ。 

    文章が下手で全く伝わらないと思うが、あの時は怖かったヨ。あの笑顔は今でも忘れられないヨ。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    サイコ

    ・サークルのサイコ女

    61 : 名無しさん 2001/03/17(土) 08:07
    幼いころ、夜中に目が覚めたら枕元に親父とおふくろがいて、俺の寝顔を真剣に見つめていた。

    いつにない怖い表情なので「ごめんなさい、ごめんなさい」と言うと、「起こしちゃったか、ゴメンね。」と笑顔で言われた。翌朝からはいつも通りの両親だったが、その晩のことがずっと頭から離れなかった。 

    親父が借金の保証人になってて、保証してた友人が借金ほったらかしで逃げたと聞いたのは、中学の頃。やっと借金返し終わったと、両親が涙ながらに告白した。 

    あの晩、両親は何を考えていたのだろう? 

    サイコじゃなかったな・・・。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    サイコ

    ・肉般若

    24 : 名無しさん 2001/03/16(金) 05:58
    同人やってる人々の恐怖体験。 

    ttp://www21.freeweb.ne.jp/play/love2ch/ ※リンク切れ
    日本の未来は暗い…。

    ※ウェブアーカイブより 
     ■肉食般若の恐怖■

    今年の夏コミの悪夢です。
     
    夏コミ前にね、コピー本やる友達の手伝いをしに家を開けてたんですよ、私。翌日は楽しいコミケ、ペーパーも終わったし、張り切っ て行くか、と。

    時間は夜の8時だったかなあ。駅から歩いて戻って、自分のアパートとマンションの
    間のような自宅へいそいそ歩いて来ました。私の部屋、三階の端なんですが、窓が明るいんですよ。電気消して行ったはずなのに。

    なんで?と思って慌てて部屋に
    向かったら、なんか…ドア越しに人の気配があるじゃないですか。気が動転しつつも慌てて鍵を開いたら、そこには見知らぬ四人の厨房が人の部屋でくつろいでやがりました。
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    サイコ

    サイコパス:反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパスと呼ぶ。(wiki:サイコパス)

    サイコシス:妄想や幻覚を特徴とした精神病症状である。厳密には、現実検討ができない症状である(妄想や幻覚だと当人が分からない)。(wiki:サイコシス)

    このスレ場合、これらを総称して「サイコ」と呼ぶ。 

    ・赤い服の女

    1 : 名無しさん 2001/03/01(木) 15:25
    霊的なものじゃなく、狂った人間の恐怖話をしません? 

    ということで、まず私から。 

    涼子(仮)は大学進学のため、寮に入ることなりました。

    その寮は、2人部屋でルームメイトは、幸恵(仮)という20の女でした。幸恵はどことなく影があり、あまり口を利きませんでした。風の噂では、数年前に彼氏を亡くしているとのことです。

    ある深夜、幸恵はふらふらと部屋を出て行きました。涼子は、トイレかな?とその時は気にも留めませんでした。が、深夜にちょくちょく外出することに気づき、しかも数時間帰ってこないので、だんだん不審に思ってきました。 

    気になって仕方がないので、幸恵をつけてみようと決心した涼子は、寝たふりをして、幸恵が出て行くのを待ちました。いつものように、幸恵はふらふらと出ていき、気づかれないようにつけていきました。 

    幸恵は30分ほど歩き、ある霊園に入っていきました。 

    続く
    【【狂人】サイコな人にまつわる怖い話【その1】】の続きを読む

    このページのトップヘ