発掘系まとめ

主に10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    天皇陛下

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今上天皇が退位後、現在皇太子さまがお住まいになられている東宮御所にバリアフリーなどの改修工事をし、それが終わってから移り住む予定となっているが、お住まいになる御所の名前は「仙洞御所」と呼ばれる。仙洞とは仙人の住み処の意味。

    このニュースの最大の見どころが、0:34から何かをくるくる指でなぞる悠仁様がご幼少期の眞子様にそっくりなこと…。

    ※2017年のニュースです

    【【動画】今上天皇が退位後にお住まいになる仙洞御所…仙人の住み処】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    天皇陛下が乗った御料車を含む車列が、緊急走行中のドクターカーに遭遇…。

    天皇陛下の御料車は2006年に導入されたトヨタ・センチュリーロイヤル。センチュリーをベースにしたトヨタ・センチュリーロイヤルは一般販売はされておらず、リムジン仕様の8人乗り、ドアは観音開き。防弾性能等を強化した特装車2両と寝台車(霊柩車)1台の計4台で運用中。

    納入価格は、天皇・皇后が乗車する標準車(ナンバー「皇1」)で1台税込5250万円、防弾性能等が強化された国賓接遇用の特装車(ナンバー「皇3」、「皇5」)で1台税込9450万円(皇2は寝台車、皇4は欠番)。

    標準車の「皇1」も防弾ガラスだそうだけど、天皇・皇后両陛下は窓を開けて手を振ってくださるね…そういや皇后陛下がいつも歩道側の席にお座りになってるね…万が一に備えてではなく、車は運転席のうしろの席が上座なんだっけ…(´・ω・`)…。

    関連動画:首相専用車と救急車どっちが優先?
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1975年7月17日、戦後初めての皇族による沖縄訪問で、ひめゆりの塔での献花に訪れた皇太子明仁親王(今上天皇)および美智子様に対し、左翼系過激派が火炎瓶を投げつけた。

    美智子様が警察官に庇われて地面に倒れた際に打撲傷を負った以外は、皇太子(今上天皇)および美智子様に大きな怪我はなかった。

    0:40頃にひめゆりの塔の壕に潜む過激派に飛び掛かっているのは、警護に当たっていた皇宮警察側衛隊。警備にあたっていた沖縄県警警備陣は、火炎瓶に驚き任務放棄して逃げてしまったという…。

    当時、ひめゆりの壕で取材に当たっていた沖縄タイムスの記者は、TBSの番組において「怪しい男がいたので注目していました」と発言し、スタジオの出演者からも「スクープですね」と絶賛されていた。

    しかし、「怪しい男」の存在に気づいていたにもかかわらず警察に通報しないことは、軽率なスタジオやマスコミ関係者共々批判を呼んだという…。

    なお、一連のひめゆりの塔事件で逮捕されて服役した一人(熊本出身)は現在沖縄県の名護市議で、米軍基地反対運動を積極的に展開中…。

    ここまで「wiki:ひめゆりの塔事件」より引用。

    天皇皇后両陛下は現在、天皇陛下に即位してからは6度目の沖縄を訪問中…天皇としては最後の沖縄訪問になるとか…いろいろ思うことあるだろうね…(´・ω・`)…沖縄でいい思い出作ってきてね、陛下!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    皇居の一般参賀に12万人超。「…新年…おめでとう…」 …なんなのこの天皇陛下の穏やかさ…(´・ω・`)…まさに平成…。

    なお、ガラスの向こう(おそらく防弾ガラス)の向こうからやるようになったのは、1969年の一般参賀で、むき出しのバルコニーにいた昭和天皇に向けて左翼がパチンコ玉を発射し、ピストルで撃たれそうになってから防弾ガラスを入れた模様。

    【【動画】眞子様最後の一般参賀→平成最多12万人の人出の裏側】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本日、天皇陛下は平成31年(2019年)4月30日をもって皇太子殿下に譲位なされ、5月1日から改元することが決まりました。

    天皇陛下は今年で84歳…もういい歳のおじいちゃん…退位したら美智子様とゆっくり過ごしてね…(´・ω・`)…眞子様にお子様生まれて、ひいおじいちゃんになってるかもだし…。

    新しい元号はどんなだろう?新しい時代が来る瞬間はどんな感じなんだろう?昭和から平成になりゆく時の動画をいくつか。

    ※1989年(昭和64年)1月7日午前6時33分、昭和天皇崩御。緊急放送チャイム。

    【【動画】昭和から平成になった瞬間の映像】の続きを読む

    このページのトップヘ