発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    学校あるある

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    学校時計6


    829: 名無しさん? 02/08/08 17:47 ID:???
    好きなAに告白しようと思って呼び出したら、その子の友達のBも一緒にきてた。

    どうにも混乱した俺は、なぜか友達Bの方に告白してしまった。

    ふられた。

    たぶんBに、俺がAを好きだと言うことを悟られたくなかったんだな。

    しかしバカだな、当時の俺。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    学校時計6


    772: 名無しさん? 02/08/04 23:37 ID:hvluhfaj
    中3の時の話です。

    1日目に東京ディズニーランド行って、1日目の朝でした。

    皆眠そうな顔をして、ホテルのメシ食うところへぞろぞろ集まってきました。次々とテーブルの上に運ばれてくる、いかにも「朝メシ」と言ったカンジの料理。それを着々と食べていく生徒。なんら変わらない、修学旅行の朝食風景でした。

    ふと、同席していたYの皿に目をやってみます。すると、野郎、肉・ポテト等は食い漁っているのに、サラダには全く手をつけていないのです。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    学校時計6

    635: 名無しさん? 02/07/29 23:35 ID:qqJ5f4hh
    タイヤを6つくらいくっつけた乗り物(?)の中に入り(ちょうどガキ一人分くらいのスペース)、グラウンドにあったちょっと小高い丘から転がす遊びが流行ってた(本来はタイヤに乗って、転がして遊ぶものなんだが)。

    で俺が中に入って転がしてもらったのはいいが、途中で方向が変わって変な方向に転がっていって、ゴールポストに激突した。そしたらタイヤが垂直に立ってしまい、中の俺は逆さのまま身動きがとれなくなってしまった。  

    すまん、文章が下手で。昔からオチのつけかたが下手なのよ。でも状況はわかると思う・・・。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    学校時計6


    563: 名無しさん? 02/07/24 01:29 ID:???
    消防の頃、社会科見学だか遠足だかの帰りの電車の中で、なぜか尾籠(びろう:わいせつ)な話で盛り上がっていた。

    男女入り混じり、他の乗客がいるにもかかわらず、小声で大興奮の12歳たち。そんな時、側でただ聞いていただけだったKちゃん(女)が一言 。

    「ねえ、オ○ニーって何?」 

    ・・・幼いって怖い事ですね。見事に他の乗客に聞かれ、教師に通報。翌日、その場にいた男女が別々の教室に呼ばれ、緊急性教育(w 。

    まあ、しかし、うちの女性担任が嫌なやつで(30後半未婚)、大体お灸も据え終わった頃、私に対して「まあ、○○(←ワシ)は意味わかんないだろ(w」 とのたまいやがった。

    その頃の私は確かに成長が遅く、まだ初潮も迎えていない頃だったんですが、兄のエロ本を読み込んでいたおかげで、かなりの耳年増でした。

    なんでそんなこと言われなきゃならんのか理解できなかったし、おかげでその担任がますます嫌いになったが、我々が卒業後に転任した先の生徒にいじめられ、登校拒否を起こしたと聞いて、若干溜飲を下げました。

    卒業後、10年以上たちましたが、未だに同窓会した事ありません。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    学校時計6


    461: 名無しさん? 02/07/19 03:07 ID:ARkA3oYH
    高1の時の話 。

    学校にも慣れて、ようやく友達ともぎこちなさがとれてきた時期の事。

    俺とOを含む数名は、みんなでお菓子やらカロリーメイトやらを持ちより、授業中や授業の合間にワイワイガヤガヤやりながら食べていた。しかし1学期の期末テストが終わった辺りから、Oの持って来るのものが明らかに変わってきた。

    それまで駄菓子中心だったのものが、日を追うごとにグレードアップしていった。カロリーメイト24個、うまい棒60個、粉末アクエリアス12個…持ってくる量が尋常ではなかった。

    Oのおかげで、我がクラスはちょっとした駄菓子屋となっていた。

    調子に乗ったOは、他クラスの生徒には、自分の持ってきた物を半額で売るようになった。不思議に思い俺は、Oに聞いてみた。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    学校時計6


    368: 人蛇大戦 02/07/08 22:39 ID:gjO5IJJ3
    それは私が中学時代の頃です。当時私が住んでいたところは、まごうかたなき田舎でした。

    ある日、学校で写生大会が開催されました。校外の好きなところで風景を描いてこい、という奴です。私は友人2名とみかん畑に行き、石垣に腰掛けて、いい加減な絵を描いていたんですが、ふと視界に異様なものが映じました。

    石垣に潜り込もうとする青大将です。

    かなりの大物。私はそんなでかい蛇はあまり見たことがなかったんで、そいつを掴んで引っ張り出してみようとしました。

    ところが、その時初めて知ったのですが、石垣に潜り込もうとする蛇って、むちゃくちゃ力が強いんです。思い切りひっぱってもびくともしない。で、友人2名に手伝わせて3人がかりでひっぱったところ、やっと引き抜けました。記憶が曖昧ですが、青大将の全長は1.5mほどだったかと思います。

    私たちは、これをぜひクラスの女子にも見てもらいたいと思い、横一列に並んで私が蛇の頭の方、友人Aが胴体部分、友人Bがしっぽの方を持ち、道を歩いていきました。やや前かがみになって、なるべく蛇が見えないようにして。 

    やがて前方に女子の姿が。あいつに見せたらすっとんでいくだろうな、と考えただけで吹き出しそうになり、3人の頬ははちきれそうなほどふくらんでいました。

    私たちの不審な姿に警戒する女子。タイミングを見計らい、全長1.5mの青光りする自然の芸術品を、ひょいと彼女の目の前に突き出したところ、女子は漫画なら見開き2ページ使いそうな絶叫と共に、土煙を上げて走り去っていきました。

    あとには、蛇を抱えたまま路面にひっくり返って笑い死ぬ、私たち3人が残されていました。

    それから私たちは、2、3人の被害者を出した後、蛇を逃がしてやりました。

    以上、思春期のはかなくも美しく、せつなく甘酸っぱい思い出のひとこまでした。 
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    学校時計6


    267: 名無しさん? 02/06/22 22:29 ID:???
    あれは文化祭の作品展のことだった。

    我が科学部は、パソコンで作った様々な作品を展示することになっている。とりあえず、作った作品は全部出品しようってことで、パソコン20台近くを導入した。

    だが、その20台を超えるパソコンを、一つのコンセントで蛸足配線したのだった。延長コードを延長コードに繋ぐの繰り返しで、無理矢理に起動させていた。

    そして、全てのパソコンを機動すると、何かビニールが溶けるような臭いが漂ってくる。その時点ではそれを不信に思う程度だった。

    展覧会初日はまだ持ちこたえていた。なので、翌日の惨事(珍事)を予想もできなかった。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    学校時計6


    175: 名無しさん? 02/06/15 03:08 ID:25zwPOKA
    体育中、校庭でプチ竜巻が起こった。

    教師から体操座りで待機という指示が出た。

    しかし不幸なW君、竜巻に好かれてしまいました。

    W君の近くを行ったり来たりの竜巻。

    約2分後、竜巻は消滅しましたが、W君は砂まみれでした(w。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    学校時計6

    102: 名無しさん? 02/06/08 19:27 ID:MI2opymu
    ヤッターマン、コーヒー、ライターってみんな知ってるかなぁ?
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【【学校あるある】学生時代の珍事パート8【その1】】の続きを読む

    このページのトップヘ