発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。あと動画!

    学校あるある

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    学校プール

    877:名無しさん 03/08/29 16:58 
    中学1年の時、俺は無表情というか感情を余り表に出さなかったので、同学年のやつらから少し不思議に思われていたらしい。 

    ある日、音楽の授業が終わり掃除場所へ行ってみると、女の子が二人立っていてこちらをしきりに気にしていた。「あーなんだよこの視線は・・俺なんかしたか?」と思いつつ箒で廊下を掃いていると、「○○君」と女子の一人が呼んだ。

    「何?」と俺が掃除の手を止め、振り返ると同時にその女子はおもむろにスカートに手をかけ、そのままめくり上げた。

    一瞬頭の中が真っ白になり、色々な事が頭を走り抜け、パニックに陥りそうになりながらも必死で冷静を装い、「お前何やってんの?」と返した。

    一瞬の間があり、「これなら○○君も少しは驚くと思ったのに」と言って、少し悔しそうな顔をしながら掃除に戻った。 

    その後もこの女子の突飛な行動は続き、3年で付き合う事になった訳だが(笑。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    学校プール

    755:名無しさん 03/08/22 23:38 
    兄貴と俺とその友人とで、海水浴へ行った時の出来事。 

    一旦海から上がってみると、兄貴が気持ちよさそうに昼寝中。皆で砂をかけ首から下を埋めてやってたら、他の友人が手に何か隠し持って向こうから走ってくる。 

    「海に浮いてた」と言う極太バイブ、そんな物拾うなよと思いつつ、兄貴の股間に立ててやった。相変わらず兄貴は眠ってる・・・その後、俺たちは眠り続ける兄貴を放置し、カキ氷を食いに行った。 

    食い終わって戻っていく途中兄貴が走ってきたけど、「てめえら!何しやがったんだ!」と怒りまくってた。他の海水浴客に笑われまくったそうで、笑い声で目が覚めたそうだ。 

    逃げる間もなく、俺たちは怒った兄貴の餌食に・・・。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    学校プール

    739:名無しさん  03/08/22 16:09 
    高校の時、バレーの試合でポールに頭を激突し流血。病院に行き、髪を河童のように剃られ、変な白いネットをかぶらされた。 

    それ以来、あだ名がメロン。 
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    学校プール

    571:名無しさん 03/08/12 14:24
    バスで遠足の時、トンネルが近づいてくると、隣のヤツが「窓閉めて!」と言った。俺は排気ガスが入ってこないようにって事だと思ったので窓を閉めた。 

    そして奴は屁をこいた・・・。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    学校プール

    509:名無しさん 03/08/10 00:08 
    俺が通っていた高校は新しくできたばかりの学校で、設備があまり整っていなかった。高校1年の時にはまだプールが無く、夏でも体育館でバスケをやったりしていた。 

    7月のある日、体育の授業があった俺らはいつものように体育館に集まった。ところが、体育教師W田は、「お前ら、運動靴に履き替えて体育館の横に集合」と言った。俺らは言われた通りに靴を履き替えて、体育館の横に集合した。 

    そこは、体育館と剣道場の間にある、幅10メートル×奥行き30メートルほどの空き地だった。 

    体育教師W田は俺たちに向かって言った。 

    「お前ら、今日はプールを作るぞ」 

    へ?理解できずにいる俺たちに、W田は続けて言った。 

    「ここを掘って、デカい石があったら掘り出して、向こうに運んで捨てろ」 

    周りを見回すと、スコップや運搬用の一輪車がいくつも置いてあり、地面もところどころ掘り返されていた。おそらく、別のクラスの生徒が作業させられたのであろう。 

    「こんな狭いところにプールなんて作れるわけないだろ!?」 
    「そもそも、自分たちでプールを作るなんて話があるか!?」 

    誰もが疑問に思った。しかし、学生時代に剣道で国○舘を優勝に導いたという噂のW田には誰も逆らえない。俺たちは渋々スコップを手に取り、地面を掘っては石を運んだ。 

    結局、その日の体育の授業は、石を掘り返しただけで終わった。 

    そして、一学期が終わり、夏休みに入った。俺たちはプールのことなんてすっかり忘れていた。夏休みが終わり、久しぶりに学校に行くと、なんとプールができていた。 

    ただし、プールの場所は、俺たちが必死で掘り返したところから遠く離れた場所だった。俺たちの作業はいったい何だったのか?急いであの体育館の横に向かった。 

    そこには青々とした芝が敷きつめられ、悠々とゴルフのスイング練習をするW田がいた。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    学校プール

    413:名無しさん 03/08/02 00:27 
    修学旅行が、アメリカ同時多発テロも影響で、オーストラリアから長野になった。 

    運動神経0である俺はスキーが下手で、何度もこける始末だった。インストラクターの人は、転ければ転ける程巧くなるなどと、根も葉もないことを言って俺を転かせ続けた。そして1日目の午後に事件は起こった。 

    俺が転けて起きあがろうとしたところ、好意を抱いていたTちゃんと激突。二人とも斜面を転がり落ち、結果的に俺は腰を強打。2日目のスキーはできず、俺は運動ができない人たちと共に長野観光となった。 

    ただの事故で結果的に俺が怪我をしただけだったのが、いつの間にか俺はTちゃんをかばって怪我をしたことになっていた。そんな噂はあっという間に広がり、俺とTちゃんは勝手にベストカップルなんぞになって、俺はいい気になった。 

    修学旅行が終わり3日ぐらいが経ったあと、俺はTちゃんに告った。 

    ふられた。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    学校プール

    334:名無しさん 03/07/27 14:17
    高校時代、教室掃除の時に、ナプキンが落ちてるのを発見した。 

    共学だったが国立特進理系クラスだったから、
    女子は40人中5人しかいない。しかも教室掃除は男子のみ。みんな見て見ぬふりをしてナプキンだけをスルーして掃除する始末。

    そんな中、他の掃除場所から戻ってきたK君がそれを拾って、いきなり匂いをかぎはじめた。

    「うん、これはAさんのだ!!Aさんのナプキンだ~~~」 と断言したあげく、教室を走り回って叫び出す始末。 

    Aさんは学校内でも5本の指にはいる程のかわいさ。ほとんど男子校雰囲気のこのクラスではAさんは注目の的だったが、Kの行動にはかなり冷ややかな反応。 

    成績が良い奴らばかりなので、馬鹿のやることにあえて荷担はしない。すると、女子達が理科室の掃除を終えて教室に戻ってきて、それを見たAさんは当然の如く泣き出した。 

    その後、Kは担任の剣道顧問の先公に顔の形が変わるぐらい殴られ、クラスの女子はおろか。学校中の女子から総スカンをくらった。 

    ちなみに、現在Kは2浪中。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    学校プール

    213:名無しさん 03/07/17 15:32 
    自転車で登校中に顔にツバメが激突して、顔にいろんなものが残りました。 

    それから学校までずっとツバ吐いてました。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    学校プール

    137:名無しさん 03/07/10 22:55 
    小学生の夏休み前の集会の時、炎天下の校庭。 

    集会の時、10分も20分も話し続ける校長って居るよね、うちの校長がいつもそれでさぁ…話聞くの嫌だった俺は、話が始まってすぐ、熱射病っぽくぶっ倒れてやった。

    保健室運ばれて、集会がどうなったかは知らないけど、あとで聞いた話によると校長は5分ほどで話を打ち切ったらしい。保健室で扇風機当たれるわ、冷水飲めるわ、感謝されるわでウマーでした。
    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    学校プール

    1:名無しさん 03/07/04 22:21 
    語り足りないと方はいませんか? 

    誰もが経験した学生時代。世代を超えて語り合いましょう。

    【【学校あるある】学生時代の珍事 パート12【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    黒板と教室


    837:名無しさん? 03/06/29 02:46 ID:???
    高校の頃、クラスの男全員で示し合わせて、深夜12時の時報に合わせて、かわいかった同級生のR子をネタに一斉にぶっこく、という荘大な実験を遂行したことがあった。

    翌日からR子は原因不明の高熱を発して、一週間学校を休んだ。俺たちは自らの性の持つ神秘の力に感動し、また恐怖に打ち震えたものだった。 

    嗚呼、我が青春に悔いなし。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート11【その9(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    黒板と教室


    726:名無しさん? 03/06/22 06:07 ID:74mlnYeI
    小5の頃、姉と同じ部屋だったある暑い日、姉が「いい加減扇風機出してきてよ」と言った。

    表の物置へ取りに行くのは暑いし面倒なので、 「扇風機じゃなくて、俺のチン○ンでよければ今すぐ何回でも出してやる」 と言ってやった。

    直後、姉に国語辞典を投げつけられた・・・。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート11【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    黒板と教室


    519:名無しさん? 03/06/07 22:49 ID:???
    小3のある日、兄の自転車を借りて坂を下ってたら、実はブレーキがすごく甘くなってて、 ブレーキしてもどんどんスピードが上がっていってしまった。

    靴のつま先で無理やりブレーキさせても靴が磨り減るだけで、仕方なく路肩の植木に身を投げて自転車を止めて、擦り傷いっぱいでスカート破けて、そのままエロティックな格好で泣きながら家に帰った。

    そしたら母がいきなり 「誰にやられたの!」 と聞いて来たので、私は「お兄ちゃんの自転車で…」と言うつもりが泣きじゃくってるせいでうまく言えず、 「お…お兄ちゃん…」 と呟いたら、母は突然倒れてそのまま気絶してました。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート11【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    黒板と教室


    573:名無しさん? 03/06/10 16:38 ID:???
    7つとか8つくらいの時のこと。

    一人でお風呂に入っていた僕は、よく浴槽の中で変てこな格好をして遊んだりしてた。その日もちょうど友達から聞いた、ブリッジというものを浴槽の中で試したのだ。

    手足はお湯の中、顔もお湯の中で、オチン○ンだけがお湯から外に出てるという、なんともまぬけなかっこうをした。

    ところが、まるで浴槽は僕の体に合わせて作られたかのように、浴槽と
    の体はきっちりとシンクロし(シンクロ率500%くらいだった)、はまったく身動きがとれなくなってしまったのだ。

    「ば、ばぶべべ~っ!」 
    はお湯の中で死にそうになりながら助けを求めた。

    が、もちろんそんな声など聞こえるわけもなかったらしく、助けは来なかった。たぶんお湯の上では、僕の小さなオチン○ンだけが楽しそうに、プラプラとダンスを踊っていたことでしょう。 

    あまりの苦しさに
    は浴槽を「ダンダダン、ダンダンダダン、ダンダンダン!!!」と激しいビートで叩いた。 死ぬほどいた。するとやっと救いの神がやってきた。

    の体がクラッシュするかと思われるくらい強引に浴槽から引っ張りだされ、は一命を取り留めた。

    「バカなことやってるんじゃないの!一度死んでみたいの?」母親だった。「小学生児童、オチン○ンだけ出したままで溺死」とか書かれずに済んで、本当によかった。

    しかし、まぬけな姿を母親に見られたのは、最悪な思い出となっている。
    【【学校あるある】学生時代の珍事パート11【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    黒板と教室


    342 : 名無しさん? 03/05/21 21:25 ID:???
    消房の夏。 

    プールの後で着替えてる時に、Aが好きな子Sの机の上に定規を発見。定規を手に取り、何故かチ○コの長さを測り出すA。ムクムクと大きくなっていくAのチ○コ。 

    「ガラッ」そこへ着替えを終えたSが教室に戻ってきた。 

    「・・・」

    数秒の沈黙。

    「きゃぁーーーーーー!!!」と叫び、教室を出て行く
    S。

    数分後、Sは先生を連れて戻って来て「何をしてたかやってみせなさい」と言われ、Aはクラス全員の前で大きくなったチ○コを測る羽目に(この時は自分の定規)・・・。

    しかし今考えるとなんちゅう先生だ・・・男子は大笑いしてたけど。 【【学校あるある】学生時代の珍事パート11【その5】】の続きを読む

    このページのトップヘ