発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    後味の悪い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    816: 名無しさん 02/04/30 06:13
    子供のいない主婦Aは、退屈な生活を送っていた。

    旦那は公務員で、経済的にも不安のない生活を送っていた。 

    しかし旦那は冷酷で独占欲が強く、毎日何度も決まった時間に電話をかけて、妻がちゃんと家にいるか確認してくるので、Aは決まった時間に買い物や散歩に行き、旦那から電話がかかってくる時間にはちゃんと家にいて、電話に出るのであった。 

    そんな旦那にもいい所はあった。誕生日には必ずプレゼントを買ってきてくれた。

    昨年は赤いセーターを貰った。Aは本心ではあまり嬉しくなかったが、旦那の前なのでそれを嬉しがり、その場で着て見せた。旦那は満足そうに頷き、来年も楽しみに、と言った。

    そして今年の誕生日、旦那は何故かイグアナのぬいぐるみをプレゼントとして送ってきた。妻はやはり不満だったが、旦那の手前ありがとうと言った。その不気味なぬいぐるみを、妻は物置の中にしまった。 

    そして数日が経ったAは、まったく刺激のない生活に絶望していた。離婚したいが、旦那に言ったら何をされるかと思うと、それだけで離婚を諦めていた。

    そしてAは、いつものように近所の公園を散歩していたが、そこには一匹の捨て犬がいた。その犬を両手で抱きかかえると、Aはその犬を自分で飼う事にした。

    その犬にシロとなずけた。旦那にばれないように(旦那は冷酷な性格で動物が嫌い)夜は物置に入れ朝、旦那が出かけたら犬を部屋入れて遊んだり、散歩に行ったりした。 

    Aはこの捨て犬を拾ってきたことを大いに喜び、退屈で窮屈な日々から救ってくれることを犬に感謝した。そして3ヶ月が経ち、旦那にもばれず生活していた。 

    ある日、シロの散歩をしていたら時が経つのも忘れてしまい、つい一時間ほど家に帰るのが遅くなってしまった。もうこの時間だと、旦那が家に帰ってきているかもしれない。 

    Aは急いで家に帰ったが、家には電気がついていた。

    このまま家に帰ったら旦那にばれてしまう。でもAは決断した。シロのことをすべて言おう。シロがいれば何だってできる・・。

    Aは堂々と、家のリビングに入って言った。

    旦那「おまえ、こんな時間まで何してた?」
    A  「この子の散歩をしてたの」
    旦那「この子の散歩?」 
    A  「そう、シロって言うの・・・飼う事にしたから」
    旦那「ふざけるな!」  

    旦那はシロを奪い取り、シロの首をへし折ってしまい、床に叩きつけ殺してしまった。 

    「ヤメテ―!殺さないで!」そう言うと、Aは台所にある包丁を取り出し、旦那を何度も刺し殺してしまった。 

    刑事A「ひどい事件ですよ。何度も何度も刺していましたし、それに犬の死骸なんてどこにもなかったんですから」 

    刑事B「そうだな・・・それより女の取調べの方はどうなってる?」 

    刑事A「あの女、頭、完全にイカレていますよ シロ・・シロ・・シロってこればっかりです。首のへし折れたイグアナのぬいぐるみを抱きしめながらね・・・・」 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その14】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    832: 名無しさん 02/04/30 18:13
    小学校に入学した時、隣の席は「こうちゃん」という男の子だった。 

    私は遠隔地の幼稚園に通っていたため、小学校の敷地内にある幼稚園に通っていた他の皆となかなかなじめず、よくめそめそしていた。 

    こうちゃんはちょっと乱暴なところがあり、口調もヘンにませていたので、クラスでは微妙に嫌われていたが、私にはよくしてくれたので助かっていた。 

    ある日、皆で鬼ごっこをしてる時、こうちゃんがいつものように鬼役をやっていて私を追いかけ(今思うと、好意から)、私は校庭の裏山から転げ落ちてしまった。で、なぜかそこにあった犬の糞をべっとりつけてしまった。 

    クラスの皆が「くせー」と大爆笑で逃げ回る中、パニックで泣き叫ぶ私を黙って水道まで連れて、犬糞を素手で丁寧に洗い、自分の服で拭いてくれ、家まで送ってくれた。 

    自宅にいた母が、びっしょり濡れて、泣き腫らした顔で帰った私を見て驚いた。甘える気持と服を汚して怒られるという不安とで、私はまた泣いた。 

    こうちゃんが「おばちゃん、まきちゃんは悪くねんだ」と言う。母はこうちゃんが意地悪をしたのかと勘違いし、険しい顔でこうちゃんを追い返してしまった。

    真冬に濡れた私は熱を出し、2日学校を休み、登校すると隣の席が変わっていた。 

    休んでいる間に、「センセー、昨日こうちゃんがまきちゃんにうんこつけましたー」 「ずーっとまきちゃんをおっかけて、まきちゃんを山から落としましたー」みたいになったらしい。 

    休み時間に、遠い席からこうちゃんに「もう、だいじょぶなのけー?」と言われた。 クラスの皆は「あー、こうちゃん、まきちゃんと一週間口きいちゃだめなんでしょうよー。昨日センセーにそう言われたっぺよう」と言う。 

    よそよそしかった皆に「まきちゃん、これから一緒にあそぼ」「かわいそだったな」と口々に言われ、私は何も説明できなくなってしまった。 
    (続) 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その13】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その11】
    後味悪い


    748: 名無しさん 02/04/28 09:02
    高3の時、クラスにHさんという、とにかく勉強の出来る子がいた。 

    太っていてブスだったけど、うちのクラスは特にイジメをする雰囲気じゃなかったし、テスト前なんかはノートを借りに「Hさ~んノート貸して」とか「Hさ~ん、ヤマはってよ」とか、ある意味いい感じでクラスに溶け込んでいた。

    と思ってた。 

    続く
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その12】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その10】
    後味悪い


    671: 名無しさん 02/04/24 19:55
    「妖怪人間ベム」
     
    結局、最後に人間になれたの?
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その11】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その9】
    後味悪い


    608: 名無しさん 02/04/20 15:18
    ある金持ちの男が殺し屋に拉致られ、殺されそうになる。

    しかし、彼には人から恨まれるような覚えは無い。それどころか、彼はたくさんの慈善団体に多額の寄付を施すような善人だった。 

    「教えてくれ、何故、私が殺されなければならないんだ」 

    すると殺し屋は静かに言った。 

    「貴方は、自分が死んだら、遺産は慈善団体に寄付することにしてるでしょう? 貴方が死ぬと、たくさんの人が助かるのですよ」 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その10】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その8】
    後味悪い


    579: 名無しさん 02/04/16 05:48
    仕事で出かけていた親が家に帰った。
     
    帰ると子供(小学校低学年)が自殺していた。 

    テーブルの上には遺書らしきものが置かれていた。 

    それには、「じゅうたんをよごしてごめんなさい」 と書かれていた。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    後味悪い


    503: 名無しさん 02/04/01 04:11
    ETVで昔やってた「パンを踏んだ娘」。 

    「♪パンを踏んだ娘 パンを踏んだ娘~」

    バックに流れる歌ともに、娘がパンを踏んだ恰好のまま、底無し沼に沈んでいく描写はショックでした。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    後味悪い


    235: 名無しさん 02/03/06 17:26
    作者も題名も思い出せない話。 

    旦那さんが単身赴任かなにかで、姑・嫁・孫の三人で暮らしている家族。

    嫁姑の仲は悪い。特に嫁は、働きもせず色々なウィッグや服で着飾り、趣味に遊ぶ姑を嫌っている。最近その姑が、床に伏せりがちなのも気にくわない。 

    ある日嫁が爆発し、孫(自分の子。●子)が遊びに行ってる間に、伏せっている姑の部屋に突撃する。文句を言うものの、寝たふりをして顔も向けない姑に激昂し、花瓶で殴打して殺してしまう。台所で呆然とする嫁。

    何時間たったのかふと物音に振り向くと、殺したはずの姑が這いながら、必死の形相で迫ってきていた!
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    88: 僕のヒーロー 02/02/17 14:14
    うちは俺が6歳・弟が3歳の時から家が荒れだして、母親が失踪、父親もたまにしか家に帰ってこなくなった。 帰ってきた時はなぜか毎日、てんやもんの鍋焼きうどんを食わされた。

    父親はその頃クスリをやりだしたらしく、どつき回されたあげく、家を出ようとしたらドアに釘が打ち付けてあって出られなかった。

    でも子供心に「何か事情があって釘を打ってるんだ」とか思って、外に訴える様な事はせず、家にずっといた(その頃は学校行ってなかった気がする)。 

    ある日、父親も家に帰って来なくなって、家に残ってた食材でしばらく飢えをしのぎだしたが、食い物がどんどん無くなってくるんだよね。

    ゴミ箱からカビの生えたお菓子を取り出して食ってて、弟が腹壊してゲーゲー吐き出してから、やっと母親の愛人が家に現れた。 

    当時はもうヒーローかとか思って、その愛人について母親のとこに行った。

    でもこれって、今思えば異常な状況だったんだなあ・・・と。このニュースを見て知りました。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    後味悪い


    33: 名無しさん 02/02/16 13:12
    「人魚姫」も後味悪かった・・・。

    好きな男の為に、声と引き換えに足を貰って告白しようとするけど、振り向いてもらえないうえ、男を殺せば助かるというのに、それもしないで海の泡になって消えてしまう結末。 

    「それでも幸せでした」ってどこがだよ!?と、こども心に、解せなさ満開でした。 
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    後味悪い


    1: 名無しさん 02/02/15 16:45
    聞いた後、何となく嫌な気分になったり、不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレのPART3です。 


    後味の悪い話 1 
    まとめ記事:あと味の悪い話
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート3【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    721: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/07 23:05
    映画「生きない」  

    沖縄初、日の出ツアー。一見ごく普通の企画物のツアーだが、実は参加者全員が返済不能の借金を抱えており、保険金が目当ての自殺ツアーだった。 

    そこに、急に参加できなくなった叔父のかわりに、傷心旅行のつもりでやってきた女の娘が加わってしまう。添乗員やバスガイド達は点呼の段階でそれに気付くが、ツアーの性格上、一人だけ降ろすわけにも行かず、一緒に死んで貰おうということになる。 

    公式のスケジュールをこなして行くうちに、借金を抱えている者同士という境遇のためか、何も知らず生き生きとした女の娘を中心、に奇妙な連帯感が参加者たちの間に生まれ始める。
     
    物語終盤、断崖崖っぷちのバスの中で、ツアーの真相を知った女の娘。
     
    「みんなだって、ホントは死にたくなんかないんでしょ!?」 

    彼女の懸命な訴えに動揺する参加者たち、それを見た添乗員がツアーを推し進めようとする。 

    「てめぇら生きてたって借金返せねぇだろ!責任取れよ!!」 

    参加者たちを恫喝して、挙句には自分でアクセルを踏み込もうとするが結局、参加者たちの「生きたい」という気持ちには勝てなかった。 

    「お前ら最低だよ・・」つぶやいて一人バスを降りる添乗員。公式の順路に戻ってゆくバス、断崖で見送る添乗員。 

    エンディングテロップ。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート2【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その4】
    後味悪い


    570: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/02/04 11:59
    小学校の体験談です。 

    給食にブドウが出て、一粒ずつ普通に食べていたら何か白い糸屑が。

    気にせず食べていたら 、なんとブドウの芯で、でかい毛虫が繭を作っている最中のまま死んでいました。糸は毛虫が出してる糸だった・・。 

    それ以来、ブドウは食べられません。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート2【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    後味悪い


    278: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/21 00:05
    夫と妻と息子の三人家族が、別荘に遊びに来ました。

    妻を残して、夫と息子の2人で湖に行きました。夫は泳げなかったので、息子が泳いでるのを岸辺で見ているだけでした。

    その時、突然息子がおぼれ出しました。夫はあわてて別荘へ帰って、泳ぎのうまい妻を呼んできました。妻は湖に飛び込んで息子を助けようとしました。

    しかし夫が見たのは、肩まで水につかりながら、息子の死体を抱きかかえてる妻の姿でした。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート2【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    後味悪い


    140: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/01/18 02:15
    今日は朝から雨だった。

    歯医者に行った帰りにコンビニに行った。そこで軽く雑誌を立ち読みした後、お菓子を買って店を出て傘をさそうと思ったら、傘立てに自分の傘がない。他のお客さんの傘が数本あるだけ。

    「こんなわずかな間に傘が取られた!?」と、いぶかりながら店員に報告。「怪しい人とか見かねなかった?」とか、「ビデオついてねーの?この店。ダッセー」とか、サンザン悪態をついていたら、店員がすまなそうに透明の傘を貸してくれた。

    それをさして家に帰ると留守録が入ってて、再生してみると「○X歯科ですが、今日傘を間違って帰えられていると思われますので、明日間違えた傘を持ってきてください」・・・・。

    その間違えた傘とやらはコンビニにあるわけで・・・・。

    歯医者にしらをきるにも完全予約制で、その時に帰ったのは俺だけなわけで・・・。
    【【モヤモヤ】あと味の悪い話パート2【その2】】の続きを読む

    このページのトップヘ