発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    秘密

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その7】
    墓2


    872: おさかなくわえた名無しさん 03/04/29 01:27 ID:sa26Ad+3
    10年くらい前、六本木で飲んでてしこたま酔っ払ってしまったのですが、一人で帰らねばならず、日比谷線に乗り、東西線へ乗り換える途中でむちゃくちゃトイレに行きたくなってしまった。

    しかし終電もヤバかったので、乗り換え途中の駅の通路でいきなりしゃがみこみ、放尿してしまいました…。 

    あれ、誰かに見られてたのかなぁ?一応誰もいなかったような気がするんだけど…当時20歳、当方女です。 

    私むちゃくちゃ自分の事ネタにするタイプなんだけど、これだけは誰にも話してない…いくら酔っていたとはいえ…。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その8(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    745: おさかなくわえた名無しさん 03/04/20 18:37 ID:yqt2RLXy
    俺が4歳の時のこと。 

    母が妹を妊娠中、父が長期出張に出ていたので、俺を連れて実家に戻っていた。母の実家はとある地方の旧家で、祖父と祖母、曾祖母が住んでいた。 

    曾祖母はひとり、母屋から渡り廊下を渡った離れに住んでいて、トイレと風呂以外は出てくることはなかった。食事は、朝の10時と夕方の5時に柱時計がなると同時に、祖母が盆にのせて離れまで運んでいた。 

    曾祖母は(もしかしたらボケていたのかもしれないが)廊下ですれ違っても、俺が見えていないかのように、まったく興味を示さない。

    祖母について離れの入り口までいったことがあったが、中には床の間の掛け軸や壷、火鉢など、子供の好奇心をくすぐるようなものがいろいろとあった。けれども、中には絶対入れてもらえなかった。 

    いつものように、曾祖母に夕食を持っていく時間、用意してある料理を見ると、ハエが1匹止まっていた。幼い俺は、ハエを退治したら曾祖母に気に入ってもらえるのではないか、離れに入れてもらえるのではないかと思った。 

    そして、料理の上に大量の殺虫剤を吹きかけた(俺は、殺虫剤は汚い虫が止まっていたところを浄化するものだ、と勝手に思い込んでいた)。 

    次に覚えていることは、黒い着物を着た大勢の大人と、大きな白い提灯が玄関に下がっている光景だった。 

    曾祖母の死因を何度か母に聞いたことがあるが、「老衰による心臓麻痺」なのだそうだ。

    俺が墓に入ったら、まず最初に曾祖母のところにいこうと思う・・・。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    墓2


    614: おさかなくわえた名無しさん 03/04/14 22:54 ID:C3gV27n2
    20歳の時、生まれて初めてラブレターというものをもらった。 

    その娘は、夏休みの帰省時に知り合った女子高生。俺の後輩の女の子に俺の住所を聞いて、手紙を送ってきた。俺に彼氏になって欲しいんだと。付き合って欲しいんだと。 

    そりゃ、舞い上がった、舞い上がった。友人みんなに自慢しまくった。もちろん、相手の娘にもOKの返事を出した。次の休みに会おうね、と。

    そして、2週間後、彼女から手紙が来た。 

    「やっぱり、やめます」
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    497: おさかなくわえた名無しさん 03/04/04 15:42 ID:T/M015vW
    長文失礼します・・ 

    母親は友人に名義を貸し、その友人は消費者金融から結構な額を借りました。「迷惑をかけない」と言っていたとおり、ちゃんと支払いはしていました。 

    が、その情報がヤミ金に渡ってしまい、金融関係の母親の携帯に「金融関係なのにこんなに借金があっていいのか?」「会社にばらされたくないなら金を振り込め!」と脅しの電話がかかるようになりました。 

    最初は無視していたのですが、「娘を売り飛ばすぞ!!」と言うようになってから怖くなり、つい振り込んでしまいました。振り込まないと電話→脅すの繰り返しで、しばらくして警察に行きました。まだ家族には内緒でした。 

    ヤミ金は警察が手を打ってくれたのですが、ヤミ金に払うために母はマチ金にも手を出していました。 
    ゆきだるま式に借金は増え、借りた分以上払いつづけていましたが、ついに払えなくなり、家に取り立てにきました。 

    そして、車を持っていきました。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    墓2


    437: おさかなくわえた名無しさん 03/04/01 22:10 ID:Y5wxly7t
    せっぱつまって、ゴミ箱の中にウンコを噴射した23歳の夏。 

    彼氏と「ウンコもらしたことがあるか」という話をしていて、さんざん相手に言わせた上で「私はないけど」と言い放った。ゴメン。

    でもいまだに誰にも言ってない。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その2】
    墓2


    270: おさかなくわえた名無しさん 03/03/23 03:09 ID:lmZmItQq
    小学生の頃「夜中に親のいる部屋を通ってトイレに行くのが面倒」って理由で、ベランダで用を足していた(当然小のみ)。 

    今やすてきな奥様な訳ですが…。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その1】
    墓2


    209: おさかなくわえた名無しさん 03/03/22 03:38 ID:epb6GbzR
    離婚して、妻に引き取られた娘とホテルに行っている。 

    非人間的行為なのは重々承知の上。会って普通に遊んだり食事したりする事もあるんだが、三度に一度は抱いている。 

    離婚の原因は妻の浮気だった。無理しても続けていれば、こんな事にはならなかったのかもしれん。止めたいが止められない。再婚考えてる女性もいるし、一応社会的地位もあるので決して口外できない。 

    墓場まで持っていく。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    墓2


    1: おさかなくわえた名無しさん 03/03/10 16:35 ID:qGQpaahf
    コレは他人に言っちゃダメだろ、人としてっ! 

    という出来事があって、墓場まで持っていくつもりだけど、自分的にはチョト面白くて勿体無いから、1度で良いから他人に話してみたい・・・。 

    という話をお持ちのアナタ!ココに書き込んでみよう!   

    第1話 ttp://life.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1007754394/ 
    【まとめ記事:墓場まで持ってく話を勿体ないから書き込むスレ】

    第2話 ttp://life.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1011017728/ 
    【まとめ記事:墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第2話】

    第3話 ttp://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1014827011/ 
    【まとめ記事:墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第3話】

    第4話 ttp://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1031326050/
    【まとめ記事:墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第4話】

    第5話 ttp://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1040475173/ 
    【まとめ記事:墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第5話】
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第6話【その1】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その6】
    墓


    824: おさかなくわえた名無しさん 03/03/09 05:32 ID:WkP20scJ
    実父が小さい組だけど、ヤクザ屋の組長な事。 

    変に金があるので、怪しまれないために友達には小さい会社の社長って言ってるけど、実はご近所にはバレバレなんだな。でも、婚約中の彼氏には絶対ばらさん。この環境で結婚相手がカタギだなんて、マジ奇跡だから逃したくない…。

    ヤクザ屋と結婚なんてヤダよな。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第5話【その7(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    651: おさかなくわえた名無しさん 03/02/28 11:03 ID:dFt9P1kW
    私の墓場話。 

    元彼氏が轢き逃げした。この彼氏は、謹厳実直を絵に描いたような人で、いつも筋を通して話をしてくれる、穏やかで真面目な人だった。 

    その時は夜で、私は助手席に乗っていた。目の前に本当に突然子供が飛び出してきて、止めようもなかった(小さい道があるのは分かっていたから、彼は減速はしていた)。 で、衝突。今でもあの衝撃は忘れられない。 

    急いで降りて見てみたけど、その男の子は息をしていなかったし、変に曲がった首の角度からして絶対に助からない、というか即死だったと思う。 

    で、私は怖くてブルブル震えながら警察に行こうと言った。制限速度を守ってたことも、優先道路なのに念のため減速したことも、普段から真面目で交通違反なんか一回もしたことないってことも全部証言してあげるから、と。 

    でも、車を発進させた彼は、警察ではなく家に向かった。家に帰ってから泣きながら「誰にも言わないでくれ」と言われた。彼は>>581(検察官)と似たような職業で、倫理観・道徳観が厳しく要求される立場。職は無くすだろうし、社会的にも抹殺されるだろう、と。 

    順調に生きてきた彼の人生からして、その挫折は受け入れられないものだったんだろうと、今は思う。で、結局黙っている事を約束した。翌日の夕刊に死亡記事が載った。5歳の子だった。 

    今もまだ、彼は捕まっていない。結婚したいとお互い思っていた人だけど、結局別れた。
    【【一生秘密】墓場まで持っていく話を書きこむスレ 第5話【その6】】の続きを読む

    このページのトップヘ