2014年4月21日、アメリカ・ユタ州の連邦裁判所で行われた裁判で、証人を襲撃しようとした被告が、裁判所の保安官に射殺された映像が公開される…。

恐喝などの罪で起訴された被告(25)は、隣に座る弁護士からポールペンを奪い取り証人を襲撃しようとするも、保安官から4発の銃撃を受け死亡…裁判所は、保安官のこの行動は正当なものだったとしているが、被告側の弁護士は射殺する必要はなかったと反論…。

至近距離だし、1発だけでよかったのでは…と考えてしまうのは素人考えかな…(´・ω・`)…こういうところの保安官は、対象を確実に無力化するように訓練されているのかな…反射的に体が動くのかもしれない…。


タカラトミー トイ・ストーリー リアルサイズ インタラクティブ トーキングフィギュア ウッディ TSト-キングフイギユアウツデイ [TSト-キングフイギユアウツデイ]
タカラトミー トイ・ストーリー リアルサイズ インタラクティブ トーキングフィギュア ウッディ TSト-キングフイギユアウツデイ [TSト-キングフイギユアウツデイ]