発掘系まとめ

10年以上前のスレをあつめています。長編・読み物系が多いです。昔懐かしいまとめ。2000年前後。

    都市伝説

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    91: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/28(月) 21:49
    第九十一夜 消された村

    地図から消された村・・・杉沢村。

    かつて青森県の山奥に、杉沢村という小さな村がありました。ところがある日、この杉沢村に住んでいた一人の男が突然発狂し、手斧で村人全員を虐殺、その犯行後に自らも命を絶ったため、村には誰もいなくなってしまったのです。

    この事件の後、村として成り立たなくなった杉沢村は、事件を覆い隠そうとする自治体により密かにその存在を抹消されました。地図の上から名前を消され、青森県の公式記録の中からも名前を消され・・・。

    廃墟と化した杉沢村には、それ以来近づくものがいませんでした。ところが・・・。

    近年、杉沢村はにわかに心霊スポットとして注目をあびだしました。それまでは地元の一部の人にしか知られていない話だったのですが、インターネットの普及により全国に知れ渡るようになったからです。中には肝だめしと称して、杉沢村まで出かける人も現われだしました。

    ところが、肝だめしに出かけた多くの人は、杉沢村の入り口の古ぼけた鳥居がある場所まで入ったところで、急に嫌な気配を感じ引き返してきてしまうといいます。そして、その鳥居の奥に入っていった人で帰ってきた人は、一人もいません・・・。

    一説によると杉沢村が地図から消された最大の理由は、杉沢村に巡回に行った青森県の職員が、全て行方不明になってしまうためだからだそうです。

    「存在しない」ということにしておけば、巡回する必要もなくなるというわけです。

    呪われた村・杉沢村。ここに足を踏み入れた人に、命の保証はないのです。
    【【解説】都市伝説101夜【その10(完)】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/28(月) 00:40
    第八十一夜 なんちゃっておじさん

    それは1970年代後半の、ある日の夜の出来事です。

    都内を走るある電車に、一風変わったおじさんが乗っていました。

    そのおじさんは酒に酔っているのか、他の乗客の前でご機嫌な様子で、くだらない冗談を言っては「なんちゃって」とおどけて、両手を頭の上に乗せてポーズをとって見せるということを繰り返していました。

    ところが、このおじさんの様子が気に入らないのか、二人のチンピラ風の男がおじさんに因縁をつけて絡みだしたのです。するとそのおじさんは急にオドオドしだし、最後には大きな声でわんわんと泣き出してしまいました。

    困ったのはチンピラ風の男達です。泣くなとすごんで脅してみましたが効果はなく、おじさんは泣きつづけるばかり。きまりが悪くなったチンピラ風の男たちは、次の駅に電車が止まるとさっさと降りていってしまいました。

    おじさんは男たちが降りたのを見ると急に泣きやみ、周りの乗客のほうを振り返るとけろっとした顔で両手を頭の上に乗せてこう言いました。

    「なんちゃって」
    【【解説】都市伝説101夜【その9】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 11:08
    第七十一夜 電磁波伝説

    皆さんは携帯電話はお使いでしょうか?

    もしそうであるなら、直ちに使用を止めるべきです。携帯電話から出される電磁波はとても危険なものなのです。そもそも、電磁波は電子レンジにも使用されているようなもの。それを頭のすぐそばで使用するのですから、体に良いわけがありません。

    携帯電話を使用しつづけることは脳腫瘍、ガン、白内障、白血病などの重大な病気の原因となり、中でも特に脳腫瘍の危険性が高いと言われています。

    そんな危険なものがなぜ普通に売られているのか。それはもちろん、政府や企業やマスコミがグルになって、情報を隠蔽しているからに他なりません。
    【【解説】都市伝説101夜【その8】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 05:54
    第六十一夜 当たり屋FAX

    当たり屋グループが来ております。注意してください。

    1)下記のナンバーの車と事故を起こした場合には、その場で示談などせずに直ちに警察に連絡すること。
    2)警察が到着する前に勤め先(会社)名や自分の住所・氏名・電話番号など絶対に言わないこと。
    3)このコピーを車に必ず備えておくこと。
    4)友人、知人に知らせてあげること。

    <注意ナンバー>
    山口 ○○-○○
    山口 □□-□□
    山口 △△-△△

    このナンバーが前を走行している時は、急に止まられて当たらない車間距離を保って運転しましょう。また、後ろの車が異常に接近してきた時には十分注意してください。サイドブレーキで止まるので、ストップランプがつきません。

    ある日、こんなFAXが会社に送られてきた。また当たり屋グループが来ているらしい。当たり屋というのはわざと追突事故を起こして、相手から見舞金や示談金を稼ごうとする連中だ。

    彼らは2台1組で行動している。2台の車でカモの車を挟むように走り、まず1台目が急ブレーキをかける。カモの車も慌ててブレーキをかけるが間に合わずに衝突、すると2台目の車が後ろから追突してきて、結果2台分の修理代を脅し取られるのだ。

    実際に何十万円も取られた人がいるという噂を聞く。車を運転する時は気をつけないと・・・。
    【【解説】都市伝説101夜【その7】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その5】
    都市伝説


    51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 04:24
    第五十一夜 タクシーの幽霊

    ある日の夜、雨でもないのになぜかずぶ濡れになっている女性が、1台のタクシーを呼び止めた。

    運転手は妙な客だと思いながら、その後部座席に乗り込んできたずぶ濡れの女性に、行き先を尋ねた。女性はか細い声で目的地を告げると、それっきり黙ってしまった。やがてタクシーは、目的地である一軒の家の前に到着した。

    「着きましたよ」

    そう言って振り返った運転手は驚いた。女性がいつのまにか車内から消えてしまっていたのだ。

    運転手は呆然としながらも、ひとまず女性の家の呼び鈴を押してみた。いつのまにか車を降りて、家に帰ったのかもしれないと思ったのだ。

    しばらくして家の中から出て来た初老の女性に事情を話し、さらにその女性の特徴を告げると、彼女は驚きながら、それは1年前に川に身を投げて死んだ自分の娘に違いないと言った。今日はちょうどその命日にあたるのだという。

    彼女は娘を家まで送ってきてくれたことに礼を言うと、運転手に運賃を渡した。

    運転手がタクシーに戻ると、その後部座席のシートがぐっしょり濡れていたという。
    【【解説】都市伝説101夜【その6】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 04:05
    第四十一夜 コークロア

    コカ・コーラの中には「7X」と呼ばれる未公開の成分が含まれています。

    この「7X」は現在でも最高機密扱いで、その正体は謎に包まれているのですが、実はこれはきわめて危険な成分なのです。コーラの中に歯をつけておくと、一夜にして溶けて無くなってしまうのはご存知でしょうか?

    ある人が、コーラを製造する工場へ見学に行った時の事です。
    作業員がタンクに入ったどす黒い色をした液体を、他のタンクに移す作業をしていたのですが、その作業員は誤まってその液体を床に少しこぼしてしまいました。

    するとそのとたんに、床がシュワシュワと音を立てて溶け出したのです。その液体はコーラの原液でした!
    【【解説】都市伝説101夜【その5】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【その3】
    都市伝説


    31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 03:46
    第三十一夜 人面犬

    あるトラックが、東名高速を東京方面に向かい走っていた時のことです。

    ふと運転手がサイドミラーを覗くと、追い越し斜線を柴犬くらいの大きさの犬が、猛スピードで走っています。その犬はあっという間にトラックを追い抜いていきました。驚いた運転手が見ていると、その犬はくるりとこちらを振り返りました。

    なんとその犬の顔は人間そっくりで、しかも運転手と目が会うとニヤリと笑ったのです。運転手は驚きのあまり事故を起こしてしまいました。運転手は後で知ったのですが、彼が事故を起こした付近では、このような事故が多発しているそうです。

    ある日、東京のあるレストランのゴミ箱を、一匹の犬があさっていました。

    犬に気づいたレストランの従業員が「シッシッ」と犬を追い払おうとすると、その犬は従業員の方をくるりと振り返り、「うるせえな」と言って去っていったそうです。その犬の顔は人間そっくりでした。

    これらの話が起こる少し前のある日の夕方、茨城県のある街で、二人組の白衣の男が目撃されています。

    彼らは筑波大学の学生だと名乗り、道行く人々に「変わった犬」を見かけなかったかと、必死でたずね歩いていました。彼らの話によると、大学で実験用に飼っていた犬が逃げ出したとか・・・。

    後になってから、人々は彼らが探していたものこそ「人面犬」であり、おそらく「人面犬」は大学の実験室で、遺伝子の組換え実験によって生み出されたのであろうと噂し合いました。
    【【解説】都市伝説101夜【その4】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 03:19
    第二十一夜 電子レンジの中の猫

    これは昔、まだ電子レンジが世に出たばかりの頃に、アメリカで起きたお話です。

    雨の日のこと。あるおばあさんが、自分のペットの猫が外で遊んでいたため、ずぶ濡れになっているのを見つけました。可哀想に思ったそのおばあさんは、猫を電子レンジに入れて乾かしてあげることにしました。おばあさんは、そんな使い方をしたらどんな事になるかわかっていなかったのです。

    彼女の猫は電子レンジの中で破裂してしまいました。

    おばあさんは弁護士を通じて、電子レンジを製造した会社を訴えました。「電子レンジの中に猫を入れてはいけない」と明記していなかったのが悪いというわけです。

    おばあさんは裁判に勝ち、莫大な補償金を受け取りました。

    それ以後、アメリカでは電子レンジの説明書に「ペットを入れてはいけない」と明記されるようになったということです。
    【【解説】都市伝説101夜【その3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    都市伝説


    11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 02:49
    第十一夜 遊園地の誘拐団

    東京近郊にある巨大テーマパーク・・・といえばどこのことかわかるよね?これはそこで起きた・・・いや、起きている本当の話なんだ・・・。

    3、4歳の娘を連れたある夫婦がそこに遊びに行き、楽しい1日を過ごした。ところが、ほんの少しの間目を離した隙に娘がいなくなってしまったのだ。娘が迷子になったものと思い、二人はパークの係の人に知らせに行った。

    すると、係の人は慣れた様子でパークの出入り口を封鎖しはじめた。ただ1箇所を除いて。

    ただならぬ様子に不安になっていった夫婦を、その係の人はただ1つだけ開いているパークの出入り口に連れて行き、夫婦に対してこう告げた。

    「いいですか、これからここにいて、パークから出ようとする子供を連れた人物をよく見張っていてください。娘さんは、あるいは髪を染められているかもしれません。服を着せ替えられているかもしれません。よく見て、見逃さないようにしてください。」

    だんだん事情が飲みこめてきた夫婦は、我が子を見つけるため必死でそこを通る人々をチェックしていった。

    ふと見ると、ある男性が腕に眠っている男の子を抱えてパークを出ようとしている。夫婦はすんでのところで見逃すところであった。何しろ、その男の抱えている子供は髪が短く切られた上に男物の服を着ており、彼らの娘とは似ても似つかなかったからだ。

    ところがよく見ると、その男の子は明らかに女の子向けのキャラクターが印刷された靴をはいている。それは間違いなく娘が履いていたものと同じ靴だ。男はすぐにパークの警備員によって取り押さえられた。

    娘は薬を打たれ眠っていたが、怪我などはなく、無事に夫婦の元へ戻ったのだ。

    奴らはその場所で子供をさらって、臓器売買に用いるために、闇のディーラーに売りさばいているんだ。何でその事実が公表されないかって?パークが評判を失うのを恐れてに決まっているじゃないか。
    【【解説】都市伝説101夜【その2】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    都市伝説

    淡々と…

    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2000/08/27(日) 02:23
    これは私の友達の友達 の身に起こった本当の話 です・・・。

    第一夜 ベッドの下

    これはあるアパートに住む姉妹の身に起こったお話です。

    その日、仲の良い二人は一緒に買い物に行き、夜遅くに帰宅しました。二人はクタクタに疲れていたので帰ったらすぐに寝るつもりでしたが、姉は部屋に帰りバッグをベッドの脇に置くと、急に「アイスが食べたくなった」と言い出したのです。

    妹は「私は別に食べたくない。帰って来たばかりで疲れているから一人で行けば?」と乗り気ではありませんが、姉は「夜道を一人出歩くのは心細いから」と言って聞きません。仕方なしに妹は姉と一緒にアイスを買いに行くことにしました。

    すると姉は早足でコンビニとは逆方向に向かって歩き出すではありませんか。不審に思った妹は姉にそのわけをたずねました。すると・・・

    「大きな声を出さないで!!今から交番に行くのよ。部屋に帰ってバッグを置いたときに見てしまったの。ベッドの下に大きな包丁を持った男が隠れているのを!!」
    【【解説】都市伝説101夜【その1】】の続きを読む

    このページのトップヘ